カーコレ80のクラウンタクシー(MS60)

20210523SE (20).jpg
 今回はグランシップ土産のカーコレ80のミニカーから(笑)
 MS60クラウンのタクシー仕様です。
P8132115.jpg
 オレンジ色と黄色の塗り分けのカラーリングは初期トミカでのクラウンタクシーのトレードマークでした。
 初期のトミカのラインナップでこのタクシー仕様はホンダTN360のペプシコーラのパネルバンと並んで「トミカの個性」を象徴していたと思います。
20210523SE (19).jpg
 トミカとしては3代目に当たるMS80位まではこのカラーリングのタクシーがリリースされていたはずです。

 今回のカーコレ80で「あの頃のトミカ」のカラーリングのクラウンタクシーが出たというのはなかなか意味慎重と思います。
 鉄道模型ファンとかミニカーコレクターとは別に「あの頃のトミカのクラウンタクシーを知っている層」も狙っていたのではないでしょうかw
20210523SE (17).jpg
 ただ、同じMS60でもトミカの初期型ではなくビッグマイナーチェンジした後の「金ピカ仕様の後期型」なのはご愛嬌と言えます。
 (わたしにとって何故か実車のクラウンタクシーは後期型の印象が強いのです。事によると後期型になってからタクシー仕様が売れ始めたのかもしれません)
20210523SE (18).jpg
 ミニカー自体は以前紹介したノーマルのセダンと違いはないので改めて書くようなこともありません。ただこのカラーリングはどこに置いても一目でタクシーと分かるだけにレイアウトのアクセサリとしても重宝する存在です。
(特定の会社を想定していないのでどこにでも置ける)


光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント