"ストラクチャー"の記事一覧

シバサキ模型の機関区パーツのはなし

 先日紹介したシバザキ模型の給水塔の話の続きです。  給水塔の入っていた箱は製品オリジナルの物ではない小さな段ボールでした。  給水塔を最初に出した時には気付きませんでしたが、先日箱をひっくり返した時にまだ下に何か入っているのを見つけました。  その中に先日見つけそこなっていた給水スポートが入っていたのは見つけものでした。 …

続きを読むread more

給水塔ネタ・おかわり(笑)

 秋葉で見つけた機関区アイテムその4です。  実は今回買った4つのアイテムの中で一番最初に使えそうなのがこれだったりします。  前述した機関庫同様にしなのマイクロから出ていた「給水塔(またです)」  これだけ給水塔ばかり買っていたら鉄コレならぬ「給水塔コレクション」が始められそうな気もしますが(笑)  前述の機関庫は大絶…

続きを読むread more

しなのマイクロの機関庫

 秋葉で見つけた機関区アイテムその3.  ある意味これこそ本命中の本命です。これがなければ他の三つも買わなかったのではないでしょうか。  煉瓦造りの機関庫と言うアイテムは古くはPECOのプラキットに始まり、最近ではジオコレの3線式のかなり堂々とした物も出るようになりました。  (木造の物も入れればさくら工房やKATO、ジオコレ…

続きを読むread more

シバザキ模型の給水塔

 秋葉で見つけた機関区パーツその2です。  シバザキ模型製の給水塔。  これもなかなか見ないアイテムですし私自身「鉄道模型考古学」の写真でしか知らなかった物です。  最近はKATOやジオコレからも給水塔のモデルが次々にリリースされ「給水塔を形態別に複数のアイテムから選べる」というちょっと前からは信じられない状況です。  …

続きを読むread more

グリーンマックスの「ヤード照明塔」

 先日の秋葉行きで一番の収穫がこれでした。  某中古ショップで見つけたストラクチャーの委託販売品。  今では知る人も少ないストラクチャーが「機関区ひとつ分」入手できました。  この間のジャンク玉手箱といい、今年の東京は一味違うようです。  何れも奥なんかでたまに出物があるととんでもない値付けになる物ばかりだっただけに有難い出…

続きを読むread more

ジオコレの交差点の建物・その3

 ジオコレの交差点の建物から  3つ目のバリエーションは1階にコンビニを内蔵した3階建ての雑居ビル風です。  これも「どこにでもありそう」感が強い外見でどんな町並みにも似合う感じがします。  (私などはこれを見て思わず新宿西口の「ホビーランド●ち」の入ったビルを連想してしまいましたw)  さてこのビルの特徴は1回右端の部…

続きを読むread more

ジオコレの「交差点の建物」から・2

 先日紹介した「交差点の建物」ですがあと2タイプのバリエーションが存在します。  今回取り上げるのはそのひとつ。  ラウンドした壁面形状が特徴的な商社風ビルです。  こちらはごく普通のどこででも見る構造の4階建てビルですが中層階を追加する事で7階、10階建にする事も可能です。  窓ガラスがはめ込み式でないので付属の塩ビ板…

続きを読むread more

ジオコレの「交差点の建物」から・1

 先日リリースのジオコレの新アイテムから  「交差点の建物」という名の「角地用のビル」3タイプです。  最近は路面電車の充実やバスコレの自走システムの登場なんかで駅前に拘らない町並み創生のニーズが増えていますがそうした用途に特に良く対応した物と言えます。  今回出たのは煉瓦造りのクラシックなタイプ、ややラウンドした商社…

続きを読むread more

ジオコレの「倉庫」から

 先日入手したストラクチャーから。  物はジオコレの「倉庫」です。  今回リリースされた物には機関庫を改修した煉瓦造りの物もありましたが私が買ったのはごく近代的なスレートタイプの物です。  ジオコレの凄い所は「どこででも見かけるのに意外とモデルになっていない」アイテムの発掘に長けている点ですが、この製品もその例に漏れません。 …

続きを読むread more

懐かしの「ファーラーの商業ビル」

 先日運転会の帰りに入手したアイテムです・・・といっても買ったのは新宿ですが(笑)  某中古ショップにあったファーラーの商業ビル2棟。  70年代からのNゲージャーなら見覚えのある建物と思います。  これも当時のNゲージレイアウトで使われる確率の高かった建物で輸入品ながら結構普及していたアイテムと記憶しています。  …

