583系の思い出

 前回の485系に続き、KOUさんのブログに刺激されて今回は583系の思い出ばなしでもしてみようかと。
SNShouo71IMG_5771.jpg
 わたしの583系とのなれそめは昭和40年代初めにさかのぼります。
 以前から折に触れて紹介している機関士の親類が、当時幼少だった私を連れて盛岡機関区や車両工場の裏を散歩していていた折「あれが新幹線の電車だよ」と教えてくれた電車がありました。
DSCN0049.jpg
 何のことはない、そこには583系の中間車だけがぽつんとあったのですが当時の0系に似たカラーリングに「シンカンセン臭さ」を感じて感動していた当時のわたしがそこに居たりします(笑)
 ですから、わたしにとっての583系の原点は「1両だけ居た中間車」だった訳で今思うとただ事ではありません。

 その親類はその少し後にバルサとペーパーで16番スケールのクハネを1両だけ作った事がありましたが、やはり当時の国鉄マンの目から見ても583系というのは特別な存在だったのでしょう。
DSCN0042-1.jpg
 実際に583系に乗ったのはそれから数年後、確か昼間特急の「はつかり」かなにかで仙台まで往復した時です。
 あの頃は寝台に乗る機会自体なかったので583系と言えども「普通の電車」のノリで乗っていたのですが、その時驚かされたのが「ガラス窓が二重になっていて二枚の窓ガラスの間をブラインドがするすると降りてくる」ギミックでした。電車と言うよりまるで飛行機みたいなこの仕掛けの感動は後に乗った200系新幹線よりもインパクトがあったと思います(笑)

 確かに普通車だと「座席が回らない」「背もたれが倒れない」といった短所はありましたが、あの頃の故郷の普通列車は軒並みオハ47とかキハ52ばっかりでしたから、それに比べればまだ快適だったと思います。

 それに当時は夜行の「ゆうづる」ですら「583系の座席寝台列車」なんてのがあり、ある意味では「何のための寝台電車かわからない」ものだった筈ですが当時の乗客はあまり気にせず利用していた様ですし(たまにこっそり寝台を引っ張り出す剛の者も居たらしいですがw)

 後の485系の系譜に繋がるいわゆる「電気釜フェイス」も速そうには見えなかったものの、独特のスペシャル感を感じさせ、当時のわたしには583系のステイタスは485系以上のものがあったのは間違いありません。
 そんな訳で新幹線が開業するまで583系は大スター級の電車だったのです。

 それから時が流れ、新幹線開業も10年目くらいになった折の事です。
 その頃の私も既に社会人で、現住地から故郷まで帰省するときは当然の様に200系の新幹線ばかり使っていました。
20201005b (5).jpg
 ある時、仙台辺りでふと車窓から高架下を眺めると「切妻電車と化した583系」がずらりと並んでいるのを見てびっくり仰天。
 格好は583系の中間車のそれなのに、窓は二段化された上に通勤電車臭いカラーリング。
 趣味の中断期だったにもかかわらず「これがあの『はつかり』の成れの果てなのか」と妙に哀しい気持ちになったのを記憶しています。

 (尤も、この電車が運用された一ノ関辺りの客にとっては「オハ47や50系の客車列車が電車化した」訳ですからグレードアップ感はあったかもしれませんが)

 本当にこの583系と言う電車はその出会いから絶頂期、更にはその末路に至るまで、常にわたしの関心の的で居続けた電車だったと思います。
IMG_6152.JPG
 だからこそNゲージでも学研や香港TOMIX、現行HG仕様まで583系を揃える羽目になっている訳で(汗)
 こんな事を書いていたら久しぶりに583系を走らせたくなってきました。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

秋津のOB
2021年11月05日 00:30
たびたび失礼します。583系、知ってはいたけど生で見てしかも実際に乗れたのは秋田最後の編成、それと『きたぐに』1回だけでした。KOU氏のトコでこれらを書いてしまったので、人様のところで同じネタを2回使い回すのも不作法ゆえ…。

仙台715系も一度切りで確か福島〜郡山。北陸419系は数度乗った覚えがあります。確かに旧客から冷房付き、かつ座れれば鈍行最上のクロスシートの魔改造電車でも接客設備は格段の向上となったのは否めないかと思います。とはいえラッシュ時にはかなりしんどい気もしますが。

あくまでショートリリーフのはずがお西の経営状況ゆえ長生きできたのは、皮肉なのか幸運なのか判別に悩むところです。よく考えれば特急より鈍行時代の方が長い車両も少なからずあったはずですし。

ガキの頃は知識上の存在でしかなかった国鉄特急、房総183系だけは馴染みでしたが…。気付けばあれだけうじゃうじゃいた485系もブルトレ一族もとうに過去帳入りですね。新幹線はさらに置き換えが早く…。
レサレサ
2021年11月05日 01:10
>普通車だと「座席が回らない」「背もたれが倒れない」といった短所

サービス面で面白いのだと、アメリカの方では豪華列車全盛期の頃、夜行の座席車(当時は座席で寝る人もいた)と寝台車では寝台の方が料金が高いのは当然ですが、日中は座席車の方がリクライニングがあるので乗り心地がいいという不条理なことがあったそうですw
(当時の寝台車は寝台の変形構造上リクライニング不可)

日本の「明治の一等車や二等車はロングシート(車体が小さいのでクロスシートだと狭苦しい)」みたいな乗り心地の逆転ですな。
柴乃
2021年11月05日 11:58
昼間の583系と言えば、北陸本線の雷鳥と東北本線のはつかりに乗りましたね。あとはきたぐに。

