"車両・私鉄/民鉄"の記事一覧

フジサン特急

 鉄コレ中心だった私の富士急ラインナップでしたが出物を押さえる形で遂に特急車両までもが入線してしまいました。  KATOの2000系「フジサン特急」  かつてのパノラマエクスプレスアルプスの譲渡車です。ベースは165系だそうですが元の6連を3連2編成という形で運用しています。  実は以前KATOのパノラマエクスプレスの中古がか…

続きを読むread more

富士急大行進

 先日は鉄コレで増殖中の琴電の話でしたが、鉄コレではもう一社ラインナップの拡充が急な所があります。  山梨の富士急行がそれです。  鉄コレでの登場は第3弾の辺りからで以後もコンスタントに形式が増え、最新の第11弾でもラインナップされています。  こちらの増備が増えている理由としては琴電とはやや異なり「観光地の風景にそこそこ…

続きを読むread more

ことでん大行進

 鉄コレは登場当初からお付き合いが続いているのですが(笑)ここ1・2年で急速にラインナップが拡充しているのが高松琴平電鉄の車両群です。  ここまで増えたのは鉄コレのラインナップの中で「そこそこ街の風景に似合い、短編成が主であること」という理由が大きいです。  更にこの会社の場合、あちこちの譲渡車が混在しているためそのバラエティ自…

続きを読むread more

鉄道コレクション 能勢電1000系

 レイアウトの改修と並行して新車の増備も進んでいます。  といっても鉄コレですが。  今回は能勢電1000型。元阪急の車両です。阪急のマルーンカラーにも食指は動くのですが、最近の能勢電の明るいカラーリングが竹取坂の雰囲気に合いそうな気がしての入線でした。  従って当然の様に引退時カラーが選択されています(笑)  個人的な…

続きを読むread more

鉄道コレクション・秩父鉄道7000系

 先日リリースの鉄道コレクションの東急8500の譲渡車のもう一方は秩父鉄道です。  この私鉄も鉄コレのおかげでかなりラインナップが拡充していますね。これとは別にマイクロから機関車もいくつか出ています。  これまでのラインアップが元101系の色替えが多かったのでステンレス車はかなり新鮮に見えます(実際はステンレス車自体は都営地…

続きを読むread more

鉄道コレクション・長野鉄道8500系

 かなり昔の話になりますがNゲージでTOMIXが登場する直前位のタイミングでSHOEIというメーカーがNゲージ初の本格的私鉄電車のキットとして東急8500をリリースした事があります。  キットと言ってもエッチング版を使った物で、半田ごてだけでなく屋根を曲げるための万力と冶具の自作が必要とされていました。  しかも足回りは当時…

続きを読むread more

鉄道コレクション・京阪1900系

 このブログも12万アクセスを達成しました。話題が偏った、時には変な話題も多いブログですが今後ともよろしくお願いします。  さて本題ですが、最近の鉄道コレクションは事業者限定モデルが増えてきているのは良いのですが、物によってはその地域でないと買えなかったり通販でもすぐになくなってしまうモデルが多く入手には苦労させられる事があります…

続きを読むread more

鉄コレの新潟交通

 前回の豊橋鉄道に続いて今回は新潟交通のラインナップの話です。  この前のブログで新潟交通が当レイアウト上では余り走っていないと書きましたが、カラーリングは悪くないものの鉄コレでは比較的小型の車両が多いため、都市風のシーナリィにあまりそぐわない雰囲気です。  とはいえ実物が一部に併用軌道を持つために(そのために排障器が付…

続きを読むread more

豊橋鉄道1900系

 先日のビデオクリップで豊橋鉄道の車両の動画をお見せしましたが、1900系の奴だけ抜けていたのに気付きました(汗)  改めてクリップを作成しましたのでご勘弁を。 http://www.youtube.com/user/yuuzuru17?feature=mhw5#p/a/u/0/ibob__FnlE0  この車両、以前にも…

続きを読むread more

鉄コレの豊橋鉄道

 鉄コレを第一弾から箱買いしていると色々な地方私鉄の車両が増えて行きます。  それらがたまって来ると自然自分のレイアウトに似合いそうな会社の車両が線路上を賑わすことになります。  それらの私鉄選択の基準となるのがカラーリングです。  一般に中古ショップなどを覗いてみると派手なカラーリングの私鉄の車両が売れ残っている…

