"ストラクチャー"の記事一覧

ジオコレ「駅前商店」

 先日の特撮博物館の見学の折にはメトロの清澄白河の駅から美術館まで江東区の商店街を通ってきました。  江東区と言うと映画の「日本沈没」の東京大震災のシーンで火責め水責めで全滅したシーンを観ていたのがトラウマになり災害時にはとても物騒な所と言うイメージが先行していたのですが実際歩いてみると昭和と平成が混在した様な懐かしさと活気を感じ…

続きを読むread more

ジオコレの「仮乗降場」

 久しぶりに購入のジオコレ。  北海道シリーズ(?)のひとつ仮停車場です。  前に「週刊SL~」の記事でも書きましたが、あのレイアウトに使うホームならこちらのほうが似合うと思いましたのでリリースを心待ちにしておりました。  「ジオコレのホーム」というくくりで見るとパーツが多く、このシリーズとしてはイージーさは少ない印象です…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型15号から

今回は久しぶりに「週刊SL鉄道模型」の話から  以前も触れましたが週刊SLのレイアウトは手持ちの鉄博風モジュールの上屋に差し替える形で組み込む事を考えており、それに伴ってベースを30㎝延長する計画でいます。  延長部分をどうするかは現在も検討事項のひとつなのですが貨物の専用線を想定している性格上、側線を追加するかエンドレス…

続きを読むread more

給炭塔とクレーン

 今回は機関区風セクションの改修の目玉となる施設から。  ファーラーの給炭用大型クレーンのキット。実はこのセクションを作った直後に購入して今日まで寝かせていた積みプラのひとつだったりします。  見ての通りかなりの大きさですが昔の機関区ではラウンドハウスよりもこちらの方がランドマークとしては目立っていました。  大型の給…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型第11号+入門書のレイアウトに思うこと

 週刊SL鉄道模型第11号。  今回の付録は「里山運送ビル」街コレ第3弾の日通ビルの色がえですが配色の妙と言いますか別の建物に見えるのは大したものです。  こちらはレイアウトに組み込むので一応組み立ててみました。  次号以降のビル群は組みこまない方針ですので未組み立てのまま、メインのレイアウトの繁華街にでも組み込もうか…

続きを読むread more

ジオコレの商店群(笑)

 今回はストラクチャーのはなしから  ジオコレの新製品、商店6種。  これまでにもジオコレや街コレで商店はかなりの種類が出ていますが今回さらに追加された訳です。  今回の特徴はこれまで手薄だった「横長の店舗」で構成されている事。看板建築様のファザードの有無で見た目の変化を付けている事です。  ですので業種によって6種…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型9号+貨物ホーム用クレーンを作ってみる

 今週の付録は無蓋車です。これで予定されていた車両類はすべて出た事になります。  さて週刊SL~の付録に以前付いてきていた貨物ホームですがそのままでもあまり面白くないのでアクセサリを追加してみる事にしました。  アイテムとしてはかねて目を付けていた木製クレーンの追加が主な物です。  このクレーンですが昔「レ…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型・火の見やぐら

 週刊SL鉄道模型の第8号。  今回の付属品は「火の見やぐら」です。  実はこのアイテムはジオコレで出た時には手を出さなかったアイテムでした。  というのも、既にモジュール上でGMのそれを組み込んでいたからで同じ題材のモデルを二つ揃えるのもどうかと思っていたからです。    ですが火の見やぐらは実際には「町単位で存…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型第5・6号

 週刊SL鉄道模型の第6号。先週の5号も入手していますがあまり話題もなかったので今回まとめて。  5号の付録は直線レール。  レールはS70で茶色の道床ですが断面は今の通常品の灰色となっています。  第一弾、第二弾ではあったらしいバラストが今回は付かないそうなので道床自体を塗装して雰囲気を合わせたという印象です。  …

続きを読むread more

ターミナル駅舎の製作・9・リバーシブルとコンコース

 ターミナル駅舎の工作・これまで書き落としていた事を。  実はこの駅舎にはもう二つ試してみた事があります。  ひとつは上屋のリバーシブル化。  上屋は表面と裏面で雰囲気を変えてみました。裏面はホテル風の窓の多い構造を表現した物ですが表以上のやっつけ仕事で中途半端な印象が強く応募写真には使いませんでした。  ですのでこの写…

続きを読むread more

ターミナル駅舎の製作8・屋外撮影の「残念」

 ターミナル駅舎の製作・今回は撮影のはなしです。  今回も応募の締め切り直前の撮影と言う状況になりました。  毎度の事ですが自分では余裕を持ってやったつもりでも最後の方は押せ押せになってしまいます。  今回も屋外撮影をやってみたのですがこれまでのレイアウトコンペなどでは冬から春先の気候の安定しているタイミン…