続きを読むread more

「昭和のドライブイン」など

 こちらも久しぶりに購入したストラクチャーキット(但しリリースはもっと前です)から。  ジオコレの「自動販売機・昭和のドライブイン」  実は最近CSで「トラック野郎」シリーズの一挙放送をやっていまして、チャンネルを合わせるとかなりの確率でシリーズのどれかに当たるという状態が続いています。  このシリーズは1974年から1979…

続きを読むread more

ジャンク袋の「小さなホーム」

  先日のハード●フの入手品から  108円のジャンク袋で見つけた「小さなホーム」  サイズ的にNスケールに合致していますがやや大雑把な作りです。  とはいえ、近代的な雰囲気は例えば鉄コレ17弾の軽快電車辺りと組み合わせると良い雰囲気が出そうな気もします。  このホーム、裏の刻印に「TOMY」とある事とサイズ、そしてこの…

続きを読むread more

ジオコレの「土産物屋」におもいだす

 先月の「増税前買い込み(?)」モデルから  ジオコレの「土産物屋」2タイプです。  このモデルは3年くらい前から充実著しい「温泉街シリーズ」の一環らしいです。  このシリーズも旅館が4軒、日帰り温泉に加え、今回の店舗や遊行場までも揃い中々本格的になってきました。  とはいえ、私の場合レイアウトに温泉街を作るつもりが無か…

続きを読むread more

ジオコレの「スーパー銭湯」に想像する(笑)

 今月のジオコレから。と言ってもリリースは先月なのですが    温泉街シリーズの「日帰り温泉」こと「スーパー銭湯」です。  この前の図書館やスーパーマーケット辺りから建物コレクションのシリーズもかなり隙間狙いみたいなラインナップになってきましたがこれもかなり珍しいアイテムと思います。  少なくともストラクチャーがTOMIXとGM…

続きを読むread more

HOスケールの駅舎から

 今回はHOスケールのはなしです。  先日の秋葉行きで入手できたアイテムのひとつです。  先日来HO(16番)スケールのホームが充実してきていますが(笑)何と駅本屋を入手できました。  とはいえ、見ての通り欧州製キットの組み立て品ですが。  建物自体はコンパクトですし日本の駅舎の様な構造でもないのですがそれでもホーム側の…

続きを読むread more

ジオコレの「図書館」

 久しぶりの建物、それも新製品ネタです。  ものはジオコレの「図書館・公民館」  こんな物まで製品化されるのだからこのシリーズは凄い(笑)  公民館自体はジオタウンで一度出た事がありますがジオコレの方は近代的なデザインの2階建てという想定で違いをつけています。  製品名は「図書館・公民館」とはなっていますが最近は田舎や郊…

続きを読むread more

今夏も帰省してきました・5・関水金属の「店舗ビル」

 帰省の折に取り戻してきた店舗二棟のはなしから。  KATO(当時は関水金属の方が通りが良かった)初の一般建造物のモデルです。  当時のカタログに掲載されていた文章を思い出しながら書くと 「レイアウト上の建物は一つでも種類の多いのが望ましく、特殊な場合を除いて同じ建物があちらこちらに目につくのは、どうしても興ざめするも…

続きを読むread more

ミニSLレイアウト・信号所を追加する

 ミニSLレイアウトの製作。  今回は信号所の追加です。  信号所は最初は省略してもいいかなとも思っていたのですが、前回触れた複雑な運行パターンが混在する線区である事を考えるとどうしても欲しくなります。  ただ、市販品を見まわしていて思ったのですがKATO、TOMIX、GMと3つのブランドで製品化されている信号所のどれもがこの…

続きを読むread more

今月のストラクチャーキット・「TamTam岐阜店」

 先日に引き続き秋葉の購入品から。今回は建造物です。  最近はみにちゅあーとでジブリの劇場版系アニメの建造物がキット化されていてホビーショップでも異彩を放っていますね。  レイアウトに使えそうな一部は私も購入しているのですが用地の問題から現時点で「積みプラ状態」なのが心苦しいところです。  この間故郷のショップを除いた時で…

続きを読むread more

ジオコレの電波塔・その2・携帯電話アンテナ

 ジオコレの電波塔、Bタイプです。  現代的に携帯電話の中継塔をモデル化していますが、前回のマイクロ波中継塔とは本体は同一です。付属のアンテナや足場の差異で区別をつける形になります。  こちらのアンテナも又、現代の風景に無くてはならないものとなっているだけに製品化は有難いですね。  何しろ昭和の住宅ばかりの住宅街の真ん中で…

