"車両・私鉄/民鉄"の記事一覧

レイアウトの琴電まつり・その4(京急・名古屋市営地下鉄編)

 久しぶりのひとり運転会ネタ。  今回は琴電編のその3です。  前に元京急の車両たちを紹介した折、ラインナップに鉄コレの編成がなかったと書きましたが、前記の編成とは異なる鉄コレ仕様の元京急の編成というのも存在します。  今回はそれらを中心に  琴平線仕様の1200系。元京急の700形です。  18M級の短駆に4扉という…

続きを読むread more

今月のジャンク車から KATOの西武101系

 私が現住地に住み着いた前後の時期ですが、学生時代の知り合いが当時練馬に住んでいた関係から、池袋から西武線を利用する機会は結構ありました。  特に最初に利用した時には東京では珍しい大雪の時で、当時は国電だった山手線も大塚でストップしてしまい、雪の中を池袋まで徒歩で歩かされたものですが、そんな時でも西武線が動いていたのには驚くと…

続きを読むread more

レイアウトで仙石線まつり・その2

 休日蟄居の中の自宅運転会も、梅雨明け後からこのかた暑さのせいでなかなかやる気が起きません。  レイアウトの部屋に冷房でもあればいいのですが、なかなかそういう訳にはいかないだけに猛暑の日中は運休状態というのが増えています(汗)  そんな中を縫って今回は仙石線シリーズの第二弾をば。  前回も紹介したように仙台で4扉の…

続きを読むread more

レイアウトで富士急まつり・その4

 夏のひとり運転会 富士急行編のその4です。  鉄コレの第4弾では元国鉄クモハ14とクハ16の7000系がリリースされていました。  カラーリングが第3弾5700系やそれ以後の富士急車よりもやや淡い感じがしますが、元々の仕様がそうだったのか製品時のミスなのかはわかりません。  2連でありながら片方が2扉、片方が3扉という独…

続きを読むread more

しなのマイクロの阪急2800系

 最近、行きつけの中古ショップは妙にブラス系Nゲージ中古の出物に当たります。  以前の様に競合製品がない時だったりとかだったら、或いは秋葉か中野の中古屋だったら結構な値付けで手が出ない物が多いのですが、状態はともかくそれなりにリーズナブルな値段だったので私の様な人間にはこれが非常に有難い。 (遠出ができない今回のコロナ禍…

続きを読むread more

金ぴか編成を走らせる(笑)

 先日紹介の富士急6000系90周年記念車両、レイアウトで走らせてみてもいい雰囲気ですが、ここはもう少しお祭り騒ぎを演出してみたくなります。  そんな訳で同じコンセプトの静岡鉄道A3000系「100周年記念編成」を追加してみました。  この車両は昨年のグランシップの少し後に出ていた仕様ですが、もしグランシップトレインフェスタ…

続きを読むread more

エンドウの近鉄3000系

 先日地元の中古屋さんで入手した中古モデルから。  前回の京阪5000系に続くエンドウの私鉄電車、近鉄3000系の3連です。  この頃のエンドウのステンレス車のモデルはブラスボディの質感を生かしたかったのか、他所にない個性を出そうとしていたのか分かりませんが「実車ではあり得ない位の金ピカメッキボディ」が特徴となっています。 …

続きを読むread more

レイアウトの琴電まつり・3・もと阪神・京王・名鉄編

 自宅運転会、高松琴平電鉄編の第3弾から。  前述のように標準軌を採用している琴電では譲渡された種車も標準軌かそれに近い軌間の車両が選ばれる傾向があります。  前回の京急も主力でしたが、阪神からも20M級が入線しており鉄コレでも第5弾で阪神3300ベースの1062が、単品で1053と54の2連が製品化されています。  オリ…

続きを読むread more

鉄コレの「富士急行6000系開業90周年記念車両」

 しばらくぶりの新車の入線です。ひょっとしたらNゲージとしては今年最初の新製品車両の入線かもしれません。  ものは鉄コレの富士急行6000系開業90周年記念車両の3連。  6000系のカラバリはトーマスランド号、マッターホルン号が出ていて今回のが第3弾という事になります。 (困った事に肝心の通常塗装の仕様は現在事業者限定品…

続きを読むread more

レイアウトの琴電まつり・2・元京急車編

  先日第一弾を行った「レイアウトで琴電まつり」第二弾をば。  全国各地から旧車の譲渡を受けて「走る電車博物館」とも呼ばれる高松琴平電鉄。  しかしこの私鉄にはもうひとつ地方私鉄としては珍しい「標準軌採用」と言う特徴があります。  そのせいか主力車種は標準軌か路面電車軌間の私鉄から転入するパターンが多い私鉄と思います。 …

