"車輌・電車"の記事一覧

701系も競合か?に思うこと

 10月4日に鉄コレ第26弾の701系のはなしを書いたばかりだというのにまたまた701系ネタです。  つい先日マイクロの新製品予告を見ていたら「701系盛岡色」がリリースとの事。 4日のこのブログでは鉄コレ701系をベースに盛岡色を作ろうかと書いたばかりですが、まさかここに来て完成品が出て来るとは。  701系自体ここしばら…

続きを読むread more

KATOのE655系「特別車両」

 先日の入線車から  KATOのE655系「和」の基本編成の5両は3、4年ほど前に中古を入線させています。  が、後から出た「特別車両」はこれまでにも何度か機会があったのですが、高貴な方がお乗りになる車両のせいか新車中古ともに結構なお値段で中々手を出せませんでした。  今回出先でこれを見つけたのも何かの縁だろうとか思って、購入…

続きを読むread more

この夏の入線車・GMの101系

先日の入手品から GMのキット組み品の101系4連です。 101系というと私もこれまでに鉄コレとKATOのものを入線させているのですが不思議なことにどれも「101系らしく見えない」印象が強いものでした。 実際に103系と並べれば顔が違うのがわかるのですが、それでも「ぽくないなあ」という感想になってしまうのです。 …

続きを読むread more

あの頃の「アキバエクスプレス」の思い出

 かつて私が「秋葉原に行く」という事は「帰省の途中」である事を同時に指していた時期があります。  中央線沿線の田舎住まいの私にとっては東北新幹線が上野どまりで、千葉や成田行きのあずさが秋葉原に停車していた1990年代などは特にそうでした。  つまりそう言う機会でも捉えないと秋葉などはめったに覗ける場所ではなかったわけです。 …

続きを読むread more

鉄道コレクション第24弾から

 全く今月は散在著しい(涙)  TOMIXとKATOのC11に始まり、TOMIXのDD13まで加わりましたが、とどめに鉄道コレクションの第24弾まで加わったのですからたまりません。  ひと月の間に新車がこれだけ入線したのは当鉄道ではたぶん初めてではないかと。 (尤も、編成単位で新車が増備されるコレクターの方々にとってはお笑い…

続きを読むread more

TOMIXの313系ジャンク品のはなし

 今月の入線車その2です。  こちらはジャンクに近い中古と言ったところでしょうか。  TOMIXの313系5000番台の3連。  安価な理由は外箱なし、動力車のパンタ欠落という所でしょうか。いずれにせよ手当は可能と判断しての入線です。  JR東海の顔のひとつとなっている感のある313系ですが実物は見たり乗ったりしてい…

続きを読むread more

鉄コレの「青い201系」

 先日の入線車から  鉄道コレクションの201系東海道・山陽緩行線7両セットです。  私の感覚からすると201系というと中央線のオレンジ塗装がどうしても先に立ってしまうのですが、Nゲージで201系が初めて製品化された時は各色のモデル(確か当時は存在していなかったウグイス色まであった様な気もしますが・・・)がラインナップされていて…

続きを読むread more

「特急にっぽん」とKATOの151系から

先日CSでフランキー堺主演の「特急にっぽん」という映画が掛かっていてモノクロながら堪能させて頂きました。 本作は新幹線開通前の時代、151系のこだまを舞台にフランキー扮する食堂車のコックが巻きこまれる騒動と恋のさや当てを描くコメディ仕立てのドラマでした。 まだクロ151が現役だった頃の151系の車内から電車区の風景、疾走シー…

続きを読むread more

今月の入線車・しなのマイクロのクモユ141

 今月の中古入線から  しなのマイクロのクモユ141。例によってブラスボディの郵便電車です。  同形のモデルは以前鉄コレのシークレットで似た様な仕様のクモユ143も出ていますが当時はシークレットゆえか中古でもプレミア価格で中々手が出せない物でした。  それが今回は鉄コレの動力並みのお値段で入手できましたから車体とパンタグラ…

続きを読むread more

922形電車のリペアのはなし

 世間では先日JAMが終わり「鉄夏」も一区切りという所でしょうか。  今年も行けなかった(汗)  私の方は実を言いますと今月は帰省やお盆や「諸般の事情」という奴で自宅で殆ど鉄道模型を走らせたりいじったりを殆どやっていませんでした。  流石にこれが第3週にもなってくると少し落ち着かなくなります。  先日の日曜日は久しぶ…

