"車両・私鉄/民鉄"の記事一覧

エンドウの京成スカイライナーのはなし

 エンドウの京成AE車のジャンク品を手に入れた話から。  帰省の折埼玉の某ショップにてエンドウAEのセットの出物があったのですがパッケージが厳重だったので中身のチェックをきちんとしなかったまま買ってしまったのがそもそもの始まりでした。  帰宅後に開封して中身を見たところ、車両の数は揃っていたのですが  ・・・「動力車が無い」 …

続きを読むread more

名鉄パノラマカーのジャンク車を入線させる

 今回も名鉄ネタですが、こちらは故郷の中古屋での戦利品です。  TOMIX名鉄パノラマカーのジャンク品。  現行のHG仕様にはさすがに見劣りしますが前のユーザーの手で最低限の色刺しがされています。  余程見苦しくなければ前のユーザーの愛情を感じさせる部分であるので、個人的にはまずここで好印象を感じたりします。  モデルそのも…

続きを読むread more

今月のジャンク編成・GMの名鉄5500系から

 今月のジャンクモデルから  GMのキット組みと思われる名鉄5500系6連。  本来この形式の場合「中間車が4両ある6連」というのは存在しないらしいそうです。  2連・4連が基本で必ず途中に先頭車同士の連結があるらしいです。又聞きの知識ですが。  ですがモデルで見る限り編成美という点ではこちらの方がきれいに見えますし、私…

続きを読むread more

鉄コレの長電新OSカー

今月の入線車から。かねてからリリースを期待して予約していたものです。  ものは鉄コレの長野電鉄新OSカー10系の2連。  昨年第18弾でOSカーがラインナップされた時にこれが出るのを期待していたのですが意外に早いリリースとなりました。  OSカーの4扉に対してこちらは3扉という違いはあるものの全体的な印象はよく似ていま…

続きを読むread more

GMの富山地鉄タイプ電車から

 中古モデルの入線から。  このところ鉄コレでの充実著しい富山地方鉄道の編成を入手しました。  ものは10020タイプ。  GMの名鉄5500系の改造モデルのようです。  どういういきさつかは分かりませんが2編成4連のセットで片方は無動力のユニットとなっています。  ヘッドライトが中央部にもある初期型の3灯、非冷房化の仕様…

続きを読むread more

運転会土産から・謎の私鉄電車?(汗)

 先日の運転会のついでに買ってきた中古品から。  東急のデハ3450らしきキットメイク品。  或いは京急かもしれませんが自信はありません(汗)  車体はGM、動力はエンドウという80年代キットメイク品の定番構成です。  とはいえ台車回りが相当近代的な「阪急デルリン」になってしまっていますが(笑)  見ての通りボディカラ…

続きを読むread more

小田急デユニを動力化する(汗)

帰省のおみやげから  今回のモデルは変わり種の中でもかなり珍しいモデルと思います。  小田急のデユニ1000タイプ。  鉄コレ辺りからでも出そうな小型荷物電車で、非電化ながら棚幡線にも似合いそうな機種です。    このモデルですが80年代の初め頃にナローの金属モデルで有名だった乗工社が「接着剤で出来る金属モデル」という…

続きを読むread more

二年越しのキットメイク・近鉄3000系のはなしから

 昨年の今頃くらいから折を見て少しづつ手がけているキットの話です。  昨年の夏頃行きつけの中古ショップで近鉄通勤車の4連のGM製エコノミーキットを見つけました。  近鉄車については特急は持っているものの通勤者がほとんどなかったので食指が動きました。  ですが注目したのはキットで製作できるとされていた形式に3000系があった…

続きを読むread more

帰省土産の鉄コレ大井川鐵道3000系に思うこと(汗)

 帰省に限った事ではありませんが、旅行中の買い物というのは「人の気を大きくさせる何か」があると思います。  買って帰ってきてから物を見て「なんでこんなのを買ってしまったんだろう」とか後悔するような経験は誰でも一度か二度はあるのではないでしょうか。  そういうアイテムはまず大概の場合土産物であることが多いですが趣味の品の出物でも似…

続きを読むread more

中古モデルにふと思ったこと

 今回も中古ショップネタです。  私がよく覗いている中古ショップで見つけたものです。  鉄道コレクション東武6050を三千円ちょっと。  新品だと2両セットで2500円位なので一見これだけだと割高な印象ですが実はこれは6両組。  しかも全車パンタと車輪を交換してNゲージモデル化したものです。  更に純正でないGMとはいえ動…