続きを読むread more

ターミナル駅舎の製作7・駅前広場の整備2

 ターミナル駅舎の工作の続きです。  トラムのステーションの線路部分はバラストを敷き詰めます。  ここでは工程の簡略化とメンテナンス性を考え、これまで試していなかった方法を使いました。元々はポイントのマシン部にバラストを撒く方法としてどこかで取り上げられていたものです。  市販の両面テープを散布部に貼り付け上からバラストを…

続きを読むread more

昨年のプロジェクト(汗)8・ターミナル駅舎の製作6・駅前広場の整備

 前回の続きですが先日私がRMの200号を二冊買ったのにはもう一つ訳がありまして、私の所属しているSNSとRMのコラボ企画「駅舎」で私が昨年夏に出品していた「光山駅西口」が掲載されたと言う事情があります。  これまで完成状態の発表は本誌の掲載にてと言う事でしたのでSNS、当ブログでもこれまで進行状況の掲載を差し控えていたのです…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型第3号

 「週刊SL鉄道模型」第3号。  我ながら往生際が悪いと言いますか、また買ってしまいました。  これで迷いに迷いつつ49号まで行ってしまったら単なる「優柔不断なあほ」となってしまう気もします(大汗)  今号のパーツは貨物駅のホーム。  ジオコレのそれそのまんまの製品ですがまだこの辺りなら「改造のベースとして使う」と言う言…

続きを読むread more

ジオコレの「八曲警察署」

 今回はトミーテックの「八曲警察署」です。  Nでは警察署と言うのは出ていませんが、TOMIXの詰所のステッカーに警察署のそれがある様に少し大型の詰め所などの転用や改造などでもどうにかなりそうな性質の建物と思います。  が、専用に「警察署」と名乗る建物を奢っただけあって、他の建物にない「警察署っぽさ」は出ていると思います。 …

続きを読むread more

「ALWAYS 3丁目の夕日64」 情景フィギュア64

 レイアウトの3D撮影のはなしは今回はお休みさせて頂き、今日はつい先程入手した建物キットのはなしをしたいと思います(汗)  近所のショップに入荷した「ALWAYS 3丁目の夕日64」 情景フィギュア64。  建前上は建物のスケールが150分の1今回追加された、ミニカーが80分の1でリリースされています。  前回のシリー…

続きを読むread more

建物コレクション・酒蔵

 今年最後(とこのところ何回書いている事か)のビッグアイテム、ジオコレの酒蔵です。  ジオコレノ大物シリーズも神社に始まり寺院、温泉街、漁港、コンビナートと来ましたが、今回の酒蔵も個人的には嬉しいアイテムでありました。  と言うのもこの種の建物は私の故郷を中心にあちこちで見かけたもので落ち着いた町並み、町屋を演出する上で案外…

続きを読むread more

3ヶ月ぶりの秋葉原4・Zゲージヴィネット「鉄道ファン」のはなし

 この間の秋葉原行きで見つけた食玩アイテム。  「鉄道ファン」とかいうZゲージサイズのセクションです。  これはZゲージファンの間では以前から知られていたアイテムらしいですが、先年天賞堂がZの蒸気をリリースしだしたので再び注目されている様です。  私が入手したのは「給炭台」と「連絡船」と呼ばれるものでいずれも同スケールの9…

続きを読むread more

アオシマの立体駐車場

 リリースは少し前なのですが帰省やら新盆やら行事やらといろいろ重なっていたために予約していたショップに中々取りに行けず、先日やっと入手しました。  アオシマの「建築ロマン堂・立体駐車場」  アイボリーとブルーがあったのですが、今回入手したのはブルーのほうです。このシリーズも第一弾の団地が出てからだいぶ間が空き「ひょっとしたらこれ…

続きを読むread more

ジオコレのガスタンク(ガスホルダー)

 ターミナル駅舎の製作もろくに進まない中なのについ手が出てしまいました(大汗)  ジオコレのコンビナートシリーズは温泉街に続き久々の大物の建物セットですが、当レイアウトでは工場街を作る予定がないことから見送るつもりでした。  ただ、ガスタンク(ガスホルダー)だけは意外と街中や駅のはずれで見かける事の多い施設でもあり、これだけ…