続きを読むread more

レイアウトで「富士急まつり」その2

 自宅運転会富士急行編その2です。  富士急のラッピング車のベース車は今は元205系の6000系、元京王5000系の1000系なんかが中心ですが、いずれもオリジナルからは想像がつかないカラーリングの物が多く、前回話したような「お祭り騒ぎ状態」の印象をより強めています。 シンカンセンの500系ならいざ知らず、京王5000系の車体に…

続きを読むread more

今月のジャンク車から エンドウの京阪5000系のはなし

 今回は久しぶりの入線となったジャンクモデルから。  二月ぶりくらいに覗いた中古ショップの掘り出し物です。  物はエンドウの京阪5000系。通称「三津五郎」と呼ばれる18M級の5扉車の4連です。  一部パーツの欠損がある事、ヘッドライトが点灯しない瑕疵があったせいか1両あたり1000円ちょっとという割合リーズナブルな値付け…

続きを読むread more

レイアウトで「琴電まつり」その1

 平日休の自宅運転会ネタから。   鉄コレ登場このかた、東の富士急行と並んでリリースが著しいのが西の高松琴平電鉄と言えます。  私自身は生憎高松に行った事がなく、当然琴電も乗っていないのですが、いい意味でチャラチャラしたところがない「地方都市の通勤電車」と言う趣は私には魅力的に映ります。    しかも主力車両の殆どが譲渡車で…

続きを読むread more

鉄コレ29弾の西武30000系

 今回は鉄コレの埋蔵金車両から  第29弾の西武30000系をば。  前にも書きましたが、第29弾のラインナップで一番私が驚いたのがこの形式でした。  第1弾から付き合ってきた身としては「鉄コレ=旧式車両・あるいは払い下げ車」というイメージが濃密でしたから、見るからに21世紀の車両と言ったノリの前面を持つ30000系には新鮮さ…

続きを読むread more

レイアウトで「富士急まつり」その1

平日休の自宅運転会ネタから。  前回は弘南鉄道をパレードしましたが、今回は富士急行です。  昨年も含めて何度か電車祭りなんかにも行ったせいもあって私の中では「富士急行=イベント」という刷り込みが出来上がっています(笑)  実際ここの電車は地方私鉄としては異例なほどお祭り騒ぎみたいなところがありまして「普通の塗装の電車よ…

続きを読むread more

久しぶりに走らせる「弘南鉄道の車両たち」

 平日休に思い出の編成を走らせる休日蟄居ネタ。  かつてのNゲージでは完成品として発売される車両モデルというと国鉄(JR含む)か大手私鉄のメジャー級の形式が大半でした。  勃興期や普及期ではそれも当然なのですが、ある程度メジャーな機種が製品化され多少マイナーな形式もそこそこ製品化され、市場が成熟してくるとなかなか目新しい企画と…

続きを読むread more

鉄コレの叡山電鉄700「ひえい」

1月の静岡行きの折に入手していたモデルから  鉄コレの叡山電鉄700系観光列車「ひえい」です。  実車は1988年登場と割合昔(というか昭和最後の年の電車ですね)に登場した車両で当初は両運転台一枚窓の前面を持つ常識的というか味も素っ気もないような近代型軽快電車という趣の車両でした。  そのうちの732号車が2018年に…

続きを読むread more

久しぶりに「伊勢志摩ライナーとビスタカー」を走らせて

 (私個人の)思い出の列車をレイアウトで走らせてノスタルジーに浸る新企画の第三弾です。    かつてはお伊勢参りなんて一生に一度行けるかいけないかだった時代もありましたが、岩手と三重という距離の遠さもあって子供時代の私なども「お伊勢参りなんて一生に一度くらいしか行けないだろうな」とか思っていたのですが蓋をあけてみると、職員旅…

続きを読むread more

鉄コレ29弾の南海1000系

 鉄コレ埋蔵金車両から、今回は第29弾の南海1000系をば。  今回紹介する1000系というのは実は二代目だそうで初代の1000系はかつて鉄コレ第18弾で出ていた京福福井支社の3000形とほぼ同じ仕様だそうです。  南海の限定品で旧1000系もでていたそうですから、今回ので新旧の1000系が鉄コレで揃うことになった訳です。 …

続きを読むread more

鉄コレ第29弾から 西鉄7000系

 鉄コレ埋蔵金車両の話から  今回は第29弾の西日本鉄道7000系をば。  故郷も現住地からも離れている事もあってか九州の列車というのは私の手持ちの編成ではそう多くはありません。JR九州の編成もスーパーかもめがひと編成あるくらい。  まあ、そもそも中古の出物も見かけませんでしたし新車も店頭で見かけなかったですから無理もない…