やけに天井が高く、昼間の特急としてはやや残念でしたけど。
きたぐにこそ、A寝台・B寝台・座席グリーン車・普通座席車ときめこまかく運用できたのが最後の凄さかなと思います。

北陸線の419系は、デッドスペースは多いわ入口は狭いわ、いかに赤字国鉄末期とはいえもう、少しまともな車両を用意できないのかと寂しくなりましたね。

103系改造の4扉105系電車とはまた違った悲しさが・・
光山市交通局
2021年11月05日 20:52
>秋津のOBさん

 北陸や九州でも583系の魔改造車は跳梁していましたね(笑)
 北陸の仕様は583系の先頭車そのまんまの仕様もありましたが、食パンよりはまだああの方が良かった様な気もします。

 似たパターンは東武の「りょうもう号」でもありましたが、かつての花形優等列車の車両が普通車に改造されるパターンは時代が下がるにつれて魔改造的になってゆく気がします。
(昔の電車は優等車と普通車の外見上の差異が少なかったですし)
光山市交通局
2021年11月05日 21:04
>レサレサさん

 そういえば昔の映画の「大いなる邁進」の20系桜の車内シーンを見ていると寝台車と同じくらい「座席のグリーン車」の描写が多かったですが、あの当時は寝台とリクライニングシートではそれほどステイタスに違いがなかったのかもしれません。

 先日紹介した「深夜便130列車」の劇中でも「オハ35の車内でも乗客たちはそれなりに眠れていた」様ですし(笑)あれに比べれば寝台でなくても天国かもしれません。

 車の話になりますが、一時期ミニヴァンや1BOXで「フルフラットシートの車中泊」に各社が血道をあげていた時期がありましたがクッションがまっ平だと普通に乗る時のホールド製が悪くなると言う「寝られる車ほど普通乗りではきつい」と言う相関関係が問題になっていました。

 そのせいかエスティマやオデッセイ(現行)は「グリーン車並みのリクライニングの2列目シート」という方向に煮詰められていますね。
 何しろオッドマン標準装備なんて車も今ではざらですし。
光山市交通局
2021年11月05日 21:10
>柴乃さん

 その昔、どこかの住宅メーカーのフレーズに「天井が高い家では子供も賢く育つ」みたいな意味のものがありましたが、その伝で行くと「食パン電車で通学した子供たちは今頃天才の集団になっているのでは?」とかツッコミを入れたくなります(笑)

 それは別としても「普通列車には冷水機はつかない」にも拘らず改造時に冷水機を撤去できなかったために食パン仕様の普通車では「冷水機にカバーをかけたまま場所塞ぎをしていた」と言う話を聞いた事があります。
 末期時代の「貧すれば鈍す」の実例みたいなものですね。
鉄道模型大好きおじさん
2021年11月06日 08:09
特急車両の通勤車格下げは、近鉄の吊り掛け時代の形式なら星の数ほど例がありましたよ。
2200系や2250系、6421系、6431系など。
680系のようにカルダン車でも格下げされたものもありました。
これらに共通してるのは格下げされた時にクーラーを外してしまったこと。
まぁ、格下げ当時は通勤車にはクーラーが普及していない時代だったからかもしれません。
しかし、利用客にとってはサービスダウンも甚だしいですね。
680系は格下げされた時期が通勤車でも冷房車が普及し始めた頃だったせいかクーラーが撤去されませんでしたし、座席もクロスシートのままでした。

国鉄583系は格下げされても、クーラーは撤去されず、座席も一部を除いてクロスシートのままでしたね。
当時の国鉄が大赤字だったから、改造費を増やしたくなかったのでしょうか…
715系のせいで、新鋭713系の量産が見送られたのは残念でした。
その713系でも台車は中古品の再利用でしたが。
2021年11月06日 21:23
 私にとっても、485系よりも583系の方が、お気に入りランクとしては上位ですね(笑)。
 やはりプラレールで「先に」583系を見てしまったため、その衝撃は大きかったようです。
 パンタグラフの部分だけ屋根が低くなっているのも痺れるポイントでした。

 実車の583系には、近郊形に改造された後にしか乗車したことがないのですが、それでも室内の高い天井に特別感を感じましたね。
 オリジナルの583系は、好きすぎて照れ臭いというレベルです(笑)。
光山市交通局
2021年11月08日 18:54


>鉄道模型大好きおじさん
>
>特急車両の通勤車格下げ~
 仰る通りで本来こういう荒業は旧国鉄よりも私鉄のお家芸(笑)だったように思います。小田急や東武もSE・DRC登場以前はそのパター ンが多かった様ですが。

 715系の当時になると通勤車でも冷房が当たり前の時代に掛かっていますからまあ、それはそれでいいかなと言う気はします。
 ただ「通勤車にデッキの折戸」と言うのはいかにも大仰で、乗り降りも大変そうです。

 キハ58なんかはキハ52やキハユニ26と併結して普通列車にも使われていましたが別に車内を弄った訳でもなかったのに、ごく普通に「普通列車」の顔をして走っていたのが今になってみると凄い話です。
光山市交通局
2021年11月08日 19:02
>KOUさん

 私も同じ様な特急列車でも485系と583系が並んだら583系を選びます。たとえ椅子が回らなかろうが折戸の隙間風が冷たかろうが

 (書き忘れていましたが、実は一度だけ春先の東北本線で583系のデッキに立ちんぼうという経験をした事があります。あの時は寒いというよりも、人いきれの方が凄かったので却って快適でしたがw)

 583系はカラーリングと言い窓回りと言い、そのプロポーションに至るまで他車とは異なる「個性の塊」といって良いのに、それを感じさせないナチュラルさを持っているところが凄いと思うし、また好きになれるポイントでした。