続きを読むread more

ジャンク箱から・エンドウのスナックカー

今回もジャンク箱から。前回紹介したエンドウのビスタカーに関連して。  こちらは同じエンドウのスナックカーの2連です。  スナックカーはビスタカーとの併結を考慮しているそうで、モデルでも非動力の2連バージョンが存在するそうですが今回は動力つきでした。  真面目に併結させると2M編成となりかなり喧しそうです(実はまだ試していませ…

続きを読むread more

鉄道コレクション・富士登山電車から

 先日は連休が明けて最初の平日休だったのですが思い切って河口湖まで足を延ばしてみました。  この辺りはまだ桜が散り切っていない様子で春の残渣のようなものを感じます。  とはいえ、そこここで電線や斜面の補修工事をしているところに2月の記録破りの豪雪の傷もまた感じてしまいます。  その意味では春どころか冬すらもまだ終わっていない気…

続きを読むread more

ジャンク玉手箱から・「エンドウのNゲージビスタカー」

 ジャンク玉手箱の話その3です。  まずは余談からですが、先日来不思議な偶然が続いています。  マイクロがEF18をリリースすればワールドの中古に当たりますし、先日紹介したEF13にしても同様。  今回もそれに近いパターンです。  一昨日紹介した「謎のエンドウのトレインセットの箱の中身」二つ目です。  先日TOMIXが…

続きを読むread more

ジャンク入線のGM都営5000系

今月のジャンク車から。  今回はGMの都営地下鉄5000系旧塗装車です。  京成との乗り入れの関係だったのか昨年はじめに入線した「リバイバル開運号」とおそろいの塗色です。  実はこの編成もかねて紹介している「模型と工作・鉄道模型工作ハンドブック(64年版)」に製作記事が載っていた列車のひとつです。  前のオシ16と言…

続きを読むread more

鉄コレの「銚子電鉄応援BOX」から

 今回は年末年始の帰省での拾いものから。  鉄道コレクション銚子電鉄「鉄子の旅」仕様。  「銚子電鉄応援BOX」と称して車両のみならずキャラのNスケールフィギュア3体とカラー版の単行本6冊がセットになっている所がミソです。  実を言いますと私はこれまでこの種のマンガは殆ど読んだ事がありませんでしたし、「鉄子~」のテレビアニ…

続きを読むread more

ペーパー車体の上信250リベンジその3

 上信250のリベンジ製作・その3です。  車体の工作は殆ど前回と同じです。ただし、前面貼り付けも含めて今回は接着剤をクリアボンドから二液混合式のエポキシに変更しました。  硬化にやや時間がかかるものの途中の修正が容易であることと固着後の強度がそこそこある点、何より「糸を引きにくい」のはこういう工作では有難いです。  更に…

続きを読むread more

ペーパー車体の上信250リベンジその2

 上信250のリベンジ製作・その2です。  正直お恥ずかしい展開ですがご勘弁を。  前面についてですが前回作った小田急9000の前面パーツを使うのと並行してプラバンでオリジナルの前面を作る方向の二段構えで行く事にしました。  実車の写真などをチェックした結果小田急のパーツ利用では特に前面の平面性などが異なり余り実車に似ていない…

続きを読むread more

秩父鉄道3000系にふと思うこと

 今回は秩父鉄道ネタです。 以前ヲキ・ヲキフの貨物編成をメインブログで取り上げましたが今度は電車。元165系の3000系3連です。編成的に手軽な優等列車と言える車両ですが実際の秩父鉄道沿線よりも都会的な風景にもそこそこぴったり来ます。 最近は地方私鉄でも優等列車が花盛りですが、秩父鉄道の場合はかなり早い段階からオリジナル…

続きを読むread more

ペーパー車体上信250リベンジ計画(汗)

 先日大惨事の状態を晒してしまった上信250ですが早速作り直しに掛かろうと思います。  こういう時、同じ型が身を何回でもコピーできるメリットは大きいですね(汗)  前回の反省点を抽出して見ると  薄手のフォトペーパーを使ったので車体が歪みやすかった事。  屋根の髷をフリーハンドで行なった為に両側でねじれを生じた事。  …

続きを読むread more

今月の入線車・KATOの京急800から

 今回は今月の入線車両から。  偶然と言いますか、先日になってようやく読んだ今月号のRM MODELSの鉄道模型考古学で京急800が取り上げられておりました。  この記事はサブブログにも先日上げましたが折角なのでこちらでも書こうと思います(笑)  そんな訳でKATOの京浜急行800系のジャンク品です。    このモデル…