続きを読むread more

ジオコレの電波塔・その1

 今回のジオコレは「電波塔」2タイプです。  正直、ツボを突かれたアイテムで飛びついてしまいました。  高圧鉄塔でもそうですが、特撮世代にとってはこの手の鉄塔には心を揺さぶられる何かがあるのかもしれません(笑)  さて、先行して作ったのはマイクロ波中継塔タイプです。  放送局をはじめ電話局とか庁舎の屋上、あるいはマイ…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型58号・給炭台のはなし

 週刊SLの第58号。  今回は給炭台。ジオコレ通常品のそれよりやや小ぶりに詰めてあります。  レイアウトのサイズを思えばこれ位が適当でしょう。  形態はやや線が太めですがオールコンクリート製の給炭台はKATOのそれとは違った形態で選択の愉しみもあります。 (とはいえ個人的な印象ですが、国鉄型の大型蒸気の機関区に使うなら…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型第54号・ジオコレの給水塔

 週刊SL鉄道模型も54号。  今号辺りから機関区周辺の建造物が続きます。  今回のアイテムは給水塔です。  以前通常品で出たときには手を出さなかったアイテムでしたが今回の品を手にとって見てその作りの細かさに驚かされました。  以前に機関区風のセクションを造ったときにKATOの給水塔を使った事があるのですが、今回…

続きを読むread more

ジオコレ「高圧鉄塔」の不覚(汗)

 今の住まいの前、独身時代に私の住んでいたところは家に隣接して変電所がありました。  そのため、周囲の送電線が集中しておりそれに伴い鉄塔の数も半端ない状態でした。  一言で言って「鉄塔銀座」です。  この写真の鉄塔ペアの根元のあたりが私のかつての住まいだったところです。今にして思えば凄いロケーションのところに住んでいた…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型のミニSLレイアウト、機関庫を寸詰めする

 週刊SL鉄道模型も第54号となりました。  今回のアイテムは機関庫です。  これは既にジオコレで出ている「電車庫」そのままです。  ただ、これはこの雑誌を読み始めた時から気になっていたのですが、元々が電車庫としての建物なのでこのレイアウトで想定している小型機関車中心の構成では大きすぎる(長すぎる)のです。  これくらい…

続きを読むread more

農機具小屋をガレージに(笑)

 今回は以前に購入していたストラクチャーのはなしから。  ジオコレの「農機具小屋」です。  この種の農機具小屋は私の現住地では今でも近所で見かけるものですがこれが単独の建物で、しかも2種類リリースされるとは思いませんでした。  このところ停滞している葉純線レイアウトにはぴったりなアイテムと言えます。  個人的には土壁…

続きを読むread more

今月のストラクチャー・キブリの駅前ビル

 今回は昨年秋に購入以来手付かずだった建物キットの話から。  キブリのビルキットその2です。  近代的な商業ビルと称する3階建てで相変わらずモダンな造形です。  ですがこれまた裏返して見ると一転して見るからに実直そうな3階建ての事務所みたいな建物が(笑)  前作のマンションといい、二つの顔のあるストラクチャーというのは見てい…

続きを読むread more

ジオコレの「建築中の家」

 今回は「週刊SL~」からの拾いものから。  ジオコレでは既に出ているアイテムですが私が入手したのはこれが初めてです。  「建築中の家」  この種のストラクチャーは外国型では比較的種類が出ているのですが日本形としては初めての物です。  実はジオコレでリリースされた時はレイアウト上の土地不足で見送った経緯のあるアイテムでし…

続きを読むread more

フェスの入手品2・学校とドリル(笑)

 さいたまのフェスの入手品から。その二です。  前回と異なり今回のフェアでの買い物は「車両を一両も買わない」という私にとっては前代未聞の買い物となりました。  フェアで並んでいた鉄コレの大半が先月の富士急まつりと同じものだったことも大きいのですが中古であっても編成物を買うような体力がそろそろ尽き掛けているのも大きい気がします。 …

続きを読むread more

キブリのマンションを作ってみる・5・並べてみる

 キブリのマンション改修工事。  「両方がA面」というこのストラクチャーのメリットとして「2面づつ作った2軒のビルを並べられる」というのがあります。    今回は最初の塗装の段階で異国風なところを薄めてはいるのですが、実際はどうかと思ってジオコレやGMのビルと組み合わせて並べてみました。  その結果、違和感がないばかりか、国内メ…