続きを読むread more

鉄コレの埋蔵金編成から 東武10000系

鉄コレ埋蔵金編成から今回は第29弾の東武10000系から  最近の首都圏の私鉄は車体の規格化が進んでいるのか、一部を除いてどの会社の奴も同じように見えてしまうのですが東武の10000系も(わたしが馴染みがあるからなのか)京王の7000系みたいに見えてしまって困ります(汗)  実車はそれまでの主力だった8000系の後継とし…

続きを読むread more

鉄コレ第29弾の名鉄6000系から

 先日入線した鉄コレ第29弾のはなしから。  昨年暮れ(というか大晦日!)に私が岩手への帰省の折に入手したアイテムに名鉄の6000系3次車というのがあります。  Nゲージで名鉄電車の2両編成と言うのは、これまでの当鉄道のラインナップでも特に拡充が著しいジャンルでして古くは初期の鉄コレの3700形から始まり、GMの7700系、…

続きを読むread more

鉄道コレクション29弾

 今日はいつもより更新が遅くなりましたが、それと言うのもついさっき、鉄道コレクションの29弾を行きつけのショップから引き取ってきたからです(大汗)  今回の29弾はメジャー級私鉄の現役かそれに近い新鋭車(私の感覚だと平成以降の車両は何でも新鋭車に見えます。もう30年前なのに)を中心にしたラインナップでアバンギャルド度は過去のど…

続きを読むread more

しなのマイクロの動力車のはなし

サブブログでも触れていますが、先日静岡へ出かけた折に入手したアイテムから。 物は小田急9000系の中間車。動力付きです。 今更何故中間車1両だけ?といぶかる向きもあると思いますが、しなのマイクロ(みどりや)製の小田急9000系は数年前にひと編成4連を入線させたことがあります。 ところがこれの動力がまるで動かない不動…

続きを読むread more

今月の入線車 マッコウクジラと相互乗り入れのはなし

 先週、京成の鉄コレのはなしで地下鉄との相互乗り入れに軽く触れましたが今回も似たようなネタです。  長電仕様の3600系の種車である営団地下鉄3000系、通称マッコウクジラの鉄コレ仕様がこの夏リリースされました。  実はその時これを買おうかどうしたものかと随分悩んだのですが、先日出先で売れ残りがあるのを見つけたらつい手が…

続きを読むread more

鉄コレの京成3300系

 先日の入線車から  だいぶ前の事ですが都営地下鉄の5000系と京浜急行の1000系の何れもGMのキット組み品を入手して走らせていた事があります。  この2者は相互乗り入れによって同じ区間を走る事が多いのですが、もう一社このために元々の1372ミリ軌間をわざわざ標準軌に改軌して乗り入れに臨んでいたのが京成でした。  先日鉄…

続きを読むread more

鉄コレの岳南電車9000

 先日の電車まつりの戦利品  先日の富士急電車まつりでは出店がある事を知っていても模型を買う事はあるまいと思っていたのですが、結局手を出してしまう。  これもひとつの性という奴でしょうか。  今回の出店の中に岳南電車のブースがあったのですが、そこにあった鉄コレの岳南9000系が今回の戦利品です。  岳南電車は親会…

続きを読むread more

トーマス電車は花盛り

 実は今回は昨年正月に買った福袋に入っていた「京阪600形トーマスラッピング車」の話でもしようかと思っていたのですが写真を検索していてトーマスそのものについて書いた方が面白そうと思いました。  うちの子供を初めて遊園地に連れて行ったのはもうだいぶ前になりますか。そこの遊園地にもトーマスランドがあってミニ列車に乗ったり様々なアト…

続きを読むread more

鉄コレの長野電鉄3600系

 私が初めて乗った地下鉄電車というのが営団地下鉄の日比谷線3000系だった事は昨年初め頃に当ブログで上げた事があります。  その時は東京見物のついでみたいなノリだったせいか、その後とんとその事自体を忘れていたのですが、数年前長野の小布施に出掛けた折、そこを走る長電の列車の中に見覚えのある電車を見つけ、それが元営団の電車だったのに驚…

続きを読むread more

今月の入線車「GMの小田急1800」

今月の新車(!?)から  先日行きつけの鉄道カフェでそこの御店主と駄弁っていた時に、ふとしたきっかけから「GMの最初期の動力ユニット」の話題が出ました。  GMの動力と言うとエンドウのOEMになる定番動力、あるいはついこの間まで出ていた2モーター搭載の独創的な動力系、そして今ではコアレスモーター搭載の現代的なものがそろそろ出回…