続きを読むread more

今月の入線車から・マイクロの781系「いしかり」

 先日、行きつけの中古ショップで夏のセールをやっておりましてかねて欲しかった車両セット半額になっておりました。  「かねて欲しかった」と書きましたが、実はそう思ったのはこの前のグランシップのイベント以来です。  一階の16番の運転でひときわ私の目を引いた「781系」  これを見るまでは「少し変わった485系みたいな電車」程…

続きを読むread more

ミュンヘンオリンピック電車のはなし

 先日の上京での掘り出し物から。  大昔の話になりますが水野良太郎の「鉄道模型入門」(廣済堂)と言う本の中に「模型車両カタログ」と言う一章がありそこでは洋の東西を問わずに様々なモデルが紹介されていました。  HOが主流と言うご時世を反映して掲載モデルのほぼすべてがHO、16番だったのですがそこに唯一掲載されていたNゲージのモデル…

続きを読むread more

今月のジャンク車マイクロの「922形4両編成」

 今月のジャンクの花園その2  モデルとしてはそこそこレアと思いますが。  マイクロの「922形4連」  0系新幹線の試作車両をベースに救援車に改造したドクターイエローのご先祖みたいな存在です。  試作車らしく中間車の窓割りなんかは後にも先にも例のない「六角形窓の連続」  先頭部には謎の側面表示(これは昔の新幹線の絵本…

続きを読むread more

ジャンクの165系&キハ58系

 今月のジャンク車から、先日紹介した「剥がされた仮面」ばなしとの関連でもあります。  先日久しぶりに覗いた地元の●代で見つけたものです。  KATOの165系6連。  最初期の製品と思われますが動力車込みで1両辺り3桁価格。  こういうのは久しぶりです。  165系自体は既にひと編成持っていたのですが最近の「小目玉」のフェ…

続きを読むread more

485系の引退に思うこと

 昨日のニュースで仙台に残っていた最後の国鉄色485系が引退、解体されるというのが上がっていてつい感慨にふけりました。  東北出身の私にとって新幹線開通以前の485系はまさに「トカイへの架け橋」みたいな存在と言えます。  あの頃は東京どころか仙台、郡山ですら私には大都会でしたが(笑)  あの当時は盛岡~上野までやまびこ…

続きを読むread more

静岡行での戦利品(笑)エンドウの0系新幹線1000番台

 トレインフェスタのはなし・番外編です。  今回のイベントは「トレインフェスタ」であり地元の鉄道会社のグッズ販売やら駅弁大会やら散財の種には事欠かないイベントです。  しかも隣接の東静岡駅前ではドイツビールのイベントもあり、もちろんホビーショーへの客が駅前のバス停で長蛇の列を作っていました。  ですから私もそこらでいくばく…

続きを読むread more

TOMIXクモヤ443セットから

 これまた大分開きましたが、先々月の静岡行きの戦利品から  TOMIXのクモヤ443の2両セット。  これは「限定品」を名乗っている割には意外とあちこちのショップで見かけるモデルです。  地方などでは新品が買える可能性もそれなりにありそうです。  元が既に出ているクモヤ193系の色を塗り替えただけ(ついでにクリーニング機…

続きを読むread more

今月の入線車・185系200番台「国鉄特急色」

 今月の入線車から  久しぶりにオークションで競り落とした口です。  物はラウンドハウスの185系200番台「国鉄特急色」の仕様です。  個人的には185系のデザインはあまり好みではないのですがその印象の大半はそのカラーリングにあったと思います。  特に初期の踊り子仕様の斬新な塗り分けは世間的には大人気だったのですがわたし的…

続きを読むread more

香港TOMIXの583系の「ジャンクの花道」

先ほど秋の運転会初日に参加してきました。  毎度書いていますがショッピングセンターの運転会の夜の部は客が途切れやすいのでメンバーが自分の拘りの車両を展開させることが多い、言わばフリータイムに近い性格を持ちます。  買ったばかりの最新モデルを投入するもよし、自作やキットバッシュで作った編成(これがまた一般客にはわかりにく…

続きを読むread more

KATOと鉄コレのクモハ12・その後

 先日来紹介しているKATOのクモハ12のその後のはなしです。  実は今回のKATOのクモハにはジャンパ栓と胴受のパーツを後から付ける事ができる仕様なのですが、どういう手違いかこのパーツを紛失してしまい、急遽ASSYパーツを取り寄せる羽目になっていました。  今日になってやっとそのASSYが届いたのでようやく取り付けが叶った訳で…