続きを読むread more

キブリのマンションを作ってみる・4・ベランダ

 キブリのマンション製作その4です。  今回の工作ではベランダ部分をキットのそれよりもワイドなタイプに作り変える事にしました。  実際に街中を見てみると殆どのマンションがかなり幅広なタイプのベランダを付けています。言い換えるなら日本風のマンションには幅広なベランダが必須ともいえます。  但しそうは言ってもベランダの形態…

続きを読むread more

キブリのマンションに挑戦する3・「B面」

 今回はキブリのマンションビル製作記のその3です。   このキブリのマンションですが、裏面はどうなっているかと言うと、    こうなっています。  まるで銀座のSONYビルを思わせるアバンギャルドな商業ビルが出現します。  昔のレイアウト記事でキブリのマンションを見た時は「リバーシブル構造」の事なんか知りませんでした…

続きを読むread more

キブリのマンションを作ってみる・2

 今日は帰省の土産話でもするつもりでしたが、まだ話題が整理し切れていません。  そんな訳で今回は土曜日に引き続いてキブリのマンション工作記の続きを。  このキットは形態は前述のとおりなかなか良いのですがあちこちに異国的なところが目立つので素組みの状態でジオコレやジオタウンと並べると異和感が出まくり状態になります。  真…

続きを読むread more

キブリのマンションを作ってみる・1

 このあいだのビルの出来が良かったので先日、奥でキブリのキットを入手してしまいました。  物は先日のブログでもふれた9階建てのマンションです。  このキット、関水金属の76年度版カタログにも掲載されていたやつ(当時のKATOカタログは巻末に輸入キットのラインナップも載せていた)で80年代前半位まで都会風のNゲージレイアウトでちょ…

続きを読むread more

鉄道模型用のビルに思うこと2 キブリのビルキット

 先日のブログで書いた「鉄道模型のビル」の話の続きです。  鉄道模型の建物メーカーで名前だけは知っていたけれど製品に触れたことが無いというのに「Kibri(キブリ)」というのがあります。  今では建物よりも建機関係のミニカーで有名になっているところですが、ここのビル類には私をそそらせてくれるものがいくつかあります。  …

続きを読むread more

ジオコレの消防小屋

 今回は「週刊SL~」のかなり前の号に付属していた消防小屋(と言うか車庫)のはなしです。  構造は以前の木材詰所と物置とほぼ同じですが大きさは一回り大きくなっており、前面に開閉可能な扉が付いている所が異なります。 GMの火の見やぐら付属の小屋は扉が閉まりっぱなしでしたからこれだけでも大いに有難いですね。  作例ではいす…

続きを読むread more

ジオコレ「駅前商店」

 先日の特撮博物館の見学の折にはメトロの清澄白河の駅から美術館まで江東区の商店街を通ってきました。  江東区と言うと映画の「日本沈没」の東京大震災のシーンで火責め水責めで全滅したシーンを観ていたのがトラウマになり災害時にはとても物騒な所と言うイメージが先行していたのですが実際歩いてみると昭和と平成が混在した様な懐かしさと活気を感じ…

続きを読むread more

ジオコレの「仮乗降場」

 久しぶりに購入のジオコレ。  北海道シリーズ(?)のひとつ仮停車場です。  前に「週刊SL~」の記事でも書きましたが、あのレイアウトに使うホームならこちらのほうが似合うと思いましたのでリリースを心待ちにしておりました。  「ジオコレのホーム」というくくりで見るとパーツが多く、このシリーズとしてはイージーさは少ない印象です…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型15号から

今回は久しぶりに「週刊SL鉄道模型」の話から  以前も触れましたが週刊SLのレイアウトは手持ちの鉄博風モジュールの上屋に差し替える形で組み込む事を考えており、それに伴ってベースを30㎝延長する計画でいます。  延長部分をどうするかは現在も検討事項のひとつなのですが貨物の専用線を想定している性格上、側線を追加するかエンドレス…

続きを読むread more

給炭塔とクレーン

 今回は機関区風セクションの改修の目玉となる施設から。  ファーラーの給炭用大型クレーンのキット。実はこのセクションを作った直後に購入して今日まで寝かせていた積みプラのひとつだったりします。  見ての通りかなりの大きさですが昔の機関区ではラウンドハウスよりもこちらの方がランドマークとしては目立っていました。  大型の給…

続きを読むread more