続きを読むread more

今年のプロジェクト・7・ターミナル駅舎の製作・5

 今回のターミナル駅舎で念頭においていた事柄としてTMSの76年9月号のヘルマンザイレ氏による「駅前広場」の記事がありました。  ここでは西独逸の地方都市の駅前広場とその周辺部をモデル化したものでしたが、限られたスペースを効率的に使い実にリアルな駅前風景を再現している所に非常に大きなインパクトを感じたものです。  その記事の…

続きを読むread more

今年のプロジェクト6・ターミナル駅の製作・4

 だいぶ間が開きましたが、ターミナル駅舎の製作、今回も上屋の続きです。  問題は上屋の壁面をどう処理するかですがプラダンそのままではあまりに味気ないので他から壁面パーツをあてがう事を考えていましたが何分ピンと来るものがないのが難です。  結局、壁面パーツ(?)は同系色のクラフト紙を使うことにしました。実に安直ですがプレーンな…

続きを読むread more

今年のプロジェクト5・ターミナル駅舎の製作3

 とびとびになりましたが、ターミナル駅舎の製作・3回目です。  先述の通り建物の主要部はKATOとTOMIXの混成軍ですがアクセントとしてもうひとつ活用を考えていたのがフォルマーのHO用ターミナル駅のパーツでした。  こちらも3年ほど前に中古を天賞堂のエバグリで入手していた物ですが欧州らしく主なパーツが塗装済みで大理石風の壁…

続きを読むread more

今年のプロジェクト・4・ターミナル駅舎の製作・2

 今回はターミナル駅の製作の続きです。  TOMIX・KATOの高架駅を下屋に使う駅舎ですが上屋はオリジナルで製作する方向です。  今回の駅舎はターミナル駅を想定しているので単なる高架駅では迫力不足と感じていましたし、メーカーの異なるKATOもTOMIXもこと高架駅では良く似た外見になってしまっているので個性に乏しい印象でし…

続きを読むread more

今年のプロジェクト・3・ターミナル駅舎の製作・1

 ターミナル駅舎の製作、3回目です。  KATO・TOMIXの混成軍となった下屋の建物ですが、ただ並べただけでは外見の差異が激しいのと、既製品そのままだとどうしてもほかと同じ感じになってしまう事がいやだったので外壁部分にTOMIXの高架駅の外壁パーツを切り継いで貼り付け、統一感を与えました。  これは以前から何度となくお世話…

続きを読むread more

今年のプロジェクト・2・ターミナル駅舎のプランニング2

 ターミナル駅舎のプランニング、その2です。  ベースとなる下層階はTOMIXの高架駅の駅部分ひとつ、店舗部分二つ、KATOの高架駅の駅舎部分ひとつの組み合わせ。新品で買うと結構な値段ですが2年ほど前に中古を購入しており安い物で300円前後と意外にコストは掛かりませんでした。  余談ですが、TOMIXの高架駅は発表からかな…

続きを読むread more

今年のプロジェクト・1・ターミナル駅舎のプランニング(笑)

 先日のブログで紹介したプロジェクト(笑)今回から少しづつ書いてゆきたいと思います。  まずはそのコンセプトから。  これまで色々なレイアウト・セクション・モジュールを作ってきましたが、それらは全てが架空都市である「光山市」の一部、又はその周辺区域のモデル化でした。  ですがそれらの中心となるべきターミナルとしての「光山駅…

続きを読むread more

「昭和情景博物館」の街角の床屋

 前回、食玩の路面電車の動力化の話を書きましたが、昨日地元の中古ショップを覗いてみた所、例の「昭和情景博物館」がまだ残っているのを見つけました。  車両が都電と江ノ電ばかりだったので改めて追加購入はしなかったのですが、その隣に建物類も若干ありました。  今回手を出してしまったのも建物の方でものは「床屋」です。  実はこの建…

続きを読むread more

GW買い物紀行・6・ジオコレの『学校』

  GWは終わりましたが買い物紀行は続きます。今回は建物の話で。  ジオコレの小学校、以前「昭和の鉄道模型を作る~少年時代」のレイアウトの写真の中でそれらしいものを見ていましたが、おおむねその通りの形でリリースされました。  以前GMのキットで学校が出ていますが今回は「分校」と言う事で大きさで棲み分けを図っている様です。 …

続きを読むread more

銀行のリバーシブル化・2

 4月に入ってから雨らしい雨がなかった事もあるのでしょうがこのところ近所で土手や畑の火事が相次いでいます。  大概がタバコの不始末やごみ焼きの延焼なのですが、夕方になると風が出やすくちょっとした火種でも間単に延焼するので油断なりません。  前回に続いて街コレ銀行の加工(リバーシブル化)です。  銀行は裏面パーツをカットしま…