続きを読むread more

今月号のTMSと鉄コレ27弾の近鉄2400系

 まず最初に昨日入手したTMSの8月号の感想から。  最初に訂正を書かせて頂きます。  先月号のグランシップトレインフェスタの記事で他誌に比べてTMSのボリュームが少ない点を指摘したのですが、あの記事は実は二部構成で今月号には前回取り上げきれなかったと思われる作品が車両4、レイアウトが9追加されていました。  トータルでは他誌…

続きを読むread more

鉄コレの営団2000系丸の内支線仕様

 先日の戦利品から  3年くらい前、銚子電鉄の営団地下鉄から譲渡された2000系の復活塗装仕様が出た折にこちらの勉強不足から当ブログ上で「丸ノ内線仕様の2000系の存在自体を無い事にしてしまった」事があります。  全く汗顔の至りですが、その事がきっかけとなり丸ノ内線仕様の2000系に興味を持ち始めました。  当時のブログで…

続きを読むread more

今月の入線車 静岡鉄道100周年記念ラッピング電車

 先日の入線鉄コレから  静岡鉄道A3000形「創立100周年記念ラッピング編成」です。  実はこのモデル、先月のホビーショーで試作が出ていたそうですが、生憎同じ日程のグランシップトレインフェスタには発売が間に合いませんでした。  もしこれが今年のトレインフェスタに間に合う様に出ていたら、各クラブのレイアウト上…

続きを読むread more

F MODELSと京阪テレビカー

 今年最初(つまり正月)の秋葉行きで入手していたアイテムから。  今回唯一の新品・・・といえば聞こえはいいですが在庫処分の4割引品です。  これもやっぱり鉄コレの京阪3000系テレビカーの二次型3連。  鉄コレのテレビカーは過去に大井川や富山地鉄の仕様を入手していますが正調の京阪モデルの入線は初めてです。  これまでもテ…

続きを読むread more

 鉄コレの伊豆箱根鉄道3000系・ラブライブ!サンシャイン!!『HappyPartyTrain』ラッピング電車3両…

今回のグランシップトレインフェスタ、スワップミートこそ出物を拾えませんでしたが、会場で色々有難いアイテムを入手できたと思います。 面白い事にそのどれもが入手やアイテムそのものに一種ドラマがあったという点、イベントでのお土産らしかったと思います(笑) 今回から暫くはそうしたアイテムを紹介してみたいと思います。 まず最初は…

続きを読むread more

鉄コレ27弾の東武5050系

 鉄コレ第27弾の埋蔵金編成から。  今回は東武5050系です。  東武の鉄コレ仕様は事業者限定品も含めるとかなりな数になっている上に、機関車やディーゼルカー、路面電車までラインナップされているというある意味ワンダーランド状態の私鉄と言えます。  通常品でも古くは第9弾のモハ7300系から始まり、時々思い出したようにリリースさ…

続きを読むread more

鉄コレの「能勢電鉄50&60」

先日の天賞堂閉店セールの戦利品から セールでは鉄コレを中心に30%、50%、そしてなんと70%引きなんてものまであって自分の嗜好さえ合えば結構良い買い物ができる感じでした。 その70%引きにあったのが「能勢電鉄50&60」の2両セット。 正札が2407円ですから値引き後価格が700円ちょっと! 実はこのモデル以前からちょ…

続きを読むread more

鉄コレの名鉄6000系

今回は先日の帰省の折入手した戦利品から 今年の帰省では例年になく車両の出物が多かったのですがその大半がなぜか鉄コレの旧製品でした。 今回はその中のひとつから。 名鉄6000系ワンマン仕様の2連。 これが盛岡の中古ショップにあったのですが、故郷のショップで名古屋の電車を見つけるというのは殊帰省の時だとかなり新鮮だったりしま…

続きを読むread more

鉄コレ27弾の相模鉄道3010系

 鉄コレ埋蔵金ネタから  今回は27弾の相模鉄道編をば。  今回リリースされたのは3010系の新塗装。  恐らくですが通常品の鉄コレで相模鉄道の車両というのは今回が初めてではないでしょうか。 とはいえこの会社も事業者限定品で随分ランナップを充実させています。しかもそれらが何故か旅先や近所の中古ショップに出物が出ること…

続きを読むread more

今年最初の入線車 鉄コレの東武2000系

 帰省の戦利品から  例年の事ですが帰途で新宿や秋葉のショップを覗くと福袋の類を目にする事があります。  今年も何か売れ残っているかと思ったのですが、昨年は景気が良かったのかどのショップも福袋は売り切れでした。  昨年の正月は1つ2つは売れ残りがあったので何か手に入るかと思っていたのですが。  勢いこちらは中古を中心に出…

続きを読むread more