"レイアウト・開運橋"の記事一覧

線路の「手前側」

 住宅街の製作中断中に手をつけたのがトロリー線周りの町並みです。  左側の写真を見るとトロリー線の手前側は何もない場所になっています。 レイアウトを運転する場合、手前を走る電車のサイドビューをよく眺められるのでそれはそれでいいのですが今回は線路の両側に建物が立ち並ぶ風景を再現したくなり、あえてベースを手前側に継ぎ足しました。 …

続きを読むread more

住宅街を作る1

 「よ市」の財木町セクションに隣接する住宅街。これの構想は「よ市」を作り始めた段階で考えていました。商店街に隣接して住宅街があるのは当たり前だからという割合いい加減な発想です。  とはいうものの、どんな性質の住宅街にするかについては考えさせられました。最近の街ならマンションや高層アパートは必須ですが、そんなものを置けるスペースもな…

続きを読むread more

「よ市」の町を作る4

 町並みの配列もほぼ決まり、細部のアクセサリ(といっても街灯、看板、自販機類ですが)を配列しました。  道路の部分は「よ市」のセクションを配置するためサンドペーパーをかけた透明プラバンを置きました。多数のフィギュアや屋台が配置される事が予想される事から、後からの追加に対応しやすくする様に道路とは別の取り外し式のベースを用意したわけ…

続きを読むread more

「よ市」の町を作る3

 前回問題となった二つの商店街の建物の密集による閉塞感の問題。建物を減らすのも一法でしたが、街コレの様に単独では寸詰まりでちゃちに見えても並べる事によってはじめて生き生きしてくる性質の建物が多い事、密度を落とす事で却って街らしさが薄れる事等が考えられて、今ひとつ踏み切れませんでした。  そこで考えたのが、二つの商店街の間に樹木を何…

続きを読むread more

「よ市」の町を作る2

 様々な角度から配列を検討して、大体の建物の配置も決まりました。建物類は殆どがグリーンマックスとTOMIXの既存品で街コレからは時計店を一軒だけ並べました。  以前にも書きましたが、今回の商店街にはプロトタイプが存在するので既存品とはいえ、実際の町に存在していた建物と雰囲気が似ている物を選択してあります。又、看板類だけは既存品とい…

続きを読むread more

「よ市」の町を作る1

 当ブログの最初で紹介した、「よ市」のある商店街のセクションの製作を思い立ったのは、前回のビル街の仮配置の直後くらいからです。場所は坂のある商店街(養源寺坂)に隣接する部分。竹取坂モジュールでは甘味横丁のあった部分です。  竹取坂のレイアウトを製作して製作の要領を自分なりにつかんだ気になっていたので、何かモチーフのある町並みを作っ…

続きを読むread more

街の配列

 前回の商店街のベースはその後、仕上げとして、プラスター及び塗装で地面(主に店舗の裏側に当たる部分)を処理して仕上げました。この辺りになると、街コレ主体の商店街がどう見てもヨーロッパ建造物の多い竹取坂にはめ込むには違和感がきつすぎるように感じてきました。  そこで当初考えていた竹取坂セクションの一部差し替えではなく、全体のシーナリィ(…

続きを読むread more

神社と商店街

 ここからは第二次シーナリィ(商店街・電気街他)の製作の部分に入ります。  竹取坂の製作中から、並行して商店街(と神社)のセクションを作っていました。  とはいえ、この段階では既存の竹取坂のシーナリィの一部を差し替える積りでした。  土台部分はありもののグーパネとスタイロフォームの砕片(要するに竹取坂製作中の資材の余り物です)…

続きを読むread more

合体させてみて

 初めてのレイアウトということもありますが、  予め立てたプランに従ってばらばらに作ったシーナリィを合体させて一つのレイアウトにするという今回のコンセプトは  「事前にどんなにシーナリィのプランを煮詰めたつもりでいても実際には合体させないとわからない所も多い」という教訓を残しました。  特に欧州型の建造物を中心にした町並みと、…

続きを読むread more

合体後の風景

 合体後のJR駅周辺です。この当時、手持ちのJR車両が205系と103系しかなかったので並べてみたのですが、風景との違和感はやはり感じられます。とはいえ、合体後の一番列車という事もあり、ホーム上に楽隊を配置しました(笑)  本当ならカメラマンやらTVクルーやらも配置するところですが、未だそこまで揃えていなかったので、何と無く寒々と…

続きを読むread more

初合体

 先日の丘陵地帯の部分の政策がひと段落した時点で、このレイアウトが最初想定していた大きさ(2700㎜×750㎜)の組み合わせ式の土台部分は全て完成していました。  で、その年の大晦日にそれらを全て合体させて全区間の列車運転を試行しました。  これは同時に全ての土台を合体させた時点で、それまでばらばらに作られてきたシーナリィのマッチン…

続きを読むread more

ショッピングセンターの移設

 JR駅前から、ショッピングセンターをレイアウトの右端に移設しました。 元々のプランでも坂道に沿って配列される予定でしたので3軒がひな壇状に並べられているのもそのまま、新用地でも踏襲しました。  したがって、この部分にも新たに坂道を作っています。  結果として、レイアウトの右側にも大きな丘陵地帯が形成される事となりました。 …