続きを読むread more

小田急SEの入線

 前回書いた「目論見」とはこれの事です。  当レイアウトに初めて本格的なロマンスカーが入線しました(元ロマンスカーならば既に長鉄の湯けむり号が入っています)折角ロマンスカーを入れるならそれに見合うだけの普通列車との組み合わせを楽しみたいというのが先日お話した「目論見」だった訳です。  今回の入線のいきさつですが、かねて拝見し…

続きを読むread more

鉄コレの小田急

 鉄コレは第一弾の小型電車が出て以来の付き合いですが、最近は大手私鉄や国鉄の車両のメジャー所などもラインナップされ名実共に「コレクションアイテム」らしさが出てきたと感じます。  基本的にその時は興味が薄くても「いつかは使うのでは」という思いもあって少なくともノーマルの形式は極力押さえるようにしていますが、そのせいで物置の肥やし…

続きを読むread more

鉄コレ第11弾・乗客を乗せてみる

 鉄コレ第11弾の琴電です。  昨年暮れに購入した300人フィギュア、屋上ショー用に100人近く使いましたがまだ余りがあるのでそれを使って乗客を乗せてみました。  今回琴電を選んだのは比較的スーツ姿の乗客が多いのではないかといった理由による物です。  ラッシュ時を想定すると到底200人位では足りないのですが今回は閑散時…

続きを読むread more

鉄コレ第11弾・GMとの比較

 偶然にも今回の鉄コレ購入の前日に近所の中古ショップでGMの組み立て品の名鉄5500系を入手していました。  豊橋鉄道のモ1903のベースは名鉄の5200で厳密には違う個体なのですが鉄コレとGMの造りの違いをこれまでチェックできる機会が少なかったので個人的には興味深く観察させてもらいました。  但し実車に即して正確かどうかの…

続きを読むread more

鉄コレ第11弾・もと京王5000のバラエティ

 先日入手した鉄コレですが予算の関係で動力化やNゲージ対応は先送り。  先の70系同様「コタツ電車区」への暫定所属を余儀なくされています。  さて今回の鉄コレは京王5000の譲渡車が中心ですが改めて並べてみると単なる色がえに留まらないバラエティが楽しめます。富士急・一畑・琴電・伊予と車体は同じベースなのにそれぞれの個性が…

続きを読むread more

鉄道コレクション第11弾

 今回の鉄コレは元京王5000系と元名鉄5200系ですが、これまで私が鉄コレで重点増備してきた富士急、琴電、一畑、豊橋の車両が入っているという財布にとっては悪魔としか言い様がないラインナップ。  結局箱買い決定です。  富士急については既に事業者特注品の1000系が出ているのですが今回の物と比べるとパンタグラフが違います…

続きを読むread more

パノラマカーの電撃入線

 先日行きつけの中古ショップでモデルの2割引きセールがあり、かねて買おうか迷っていた編成を入線させる事が出来ました。  元々中古で安価だった所に2割引きですからお得感はあり普段「もう少し安かったら」と思っていた物も手が届きやすくなった訳です。  物はTOMIXの名鉄7000系特急塗装の仕様。とはいえ最近出たHGモデルではなく…

続きを読むread more

帰省してきました・3・中古屋めぐり

 帰省中の故郷は都会と違って模型店が3が日に営業している事が少なく、又、品揃え自体の問題もあって主に年中無休の中古ショップ巡りが中心になりました。  中には吹雪を突いた親戚巡りのさなかに立ち寄った店もあったりしてショップ巡り自体が一種の冒険ツアーとなった感すらあります(笑)  そのせいでしょうか、主観的ですが帰省中にこれだけ…

続きを読むread more

大阪市交通局30系

 先日のイベントでは帰省途中だというのにいきなりの散財をやらかしてしまいました。これに限らず今月は妙に出費がかさみます(汗)  物は鉄コレの大阪市交通局30系。いわゆる「事業者特注品」という奴です。  これもイベントで見なければ手を出す物ではないのですが、実物を手にとって見ている内についむらむらと来てしまいました。  これがイ…

続きを読むread more

鉄道コレクション・富士急行1000系

   先日の「富士急祭り」で発売となった鉄道コレクションの1000系。  ベースの京王5000系は私も一時期通学(?)に使っていた時期があったので余計なじみ深い車両であります。  ですが発売当日は現地に行けず、おまけに今回は通販があった事を知らなかった(前回のイベントでは通販はありませんでした)為に入手は難しいと思っていたモデ…