続きを読むread more

銀行のリバーシブル化・1

 今回はレイアウトの併用軌道のある通りのバージョンアップの続き。  消防署の隣にある銀行の改修です。  とはいえ、元の銀行を全く変える訳ではありません。この建物はこれまで街コレの地方銀行の建物をそのまま使っており、製品そのままとはいえ周囲にうまく溶け込んでいる物でした。  ですからこれを全く違うものに変えてしまうのは気が進みま…

続きを読むread more

建物の小工作から・2

 今日から4月。  あの震災から3週間目ですが、なかなか事態は落ち着かないままのようです。  先程用事で夜の街を走ったのですが、節電の影響は大きく看板類はもとより店頭の灯りもかなり消えていました。  私の住んでいる所は田舎なだけに普段から灯りが少ない所なのですが、今日ばかりは県庁所在地の市内全域がうちの近所になった様な錯角さえ…

続きを読むread more

建物の小工作から

 今回の災害以来、被災地から離れた当地でも計画停電の影響もあってイベントの自粛が相次いでいます。  観光客目当てのお祭りなどはほぼ全滅状態のようですが、中には客もあまりなければ電気を殆ど使わない様な伝統芸能系、それも地域の安全を祈願する性質のものもあったりするのでやや過剰反応気味のところも感じます。  それでも春は近づいて来ては…

続きを読むread more

みにちゅあーと初挑戦(笑)

 田舎暮らしの悲しさで存在を知っていてもなかなか入手できないアイテムというものがあります。  さんけいのみにちゅあーと等もそのひとつで私の現住地では扱っている店を見つけられません。幸い故郷のショップには扱いがありますし上京の折に入手する事もあるのですが、それでも予め欲しいと思っていた物を入手するには難しいです。  今回初めて…

続きを読むread more

ジオコレの温泉宿・2

 (前回より続く)  木造3階建てのCタイプの旅館は余り最近の建造物ではないので比較的歴史のある温泉街に似合う建物と思います。  尤も、上層階をカットして2階建て位にすれば駅前旅館には好適な感じにもなりそうです。  こちらも窓周りの賑やかさが目を引きますが、背後に庭園等が配置されれば落ち着くのではないでしょうか。 …

続きを読むread more

ジオコレの温泉宿

 先日、父の葬儀を済ませて故郷から帰る折、ジオコレの温泉宿が出ているのに気づきました。  やや落ち込みがちな精神状態でしたが、こういうキットには和まされます。その意味では私にとってはいいタイミングのリリースでした。  帰宅後、早速行きつけのショップへ予約分を取ってきました。    今回は温泉宿といっても異なる3タイプ…

続きを読むread more

ジオコレのマンション

 ジオコレの「昭和のビル」のひとつのマンションタイプです。  文字通り昭和40年代後半位から見かけるようになったタイプの狭小地用のペンシルタイプの奴です。  中間階は継ぎ足したりカットする事で高さを変えられる構造ですがあまり高すぎると却って不自然な印象になりそうです。敷地がこのままなら精々ニ階程度の継ぎ足しにとどめるのが無難な気…

続きを読むread more

ジオコレの木造病院・2・合体させてみました。

 前回取り上げたジオコレの木造病院ですが鉄筋建ての病院と組み合わせる事はできないかと考えました。  この場合重宝するのは「渡り廊下」という魔法のパーツです(笑)  写真のように「新館と旧館」という設定で二つを繋ぐ事は可能です(但し、防災上の問題からこの種の木造病棟は淘汰が進んでいるので現代だと「取り壊し前の旧館」という設定に…

続きを読むread more

ジオコレの木造病院・1

 今回は前回一緒に入手したジオコレの木造作りの病院の話です。  こちらは昭和初期辺りのイメージでまとめられている様ですがまたこれも学校の校舎に使えそうな(渡り廊下のパーツまでありますし)雰囲気です。 (歳がばれますがこれを見て一瞬テレビアニメの「うる星やつら」の舞台である友引高校の校舎を連想しました。時計台などを付ければ案外…

続きを読むread more

ジオコレの病院・2・少しいじってみました

 前回随分文句もたれてしまいましたが、ジオコレの病院を自分なりにより病院っぽく見える様にいじってみたいと思います。  まずそのままではただの箱みたいな建物本体ですが各階ごとに分割できる特徴を生かし3つのベースにそれぞれ3階・5階・1階としました(もっと高くしたいのは山々でしたがあいにく非常階段が3階分しかないための応策でもあり…

続きを読むread more