続きを読むread more

みえない商店街

 駅前商店街が大体仕上がった時点でレイアウトの右端にあるリバースループ部分のベースも作り上げました。  やり方は前のベースとほぼ同じですが、線路の敷設時、手持ちのユニトラックの線路だけでは完全なリバースループが作れない事が判明したのでカーブの一部をフレキシブルレールで敷き直しました。  例のショッピングセンターもリバースループ内…

続きを読むread more

駅前商店街2

 建物類を配置したグーパネは5㎜の厚みがあり、彫り込みが容易なのでそれを利用して道路工事のヴィネットを組み込みました。  人形やフェンス類はアイコムのマイクロギャラリーの利用です。  このシリーズは144分の1スケールで人形などはNゲージ用には若干大きめなのですが、群衆や人通りの中で目立つシチュエーションのキャラクターが多いせい…

続きを読むread more

駅前商店街1

 バスセンターに隣接し、JRの効果駅に接する通りの部分は「普通の商店街」を配列しました。  このレイアウト自体が観光地を想定しているので、統一性を考えればこういった雰囲気の町並みは不釣合いなのですが。  ただ、海外型の建造物が目立つのでこのままでは日本の風景に見えなくなるのではないかという思い込みがあったのと賑やかで華やかな観光…

続きを読むread more

第3ベースの製作

 今回お見せするのはJR駅とトロリーのターミナルのあるセクションの土台部分です。  既にお見せしたセクションでは電気街や坂のある商店街などがあった部分ですが、今回のは観光地のショッピングセンターなどが配置されます。  ベース部分はベニヤ合板と角材を組み合わせた、過去二つのセクションと同じ物ですが、JR駅の部分は切り欠きを作ってあ…

続きを読むread more

仮合体

 ここまで製作した段階で二つのベースを突き合わせてみました。  メインの土台が600×900でコーナーのセクションは750×330です。  幅で云えば、コーナーのそれはメインの3分の1程しかないのですが、セクションに山塊しかないせいか、全体で見るとかなり山が大きく見えます。ここまでは、一応狙い通りに仕上がった感じがします。  …

続きを読むread more

コーナー部の山塊

 これはレイアウトのコーナー部分のベースです。これまで作って来た、甘味横丁や保存街区のあるセクション部に隣接し、合体時にはJR線の高架が回り込む部分であります。  (「よ市」のある商店街セクションの住宅街に隣接する部分でもあります)  見ての通りただのフラットなベースですが、この上にも設定に応じて着せ替え可能なシーナリィを配置し…

続きを読むread more

土手と架線柱

 勾配部の土手部分の側面にはタミヤのペーパーを貼り付けました。  元々はミリタリーモデルや車の模型用のジオラマ用品で石畳やレンガなどが有ります。ペーパー製で加工の融通が利き色調も割合に自然なので近所の模型店で見たときに何も考えずに買ってしまいました。  その結果が上の写真です。  色調やらはともかく「見事なオーバースケール」だ…

続きを読むread more

線路際とバラスト

 敷設した線路の脇は当初は紙粘土で道床とベースの間をつなぎ、土色に着色して処理していました。併用軌道に繋がる簡易軌道の積りでいましたからこのようなもので十分と思っていた訳です。  しかし、製作中のレイアウトを見た知人達が残らずバラストが撒かれていないのは様にならないと言い出し、それもそうかと考え直し、結局バラストを撒く事になりまし…

続きを読むread more

線路の敷設

 ベースが出来た所で線路を敷設しました。  線路はユニトラックを使用。曲線半径は当時最小だったR216とR248。ポイントは4番を使用しています。  トロリーやそれに準じた小型車両を想定していたのですが、これでもまだ半径が大きすぎる気はしていました。(1年後にTOMIXでミニカーブレールが商品化されたときは心底口惜しかったも…

続きを読むread more

レイアウトの製作ー台枠(のようなもの)

 レイアウトの製作過程です。まずは「よ市」のある商店街とトロリー線のセクション部分から(後述しますが、ある理由により出来上がりは全く違った物となります)  このレイアウトのベース部分は3センチ角の角材で井桁状の枠を作りその上に5.5ミリ厚のベニヤ合板(300×900を2枚並べて)を打ち付けたという、単純な物です。  前にも書…

続きを読むread more

レイアウトの「お祭り」

 このレイアウトのシーナリィはベースに固定せず、線路や道路の形に沿って切り出したミラパネやプラ板等の上に建物やアクセサリ、場合によっては山やトンネル等を作り上げます。  それらは普段は分割した小セクション上に置いたり、あるいは箱詰めにして仕舞って置いたりしていますが、年に一回か二回の合体時にはそれらを全て引っ張り出して飾り付ける訳…

続きを読むread more

レイアウトの設営

 このレイアウトは全体が6つのセクションに分かれ、普段はおのおのが一つ又は二つ繋がる事で単体のレイアウトとして機能する構造になっている事は以前触れました。  そして年に1回か2回はすべてのセクションを合体させて3列車同時運転を楽しむ様にしています。  おのおののベース部分は台枠の上に線路と地盤の一部を固定しただけの物です。  …

