"車両・私鉄/民鉄"の記事一覧

あの頃の「わがアキバエクスプレス」2 何故か京王ですが(汗)

先日お話した「アキバエクスプレス」のはなしその2です。 今の私の場合、クルマと電車のハイブリッドでより安価に早く秋葉原方面に行く方法がいくつか出てきましたから、その頃に比べるとかなり秋葉が近くなったのは確かです。 特に圏央道が開通し京王線沿線の特急停車駅が手近になったのは大きい。 おかげで京王線経由、新宿で総武線に乗り…

続きを読むread more

「わがアキバエクスプレス」GMの京王8000系の入線

今回は先日入線した編成から。  実は今年初めて入線した編成物だったりします。  物はGMのキット組みの京王8000系6連。  京王の現行型電車はマイクロやGMから出ていますが中古を見る事はめったになく、たまに見かけると到底手が出せない価格になっていたりします。  今回見つけたモデルはその中でもずば抜けた1両あたり3桁価格…

続きを読むread more

旅先で鉄コレのシークレットを見たらどうするか(汗)のはなし

先日の静岡行きでちびまる子電車と一緒に入手したアイテムから。 もうひとつは、これはタチが悪い。 同じショップで並んでいた鉄コレの富山地方鉄道のシクレ。モハ14771.  通常品とは窓周りの造形が異なる仕様ですが何と言っても「通常品の車両の更新前の仕様」なので普通なら同形式の2連化は少なくとも見た目が不自然になります(とは…

続きを読むread more

鉄コレの静鉄ちびまるこ電車から

 今回は先月の入線車から。 グランシップとは関係ない静岡行きで入手したアイテムです。 静岡ならではのお土産・・・がこんなものだったりして。 駅ビルのポ○ンデッタで購入した静鉄1000系のちびまる子電車。 確か去年のグランシップでも腐る程売られていたのに手を出さなかった呪いのモデルです。  また、昨年のイベント以…

続きを読むread more

鉄コレの静鉄A3000から

 今年のGW唯一の休日となった先週の日曜日の事です。  よく考えたらこの日は4月最後の日曜日でもあったのですが、そのすれすれのタイミングで行きつけのショップから予約していた新車が入ったという連絡がありました。  第一週のTOMIXC11といい、やっぱりこの4月は新車ばかりの入線になったしまった気がします。  モノは鉄コレの…

続きを読むread more

鉄コレの埋蔵金編成・東武編

前回からだいぶ間が空きましたが鉄コレの埋蔵金話、今回は番外編です。 これまで鉄コレの通常品を箱買いするとは言っても、同じパッケージを二箱買うケースは殆どありませんでした。 というのも「同じ車両が複数欲しい」というケースがそれほどなかったからですし、事実、通常品で長編成前提の物はありませんでした。 その数少ない例外が第10弾でし…

続きを読むread more

鉄道コレクションの京阪1900系と小春日和の冬の日

 今月の入線車から  まずは鉄道コレクションの京阪1900系の3連から  3連とは言っても片側の1905は普通の1900系とはやや異なる趣のデザイン(しかも見た目に両運転台車)なのですが、後で調べてみたらこの車両は先代テレビカーの1810系1815形からの編入組だそうです。  ですので3連で運用するというなら前と後ろで顔が…

続きを読むread more

鉄コレの「弘南鉄道」大集合(笑)

 先日弘南鉄道のED22が入線した話を書きましたが、ご多分に漏れずこの鉄道会社の車輛も鉄道コレクションでずいぶんとラインナップが拡充してきています。  今回はED22の入線記念も兼ねて弘南の埋蔵金ラインナップ(要するに死蔵されてきた車両のお披露目)を並べてみようと思い立ちました。  舞台はこの夏に「181系のおまけについてきたコ…

続きを読むread more

GMの京王6000系を作る

 先日紹介したGMの京王6000系の続きです。 8月、9月、10月と時間ばかり経っていて全く着手できないまま夏が過ぎ秋も過ぎようとしている11月のある休日。 この間紹介したマニ36&37を組み立てた勢いでこちらの京王6000系も一気に作ってしまいました。 とはいえ説明書通りの全くの素組み。 元々動力からパンタから何から揃…

続きを読むread more

京王6000系キットで「うだうだ」する(笑)

 梅雨が明けた翌日の今日は朝から蒸し暑い。  こういう気候は私の最も苦手とする所なのですが、夏が本格化した事も実感します。  さて、毎年梅雨明けから涼しくなるまでは冷房のないレイアウト周辺での工事は全く進行しません。   汗は滝の如く、体力もそれに合わせて急速に消耗するので工事どころでないというのが正直なところです。 …