続きを読むread more

なぜか秩父づいています(笑)

 先日は秩父1000系が入線しましたが、昨年末の鉄道コレクションの通常品ではデハ809&クハ859がリリースされていました。それ以前にも300系が出ていましたからここ1・2年の鉄コレでは秩父鉄道づいているといえます。  800系は昨年の購入以来Nゲージ化更新をまだ果たしていない状態なのですが、今回の1000系導入に合わせて引っ…

続きを読むread more

秩父1000系おかわり

 先日入線を果たした秩父1000系には旧塗装とともに新塗装冷房車の仕様も存在します。  二つのバージョンが同時発売だったのでつい(笑)両方購入してしまいましたが、予算の都合もあって動力ユニットは一両分しかありません。  幸い下回りはどちらも殆ど同じなので旧塗装に使った動力を気分に応じて新塗装車にコンバートする形で当分は対処する積…

続きを読むread more

今月の新車・電車編「秩父1000系」

 鉄コレでかねての期待株だった秩父1000系が入荷したとのメールを受け、仕事帰り(今日は休出でした)にショップに立ち寄りました。こういう知らせがあると休出の疲れも吹き飛んでくれます(苦笑)  今回の1000系。見ての通りかつての101系通勤電車の払い下げ車ですが塗装が変わったとはいえ、その面影は強く感じられます。  ローカル…

続きを読むread more

年末の大量入線その一

 アクシデントの方はやや落ち着きつつあります。今日は久しぶりに模型関係の話を。  クリスマスも過ぎて年末の多忙ぶりは相変らずですが、月末のこのタイミングで各メーカーも新製品を大量にリリースしています。私の場合、予約品はもとより中には以前延期になっていた製品もあったりするので量的に多くなっているようです。  今回紹介するの…

続きを読むread more

えちぜん鉄道Mc6001&6101

 先日鉄道コレクションで発売されたえちぜん鉄道のMc6001のセットを入線させました。  これまでの鉄道コレクションに出ていた車輌群はベースとなる車輌が70年代以前の物が多く今回の様な比較的新しく見える型の車輌のリリースは珍しかったのですが、この型なら最近の設定のレイアウトでもそこそこ様になり、ややカラフルな車体色と相まってレイア…

続きを読むread more

番外編・鉄コレの「着せ替え」

 鉄コレの車両は当レイアウトでも大活躍中ですが、このシリーズの特徴として譲渡先の地方私鉄によって同じ車両の色違いがいくつか存在することが挙げられます。  私が鉄コレを購入する際は大抵の場合はセット購入なのですが、大抵の場合、数両の余りが出ます。これらの車両を捨てたり売ったりするのも気が引ける気がしてつい取って置いてしまいます。 …

続きを読むread more

鉄道コレクション第7弾

 私にとって地方私鉄のマイブームを引き起こし、レイアウトの性格までも微妙に変えてしまっている鉄道コレクションも第7弾が先日リリースされました。  今回は20m級の元西武車と元南海車が中心のラインナップです。  と言う訳で早速意気込んで入線させたのですが・・・  このシリーズは以前にも阪神車などの20m車を出していましたが、…

続きを読むread more

またまた東急7000

 この間の購入以来、なぜか東急7000にばかり構っています。  今週初めの段階で動力化と2連化を試しましたが、折角4両あるからには4連も一応試してみたくなりトレーラー化のキットとパンタグラフを購入して中間車2両もNゲージの模型として使えるようにしてみました。  とはいえ入手できるパーツを利用する訳なので実車とは異なる部分も多いの…

続きを読むread more

東急7000併用軌道を行く

 先日購入した東急7000ですが、地方私鉄風2連でとりあえず走らせてみる事とし動力化を試行してみました。  但しこの7000、調べてみると普通の鉄コレと少々異なる構造なので注意が必要でした。  先ず肝心の動力ユニットですが、18M級との事で周囲の模型屋にも在庫が無く一時はここで躓く所だったのですが第3弾を動力化した時に間違っ…