続きを読むread more

KATOと鉄コレ・ふたつのクモハ12

 前回の続きです。  先日も書きましたがKATOのクモハ12の前に鉄コレからも同形式が出ています。  この機会に例によって鉄コレとKATOのクモハの比較をば。  まず、車番で言うなら鉄コレはクモハ12000、KATOのはクモハ12050となっています。  このうちKATOの12050の出自については前回述べましたが鉄…

続きを読むread more

KATOのクモハ12050が入線する

 運転会の撤収ついでに立ち寄り購入したKATOのクモハ12  発売は知っていましたがとっくに売り切れていると思っていたので今回入手できたのは幸いでした。  17M級の小型電車で単行での運用も可能なのは小レイアウトでは助かります。 プロトタイプは戦後に鶴見線での使用を想定しモハ11を両運転台式に改造したものだそうです(これ次回…

続きを読むread more

しなのマイクロのクモヤ90から

 先日の秋葉行きのアイテムでの戦利品から。  今回はマイクロエース(但ししなのマイクロからの引き継ぎ品)のクモヤ90です。  クモヤ90と言うと最近ではKATOからもリリースされていますが、こちらのは同じ形式名とは思えないほど外観が違っています。  KATOの仕様は元々63・73系の改造車だった物であり種車の面影が色濃く出…

続きを読むread more

学研の0系新幹線・その後

 先日紹介した帰省土産の「学研新幹線」  9両も入線させたのに学研オリジナル動力の35形があまりに非力だった為に帰宅後もまともな運転ができていませんでした。  ゴムタイヤも試したのですが如何せん片軸駆動と車体の軽さゆえにほとんど効果なし。  あとは動力自体のコンバートくらいしか思いつけません。  そんな折に知り合いが手持…

続きを読むread more

今月の掘り出し物・学研の0系新幹線

 実を言いますと今回の帰省とそれに伴う「中古モデルツアー(笑)」は望外な掘り出し物に恵まれたものとなりました。  前回「モデル購入を目的化したツアーの不毛さ」について書いたばかりでしたから皮肉な話ではあります。  まず最初に私が驚いたアイテムから。  学研の0系新幹線大窓仕様の9連。これが動力車も含め1両辺り3桁価格でした…

続きを読むread more

しなのマイクロの117系のはなし

 魔が差した…という訳でもないのですが。  事あるごとに「しなのマイクロのイメージダウン製品」として書かれる事の多い117系。  何故か無暗に安いモデルの出物があったので少し考えて購入してしまいました。  上述の悪評の原因の大半は専ら先頭部の造形と車体との接合部の処理の杜撰さから来ていると思います。  事実モデルを手に取…

続きを読むread more

トミーナインスケールのメトロライナーに悩む3・走りが復活!

 先日来紹介していたメトロライナーのレストアから  通電すればモータは回るしギアにも特に問題を認めない所からするとやはり通電の様です。  このモデルはダイカストシャシが一体型でそれに直結する形で両エンド側に集電板が貼られており台車側から伸びだ集電シューの接触で通電しているようです。  ですが同じ集電シューは反対側(つまり台車の…

続きを読むread more

今月の入線車・マイクロの153系新快速色

 今月の中古編成から・その2です。  前述の鉄コレ70系と同じ店にあった奴です。  物はマイクロエースの153系快速カラー仕様。  実はこれとほぼ同じ編成は以前(と言っても30年前ですが)KATOからも出ておりその初期のモデルは私も2年位前に中古編成を入線させています。  ですから本来ならば私が手を出すはずのないモデルなので…

続きを読むread more

鉄コレの70系編成・おかわり(笑)

 今月の中古モデルから。  鉄コレの70系阪和線快速色と中央西線仕様2連8両を入手しました。  買ったのはよく覗きに行く中古ショップですが、ここはちょくちょく鉄コレの動力化車が格安で並ぶところです。  4連が2編成の8両、パンタや車輪、カプラーまで交換されたもので動力車も2両付いていながら5000円。  1両あたり685…

続きを読むread more

GMの大糸線旧国編成

 毎年そうなのですが年度末に当たる3月前後というのは、中古モデルの出物が結構出て来る時期でもあります。いわゆる人気モデルよりもキットメイク品やジャンク品の出物に面白い物が多かったりするのですが。  今回紹介するのは3月に入線させた相鉄6000と同時に入線させた中古電車です。  とはいえモデルとしての出自は全く異なるのですが。 …