続きを読むread more

鉄コレの琴電レトロ電車」

 久しぶりにに覗いた中古ショップでの発掘品から。  こう書くと随分とあちこちに中古ショップがある様な印象を持たれると思いますが、事実私の生活圏では新品の模型屋が2軒、量販店など一軒もないという環境なのに中古ショップだけは7,8軒あったりします。  但し品揃えはお世辞にも良いとは言えない上に時期によるばらつきが大きいのですが。 …

続きを読むread more

今月のジャンク車・GMの小田急5200系

 今月の入線車は無闇にジャンク品にばかり当たります。  あまりに古かったり前のユーザーが相当にぞんざいに扱ったりとか、理由は様々ですがこの種のモデルは見ていて「ここをどうリペアしようか」とか考えながら眺めるのが精神衛生上良いかもしれません。  ジャンクの花園その1は  GMのキット組み品と思われる「小田急5200系の6連」 …

続きを読むread more

鉄コレの「勝太駅発!熱血デュエマ列車!」

 先日の秋葉行きの戦利品から。  鉄コレからこの夏に出ていた「勝太駅発!熱血デュエマ列車!!」  冗談みたいなネーミングですが、ひたちなか海浜鉄道の実在の車両です。  コロコロなんかではかなりの人気作(うちの子供もファンの一人ですが)のカードバトルマンガ兼カードゲームの「デュエルマスターズ」とのタイアップによるラッピン…

続きを読むread more

今月の入線車から・みどりやの東急8500

 先日入線の中古モデルから。  このところうちに入線する私鉄モデルはブラス物が増えていますが、今回のはその中で最も古い物のひとつです。  みどりや発売しなのマイクロ製造の東急8500系。  「みどりや」なんて聞くと私なんかは「駅前のデパート(当時西武クレジットの運営していた一種の百貨店)」なんてのを連想してしまいます(歳が…

続きを読むread more

南海クハ21201の「なんちゃって仕様」

 先日紹介した鉄コレの南海1201系のはなしの続きです。  話は先週の運転会にさかのぼりますが設営に行く途中で立ち寄った某ハー●オフである物を見つけました。  鉄コレ第3弾の南海ズームカーのジャンク品です。  実は第23弾を紹介した際に鉄道模型大好きおじさんのコメントに今回の1201系にクハ21201を組み合わせたいと…

続きを読むread more

鉄コレ第23弾から・南海モハ1201系

 先日入線させた鉄コレ第23弾から  今回のラインナップの中で一番私と縁遠い車両(あるいは私鉄)と言うと南海の1201系という事になるでしょうか。  東武・静鉄はもとより銚子電鉄も元の車両が京王の車両という事で多少馴染みは感じますし、熊本電鉄の500にしても元は静鉄の100なのでこちらも無縁という訳ではありません。  その点、…

続きを読むread more

鉄道コレクション第23弾からその3・銚子電鉄2000形

 鉄コレ23弾はいつにないバラエティの広さで結構楽しめそうですが、今回のはその中でもドラマチックな変わり種とでも言いましょうか。  銚子電鉄の2000形。  元々は京王帝都の2010系だったのを一度伊予鉄道に譲渡され、それがまた銚子電鉄へと流れてきたという、聞くだけでなんだかドラマのひとつも感じそうな経歴の持ち主です。 …

続きを読むread more

鉄道コレクション第23弾から静岡鉄道100系

 先日紹介した鉄道コレクション第23弾のはなしから。  今回のラインナップの中で複数のバリエーションを持つ静岡鉄道クモハ103形。  非貫通で三つの独立した窓が並び、その下に一対の当か類が並ぶという顔つきが独特の個性を見せる車両ですが、この顔は後の300形、350形にも引き継がれ、いわゆる「静鉄スタイル」と言う綽名までつけられて…

続きを読むread more

鉄道コレクション第23弾から・東武7800系のはなし

 先日ようやく行きつけのショップで鉄道コレクション第23弾が入荷しました。  で、早速予約分を引き取ってきた所です。  今回のラインアップはこれまでにない統一性の薄さが特徴です。  これまでのシリーズには必ず核となる形式の車両が存在しそれらの譲渡車バリエーションを中心に展開してきたのですが、今回は18M車あり20M級があり…

続きを読むread more

TOMIXの名鉄パノラマDXのリターンマッチ(笑)

 先日、S660で清水まで行ってやった唯一の事が「中古ショップで模型を買って帰って来る」だけだったというのは「目的地へ行くまでのプロセスを楽しむ」という点でいかにもS660らしい所業とは言えます。  言い訳はそれ位にして、  今回入手したのはTOMIXの名鉄パノラマDX。  ヘッドライトのダイオードが緑色という年代物です。…