続きを読むread more

鉄コレ・東急7000系

 連休前の平日休(これがあるがゆえに連休中が出勤なのですが)を利用して渋谷の東急百貨店へ行って来ました。  お目当ては限定販売との「鉄道コレクション・東急7000」です。  田舎を早朝に出発した甲斐あってどうにか2セット4両を入手しました(先頭車と中間車の2両セットなので最低2セット買わないと編成として成立しない)  銀色…

続きを読むread more

就寝前の「南海ズームカー」

 新年度に入り何かと忙しくなると寝る前のひとときにレイアウトで短編成の列車をのんびり走らせるのがほっとする息抜きになります。  尤も肝心のレイアウトの製作が停滞しやすくもなるのですが。  最近のお気に入りは鉄コレ第3弾の「南海ズームカー」でしょうか。小レイアウトで走らせる2連電車の中であまり新し過ぎず、それでいて「旅行に使う…

続きを読むread more

新私鉄「白子電鉄」登場?

 ここ2・3年トミーテックの鉄道コレクションの車輌の増備が進んでいます。  このシリーズも最初の数が少ないうちは余りもののケースなどに車輌を収納していたのですが、第3弾を揃える辺りからは専用のケースを購入して何両かごとに収納する事が多くなってきました。  殊に最近は車輌が大型化するにつれてケース一つに1セットが収まりきらなくなる…

続きを読むread more

岐阜の電車たち

 かつて自分にとって一番なじみのあった「路面電車」とは岐阜の名鉄でした。  以前、家族が住んでいた事があった関係から数年前までは年に何度か岐阜に行く機会がありました。  当時は鉄道趣味自体が中断中でしたが、自分の出身地には路面電車がなかった事もありそれらの電車はかなり注意を引きました。  往復の道では美濃町線のモ600と並走し…

続きを読むread more

銚子電鉄デハ301と501

 鉄コレ第1弾でも話題だったらしい銚子電鉄のデハ301と501の新塗装セットです。  店頭で実物を手に取るまでは余り関心を持たなかったのですが、クラシカルな車輌にレトロ調の塗装の取り合わせが何かユニークに感じられました。  これなら最近の当レイアウトの傾向である「観光地に似合う車輌」の雰囲気を演出できるのではと思い急遽入線させた…

続きを読むread more

鉄コレの新潟交通

 先週今年最初の新車としてヤマサちくわ号が入線したばかりですが、1週間と置かずに鉄コレ第6弾を購入してしまいました。  今回のラインアップで欲しかった車輌としてはヤマサちくわ号との繋がりで豊橋鉄道のモ1751+ク2751の2連がまず浮かぶのですが、それは後の楽しみに取っておいて今回は単行で使える新潟交通のモハ11を動力化しました。…

続きを読むread more

東の富士急・西の琴電2

 鉄コレ地方私鉄のもう一方の雄(?)富士急行の電車群です。富士急はバスコレの方でも何種類かラインナップされていますが電車とは時代がかみ合わないのが微妙な所でしょうか。  琴電と異なり併用軌道で使うにはやや大きい車輌が多く、年越し運転の時などに4連化して走らせる事が多いです。  そのせいもあって活躍の機会は琴電に比べると少な目とい…

続きを読むread more

東の富士急・西の琴電1

   トミーテックの鉄道コレクションは小型車や短編成で済む車輌が多くモジュール単位でのレイアウト運転で重宝する事から、当レイアウトでもかなりの数が入線しています(死蔵状態の物も多いのですが)  そんな中で車種が増えているのが高松琴平電鉄と富士急行の車輌でこの2社に関しては鉄コレのラインナップ単独で専用のレイアウトが組めそうな感じです…

続きを読むread more

鉄道コレクション第5弾

 今回から20m級車もラインナップされるようになった第5弾です。個人的にはトロリー線にも似合う12~15m級主体の第1弾や第2弾が好みなのですが、今回のもこれはこれでいい感じはします。  阪神3301と、それをベースにした琴電・えちぜん鉄道仕様の車輌は20m級でありながら単行も可能な両運転台なので小レイアウトでもキハ20のような使…

続きを読むread more

登山電車とゆけむり号

久しぶりに休みが取れたのでレイアウトの小加工(といっても木を一本植えただけですが) 「よ市」のある商店街に隣接する住宅地です。 トロリーの併用軌道はここを境に専用軌道へ移行します。 このレイアウトは線路こそベース上に固定してありますが各シーナリィはベースから取り外して個々に加工できるように設定しています。 今回の様にちょっと…

続きを読むread more