続きを読むread more

しなのマイクロの営団5000系入線

今年の入線車は本当に中古づいています。  しかもこれまであまり見なかったブランドの物が多いのも特徴だったりします。  今回紹介するのは「しなのマイクロ」の営団5000系。  「マイクロエース」ではない、金属車体時代の一品です。確か1980年頃の奴でしたか。  金属車体の電車モデルは一般に細密感には劣るもののプラで…

続きを読むread more

ペーパー電車第二号・上信250の敗北宣言(涙)

 ペーパー車体電車の上信250製作の続き&「敗北宣言」です(大汗)  前述した小田急9000の前面から突起部を削り取り、ライト周囲を中心にパテ盛り、切削。  こうしてできた前面を塗装し、顔のパーツを貼り付けました。  ですが本来の上信色であるアイボリーがなく西武アイボリーで代用する辺りから暗雲が漂い始めます。  ベン…

続きを読むread more

ペーパー電車第一号・伊豆急サシ191(汗)

 この間から、クモユニ74とか、上信250とかペーパー車体のモデルの話をしていますが、思わせぶりな事を書きながら先述した2モデルはなかなか進行しません。  上信はこのところの悪天候で塗装がままならなかったのが第一の要因ですが、クモユニも「他のモデルで要領をつかんでから」と思ったのが運の尽きで結局後回しです。  結局一番に製作…

続きを読むread more

鉄コレ18弾から・伊豆急・上信・阿武隈

 今回は鉄コレの第18弾からのはなしを  18弾の主目的は前にも述べた様に長電のOSカーでしたが、他のラインナップも結構渋い選択で有難いです。  その中からまずは伊豆急100系を。  薄青色と薄緑と言うシックなカラーリングは地味ながら好みです。  モデルの方ですが長電の様な色の流れがなかった分、印象は良かったです。 …

続きを読むread more

Nのペーパー車体電車・予定変更(汗)

 まずはお詫びをば。  ペーパー車体のクモユニ74を作るつもりでしたが、先日ある偶然から別の車両を先行して作る事にしました。クモユニは後回しになりますがご勘弁願います(大汗)  物は同じペーパー車体ですが昔のGMのカタログのおまけについていた「上信電鉄250形」です。  このキットはカタログのおまけ扱いで伊豆急の食堂車と一緒に…

続きを読むread more

今月の鉄コレから・当分留置中(汗)

 先日のC61、72系とDD13とこの夏は新車増備に大物が続きました。  要はそれ以外は中古かジャンクか鉄コレのうちのどれかという事になりますが、確かにそうでもなければ破産しています(汗)  その鉄コレも動力化はおろか車輪の交換もなかなかできず、現状ではレイアウトの置物というステイタスになっているものが多いですね。  とはいえ…

続きを読むread more

鉄コレの長電OSカー

 鉄道コレクションもついに18弾となりました。  その過程では「まさかこんなのまで」という機種までもがリリースされ、相変わらず活況を呈しています(笑)  さて、今回は2連の20M車がメインですが私の目当てはずばり「長電のOSカー」これに尽きます。  鉄コレがどうこう言う前にNゲージでこれが出た事自体への驚きと出してくれた事…

続きを読むread more

今夏も帰省してきました・2・三陸鉄道36型、「キットずっと号」

 今回は先日の帰省でみつけた入線車から。  TOMIXの三陸鉄道36型、「キットずっと号」  ある意味地元車両でもあるので帰省土産には好適な車両ではあります。  このモデル、リリース時に現住地で買い損ねていたものです。  実は最近中古ショップでこれを見つけたのですが定価にかなり上乗せされたプレミア価格になっており手が…

続きを読むread more

今月の痛車(笑)富士急の「エヴァンゲリオン」電車

 今回は帰省ネタを中断して今月の新車から。  鉄コレの富士急1000系「エヴァンゲリオンカラー」だそうです(笑)  昨年の「けいおん!」電車辺りからでしょうか、モデルの世界でもこの手の痛車系(?)電車のリリースが相次いでいる感じがしますが「エヴァンゲリオン」の場合はまあそこそこ一般の知名度は高い方でしょうか。  因みに富士急は…

続きを読むread more

今月の新車・鉄コレの琴電1080形

 このところジャンクかその一歩手前のモデルの入線ばかりの当レイアウト、今月の新車は鉄コレです。  高松琴平電鉄の1080型。  元京急の1000型です。オリジナル車両は以前事業者特注品で出ていた事があるのでそれの譲渡版である1080のモデル化はある程度予測されました。  時期的には予想より少し遅いくらいかもしれません。 …

続きを読むread more

遂に(笑)小田急SSE入線!