続きを読むread more

運転

 このレイアウトでは同時にJR線2列車、トロリー線1列車の同時走行が可能です。  こう言うと大袈裟ですが、JR線の方は単なる複線エンドレスで側線はおろかポイント一つありません。  一方のトロリー線は一応リバースやターミナルは設定されていますが、こちらもエンドレスを装備しているので単なるグルグル回り走行も可能です。  つまり3本…

続きを読むread more

裏通り

映画館通りの裏側はトロリーのターミナルに接している事は前述しましたが、線路を向いた側は見るからにうらぶれた雰囲気になりました。  放置自転車の列、線路との仕切り柵。  裏通りらしく小さな飲み屋が一軒。写真では分かりにくいですが隣のビルは地下にポルノ映画の専門館があるという設定で看板を立てています。  こういう雰囲気の場所ですの…

続きを読むread more

映画館通り

 再開発ビルの辺りから連なるもう一つの通りは通称「映画館通り」です。  これまた作者の田舎に存在する街なのですが、それとは雰囲気がまるで違います。  この街並みを盛り場風のイメージでまとめようと思った時に真っ先にイメージしたのが「映画館が集まる一角」でした。モデルとなった街には鉄道との繋がりが無いので結局は設定だけ似せた架空の町…

続きを読むread more

駅前広場

 「どんな駅にも必ず前庭がある。街や都市やそれらの駅が大きくなるほど駅前広場も大きくなる。それゆえに模型においても駅の大きさから予め広場の大きさを類推するのは可能である。」   以前読んだ雑誌の都会風レイアウトに関する一節です。(細かい所が違っているかもしれませんが大意はそんな感じでした)  この言葉は長い間、呪文のように頭…

続きを読むread more

ターミナル駅2

「電気街」の奥にはトロリー用のターミナル駅の駅舎を配置しました。この写真の左側にあるベージュの9階建てのビルです。 (一見ターミナルに見える奥の銀色のビルは駅舎ではなく地域再開発ビルという想定です)  駅前は広場というよりロータリーという感じになってしまいました。トロリーの駅に駅前広場が必要なのかどうかはわかりませんがもう少…

続きを読むread more

田舎電気街

 前述した神社に続いている第3の商店街は前の二つとは異なりビル街が中心となっています。ビルの大半は市販のキットの素組みですが、実は25年前に組み立てたまま実家の押入れの隅で眠り続けていた物をリニューアルした物です (前に紹介した住宅街の住宅も半分以上が同様に眠っていた物です)  これらのビル、発掘直後は塗装も荒く窓ガラスは外れか…

続きを読むread more

航空写真(?)

 ここでレイアウトの全体像の一部を示します(こうして真上から撮ってみるとまるで航空写真ですな)  これまでお見せしたトロリー線の周りをぐるりと包む様に長編成用のJR線の複線エンドレスが走っています。エンドレスは手前側が高台となっているトロリー線と同じレベルの高架ですがカーブで下り勾配となり奥の直線はトロリーの走るベースより低くなっ…

続きを読むread more

商店街2

「よ市」のある第1セクションに隣接する第2の商店街のモジュールです(仮称「遥源寺坂」)。この部分は殆ど線路に接していませんが、トロリーのある通り(仮称「開運橋通り)と後述するJR駅のある通り(仮称「栗栖川通り」)とを結びつける、視覚上の意味のあるポイントでもあります。 建物類はトミーテックの町並みコレクションの商店関係を中心に配…

続きを読むread more

ターミナル駅

 これまでの商店街&住宅街のセクションに接続されるターミナル(但し、軽車両用の)とビル街・商店街を持った第2、第3セクションの一部です。  地方都市の市街地にある地方私鉄のターミナルの感じを狙いました。トロリーはもちろんですが、前述した小型車両編成にも対応したイメージでまとめたつもりです。  本線に接するホームを置かず側線2本に…

続きを読むread more

表通り

表通りを走る併用軌道 線路の両側に建物を並べる事で人間目線に立ったときの臨場感を出したいと考えました。 これで架線や架線柱が並べば少しは見られる画になると思うのですが。 ちなみに手前側はもうひとつのモジュールとの接続部分となります。

続きを読むread more

トロリーと交差点

先日の「よ市」のセクションの手前の交差点部分です。「財木町交差点」と呼称しております。  レイアウトのスペースが900×600なので専門誌などで見るトロリーレイアウトの様な複線が組めず単線で妥協しています。 トロリーの走っていた街は岐阜位しか行った事がないのですが、車や通行人の流れの中を「電車」が通り抜けるというシチュエーション…

続きを読むread more

よ市とトロリー

私の実家(最近朝の連ドラの舞台となっている)の盛岡ではこの時期毎週土曜日に「よ市」というイベントが毎週開かれています。  レイアウトを作る時、この「よ市」の風景を模型化したくなり昭和末期のイメージで作ってみました。  とはいえ、盛岡では路面電車どころか私の幼少時には「ドアの3枚以上付いた電車」すら走ってなかった所ですから、路面電車や…

続きを読むread more