続きを読むread more

帰省の戦利品から エンドウの近鉄あおぞら号

 帰省の戦利品から。  中古ショップで入手したエンドウの近鉄あおぞら号。  実は前の帰省のときに別な中古屋で2万円近い値付けで置いてあるのを見たのですが、流石に高すぎて手が出ませんでした。  今回はその半額以下の出物を見つけたのですが、同じ町の別なショップでエンドウの同じ編成物がふたつも並んでいるなんて奇跡みたいなものです。 …

続きを読むread more

エンドウの阪急6000系から

 先日入線の中古モデルから。  エンドウの阪急6000系の4連です。  阪急のモデルはこれまでにKATO、鉄コレ、GMのキット組みと完成品、しなのマイクロ、そしてエンドウと文字通り各メーカーのモデルが入線しています。  まあ、中古の出物がたまたま見つかったという理由からこれほどメーカーがバラけてしまっていたのですが。  …

続きを読むread more

しなのマイクロの小田急9000系のはなし

 先日来小田急の入線が続いているとか書きながらまたまた小田急車が入ってきました。  ジャンク品の9000系  それも旧しなのマイクロがみどりや名義でリリースした年代物です。  数ある小田急電車の中でもこの9000系は妙に私に縁のある機種で以前岩手の実家に帰省した時にはGMのキットを入手して4連を組みたてましたし、その2年後…

続きを読むread more

鉄コレの小田急1700系と2200系旧塗装

 今年に入って当鉄道は不思議と小田急の電車の入線が続いています。  そのきっかけは間違いなく先日紹介した1910系の鉄コレだったと思うのですが、先日の上京で更にラインナップが拡充しました。  そしてそのどれもがオレンジとダークブルーの旧塗装の奴だったりします。  種を明かせば新宿駅の小田急ショップで「纏め売りのバーゲン…

続きを読むread more

静岡行での戦利品(笑)長野電鉄2600系ほか

 トレインフェスタの静岡行きでもうひとつ入手したのはマイクロの「長野電鉄2600系」  東急青ガエルの長電仕様です。  実は3月に出かけた時にも見つけていたモデルですがその時は「この次グランシップに来た時にも残っていたら買おう」と思っていたものです。  それから二月経ち、あまり期待しないで覗いてみたら、まだ残っていました。 …

続きを読むread more

福井鉄道200形旧仕様

C50のレストアは注文した部品が来るまで一休みして今回は先月入線の新車(?)から  3月末になるとどこの中古ショップでも出物が増える傾向があります。  やはり年度末と言う事もあるのでしょう。    今回のもそんなショップでの拾い物です。  以前改装後の形を紹介した鉄コレ福井鉄道200系。  今回改装前の非冷房タイプ…

続きを読むread more

鉄コレの富山地鉄14760系

 先日中古屋で見つけた鉄コレから  富山地方鉄道14760系3両セット。旧塗装の仕様です。  新塗装の2連は既に入線を果たしましたが個人的には富山地鉄と言うとこの旧塗装の方に好ましい雰囲気を感じていました。  同じ車両なのにカラーリングだけでまるで印象が違うのが面白い所です。  今回のセットは3連仕様。モハ2両に更に…

続きを読むread more

「しなのマイクロエース」の東武8000系のはなし

 今回は暮れの帰省時に仙台の某中古屋で見つけたアイテムから  「しなの」マイクロエースの東武8000系6連。  これを買ったショップでは「KATO」の製品にされていましたが実際は車両ケースがKATOの奴だったというだけの話です。  しなのマイクロ末期のノリを引き継ぐ全金属製車体、あっさりと、それでいてクリーンな印象の窓抜き…

続きを読むread more

鉄コレの埋蔵金編成・小田急編

 押し入れや戸棚をひっくり返して「積み鉄コレ」を発掘して並べてみる「埋蔵金編成」のはなし  昨年の今頃は地方私鉄中心でしたが今回からは大手私鉄のラインナップです。  今回は小田急電鉄から。  先日1910系も入線した事ですし、いい機会とばかりに久しぶりにやってみました。  かつて、鉄コレのシリーズの第3弾で南海ズームカー…

続きを読むread more

鉄コレの小田急1910系「ニューロマンスカー」

 中古ショップの開店セールの戦利品から  小田急の「ニューロマンスカー」こと1910(2000)形の3連  鉄コレの事業者特注品のセットがNゲージ化・動力化されたセットで出ていたので飛びついてしまいました。  実車は1949年に小田急としては戦後初の2扉クロスシート車として登場した物で中間車には喫茶コーナーや放送室なども装…