続きを読むread more

「走らない電気釜」の競演(爆)

 先日の平日休に引っ張り出した年代物電車の自宅運転会から。  『電気釜』と呼ばれる485系や183系のモデルはKATO,TOMIX、マイクロエースの3社を中心にこれまで連綿とリリースされ続けた鉄道模型の定番モデルです。  583系や381系なんかも含めるとこの手の電気釜ノーズの特急電車は大概のNゲージャーや、或いは16番コレクタ…

続きを読むread more

エンドウの73系入線に思うこと

 エンドウづいている最近の中古モデルの入線状況ですがまたひとつ加わりました。  GMのキット組み品の72系です。  今から30年位前にエンドウがGMのキットを素組み&塗装仕上げして発売したもので「エンドウ=金属ボディ」というイメージをある程度払拭したモデルでした。  以前103系を入線させた時にも書いたのですが、本来のライ…

続きを読むread more

変わり種の485系モデルから

 たまにはこういう変な物も手に入るというお話です。  先日のジャンク箱の一件以来、近所のフリーマーケットも折を見て覗くようになりました(笑)  よもやあれ以上の掘り出し物が出るなどとは正直期待していないのですが(ましてこちらの方が田舎ですし)  そんなフリマめぐりで見つけた一品がこういう奴です。  おもちゃの処分品の箱の…

続きを読むread more

またまた103系(汗)

 昨年来、例のジャンク箱の影響で103系のモデルが異様に増備されたのですが、先日もうひと編成が加わりました。  WINの103系1000番台常磐線緩行形の「タイプ」です。  本来このモデルは車体キット形式で足回りはTOMIXの103系をコンバートして使うらしいのですがそこは中古モデルの有難さで足回り・動力を装着した出物を拾う事が…

続きを読むread more

「積み鉄コレ」の動力化のはなし

 先日の上京の折かねて書いていた通りに鉄コレの動力ユニットを何個か買い込んできました。  実際にはそこまで焦る事はないとは思ったのですが、恐らくこういう機会でもないと動力化されないであろう編成がいくつも出て来そうでしたからそれなりに決断でした。  先日来それを使って懸案だった編成をいくつか動力化しました。  事業者限定…

続きを読むread more

金属ボディのNゲージ183系

 秋葉原とか、故郷とか、出先で中古モデルの掘り出し物を見つけるという事はよくあるのですが地元を回っているだけだと見つからない様なジャンルの物があるとつい手が出てしまいます。  今回の出物を見つけたのは今月初めに研修会絡みで出かけた大宮ですが。  物はしなのマイクロから切り替わった直後のマイクロエースの183系。  183系自体…

続きを読むread more

鉄道コレクション第20弾のクモヤを比較する

 今回も鉄道コレクションの第20弾絡みのはなしです。  以前も触れたとおり今回のラインナップはかなり他社との競合車種が見られるのが特徴ですが、その中からクモヤ145を取り上げます。  比較対象は同じクモヤでも143の方ですが145とは外見上の差異がごく少ない事、模型としての基本的な構造がメーカー毎に異なる点から選んだものです…

続きを読むread more

「KATO」と「鉄コレ」・ふたつのクモニ143

 先日しなのマイクロと鉄道コレクションのクモニ143の比較記事を書きましたが、その後にKATO版のクモニ143(但し旧製品)があった事に気が付きました。  手元にあるKATO版は数年前に中古で入手していたものです。確か115系と込みで一袋いくらと言う奴でした。ですので現在店頭にあるものとは異なる部分もあると思いますがそこはご承…

続きを読むread more

「しなの」と「鉄コレ」ふたつのクモニ143

 今回は昨年暮れに入手した鉄コレの第20弾から  第20弾はかなりの車種が他メーカーからモデル化されており(但しリリース時期はまちまちですが)昔のモデルの持ち主であれば手持ちの車両を鉄コレと比べてみるという楽しみ方もできます。  そんな訳でクモ二143を比べてみたいと思います。  とはいっても比較対象は最近出たKATO製品…

続きを読むread more

鉄道コレクション第20弾のクモル145

 先日も紹介しました鉄道コレクション第20弾から。  前にも書いた通り今回のラインナップの一番の注目株は何と言ってもクモル145とクル144の事業車です。  これが量産プラ製品で出たというだけでも結構すごい事なのに専用の動力ユニットもリリースされ簡単に自走できるというから驚きも二倍と言った所でしょうか。  実車は101系ベース…

続きを読むread more