 このブログでは2年ほど前から書いている「ロマンスカーネタ」  先日はサブのブログで総集編も掲載しましたが、今回はその続きです。  因みにサブブログへのリンクはこちらホビーのごった煮・3年越しのロマンスカースパイラル    実は近所の中古屋さんのひとつが先日から妙に小田急&秩父づいておりまして、NSE,SE、VSEなんか…

続きを読むread more

鉄コレ京阪80を動力化する

 鉄コレの京阪80のはなしの続きです。  今回の鉄コレは動力化はもちろんN車両化も難しそうという現実にくじけそうになっていました。  そんな折、ネットで検索していると「とて簡」シリーズでおなじみのアルナインが80の動力化キットを出している事を知りました。  このメーカーの品は昨年にAKIAのZゲージ485系の動力をばらして…

続きを読むread more

鉄コレ京阪80の誤算(大汗)

 先日の秋葉行での最大のサプライズは鉄コレの京阪80系を見つけられたことです。  昨年リリースされた当時は、限定品な上にかなりの人気モデルで普通ではまず入手できないだろうと諦めていただけに入手そのものは嬉しかったです。  値段は中古なのに定価の3割増し位という所が残念ですが。  ただ、ここで誤算が。  実はこれが出た…

続きを読むread more

鉄コレの豊橋鉄道1800系

 先月の鉄コレ17弾の陰に隠れる形になりましたが、同時発売で豊橋鉄道の1800系の3連もリリースされました。  豊橋鉄道の車両も最近とみに鉄コレ化の比率が上がっていますが、今回のは元東急7200系のステンレスカー。  カラーリングの妙と言いますか、NY辺りにでもいそうなアバンギャルド(死語)な雰囲気を感じさせます。  …

続きを読むread more

鉄道コレクション第17弾

 この春の入線車の最大の大物、鉄道コレクション第17弾がリリースされました。  今回のラインナップは14・15M級の小型電車中心のラインナップで第1弾・第2弾のそれを彷彿とさせますが形態上のバラエティは前回をさらに上回る感じです。  何よりも私個人が欲しいと思っていた車両群が集中しており実に見逃せないシリーズとなりました。 …

続きを読むread more

ジャンクのレッドアローをいじる(汗)

 TOMIXの西武レッドアロー。先日紹介したジャンク袋の一員です。  先にも触れましたが、レッドアローは既に編成で入線させていますが、それとは別個に3ケタ価格で先頭車が入手できた事で「1両くらい手を加えてもいいや」という気分になったのも確かです。  富山地方鉄道入線前後に見られた表示幕を撤去してつるりとした顔へのフェイス…

続きを読むread more

今年最後の新車(おそらく)・MODEMOのびわこ号

 私にとっては今年最後の新車となるであろうモデル。  リリースされたのは先月半ばでしたが当方の手違いで入線が今月になったモデルです。  MODEMOの京阪「びわこ号」昭和初期仕様です。  先月の初め頃はKATOのC56に驚いていたのですが、このびわこ号も凄さでは負けていません。  これほどのモデルが何故話題にならなかった…

続きを読むread more

鉄道コレクション第16弾

 12月に入って早々のの入線ラッシュは鉄コレの16弾です。  今回は単行や2連程度でも様になる地方私鉄の19M車というラインナップです。  箱買いで鉄コレを買っていると10種の中に一つか二つくらいはあまり好みでない車種が混じっている事が多いのですが、今回はそれがありませんでした。  どれをとっても走らせたくなる奴ばっかりで…

続きを読むread more

鉄コレの小田急デニ1300

 電車まつりでは富士急の事業者特注品の鉄コレが目玉でしたが、それとは別に河口湖駅前の出店で富士急を始め他社の事業者特注品も販売されていました。  阪急6300系とか阪神6371とかは間違っても私の現住地ではお目にかかれないアイテムだけに食指が動きますしオクなんかと違いプレミア価格が無いのが有難いです。 (他の会社のイベントでもこ…

続きを読むread more

富士急行6000系の鉄コレ

 先日の富士急電車まつりのお土産その1は富士急6000系・6001号編成です。  購入後その足で行きつけのショップへ行って動力ユニットを入れて試運転。われながらせっかちな話です。  外見上特徴的なのはクモハのツインパンタです。鉄コレではシングルアームパンタの交換パーツが無い(ことになっています)ので上がりっ放しな訳ですが…

続きを読むread more