続きを読むread more

今月のジャンク車「しなのマイクロの営団地下鉄7000系」

 先日近所のハード●フがリニューアルオープンし、そこでも中古鉄道模型の扱いが始まりました。  故郷でも、また首都圏なんかでもこの種の中古ショップが開店やリニューアル著しいですが、今回も含めてどこに入っても店の雰囲気が同じで驚かされます。  全国チェーンなので当然と言えばそうなのですが、一緒に入ったうちの子供が「東京みたいだ」と妙…

続きを読むread more

エンドウの京阪5000系が入線する

 昨年来不思議とエンドウの中古モデルに当たる事が増えているのですが今回もその話です。  これも奥の相場に比べると異様なほどの安さで飛びつく事ができたのですが、本来なら古いだけが取柄の骨董モデルならそれ位の値付けの方がむしろ当然の様な気もします。  物は京阪5000系の4連。  ごく最近マイクロからもリリースされていますがあ…

続きを読むread more

鉄コレの福井鉄道200形

 今月入線の新車から。  鉄コレ10周年モデルの第二弾、福井鉄道200形  冷房付きの新塗装仕様です。  本当は旧型仕様がよかったのですが生憎どこでも捌けてしまっていましたし、新塗装の方でも特に不満もなかったのでこちらを入線させたものです。  今回の200形は鉄コレ初の連接車で、動力機構がどうなっているかが関心のひとつで…

続きを読むread more

今月の入線車から「GMの阪急2800系」

 今月の入線車から。  最近鉄コレやらしなのやらと中古の阪急電車の出物に良く当たります。  しかもどちらかというと掘り出し物みたいなものが多い。  今回のもそんなひとつかもしれません。  GMの2800系の非冷房仕様の基本+増結セットです。  昨年来阪急の中古モデルの増備が著しいのですが、それらの大半(と言うかほぼ全て…

続きを読むread more

今月の中古入線・GMの名鉄7700系

 先日、ほぼ一月ぶりに地元の中古屋巡りをやらかしてきました。  先月の時は新規開店に伴う在庫移動とかでずいぶん品揃えが薄くなっていた印象の鉄道模型ですが少しづつながら復調の気配が感じられるのは何よりです。  個人的に出物もいくつか発掘できましたし  その一つがGMの名鉄7700系のキットメイク品らしきもの。  前にも…

続きを読むread more

エンドウの「都営地下鉄10-000形」が入線する

 今回の帰省では帰省先でモデルを買った時の試運転用と称して先日エバグリで買ったエンドウのエンドレスレールセットを持ち込みました。  この種の線路は既にファイントラックのカント付きが既にありますがカーブの径が小さいので無理すれば複線化も可能と言う目論見(笑)です。  ですからこのセットを持ち込んだこと自体に全く他意はなかったの…

続きを読むread more

KATOの「京急デハ268」から

 前回の話の続きです。 カトーのホビセンに行ってきたからにはこのアイテムに触れない訳にはいきませんね。 「KATOのNゲージ50周年記念モデル」ともいえる「京浜急行デハ268」  ホビセンの前に飾られている「あの電車」のモデル化です。  モデルはアセンブリ形式のキットの体裁ですが完成品のモデルをばらしたような構成な…

続きを読むread more

謎の名鉄5500系モデル(笑)

 先日の上京での見つけ物から  マイクロの名鉄5500系の6連らしきものです。  「らしき」という曖昧な書き方になったのは外函がなかったのと後述のように編成そのものに少しおかしく感じられた点があったからですが、それでもかなり安価なモデルではありました。  今年に入りキハ8000をはじめとして名鉄の編成も増備が著しいのですが旧塗…

続きを読むread more

秋田中央交通軌道線の電動貨車を動力化する

 先日のED14に続いて秋田中央交通の電動貨車もようやく動力ユニットが到着。  こちらも晴れて動力化が果たされました。  今回リリースされた専用動力ユニット  2軸で集電から駆動も賄うパワートラック同然の動力です。  対象が電動貨車だからという事もあるのでしょう、長いオーバーハングを利して両脇にウェイトを配置した思い切った構…

続きを読むread more

鉄コレ10周年と秋田中央交通軌道線

 今月の「準」新車から  鉄道コレクションが登場してから今年で10周年だそうです。  KATOがNゲージを出して50周年、私が鉄道模型の趣味に入って40年(これは蛇足・・・汗)  今年という年はどうもキリが良い年らしいですね。  今回の鉄コレは10周年記念モデルの性格もあるものです。  秋田中央交通軌道線の電動貨車と客…

続きを読むread more