"レイアウト・竹取坂"の記事一覧

レイアウトチェンジ2010・17・踏み切りの加工2

 先日来中断していた踏切の加工にやや進展がありました(汗)  警報機の加工に加えて今回やりたかった事が高さ制限の標識でした。この部分、電車から見る分には目立たないですが車から見ると尤も目立つ所のひとつだったので是非付けたかったのですが素材をどうするか、どう作るかで悩んでいたものです。  今月の初めに「ひょっとしたらこれなら」とい…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・16・踏み切りの加工

 レイアウトの更新はこの間からかなりのスローペースです。このまま夏が来ると暑さで工程自体がストップしそうですがそれまでには踏み切り位は目鼻をつけたいと思うのですが・・・  先日設置した踏み切りですが、警報機の点灯部の位置をずらしました。  個人的な印象ですが製品のタイプより右側のように赤灯が上に来るタイプのほうが街中(あ…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その15・橋の下をいじる・3・踏切周辺

 踏み切りの周囲の加工・検討です。  手前側は踏切パーツをそのまま使っていますが、奥の方については路面の高さと踏切=線路の高さを揃える意味で5・5ミリ厚のグーパネを敷き詰めました。  これは奥の方にある軌道線の高さを路面と揃える意味もあります。  更に手前の軌道線部分には停留所を新設する事にしました。  但しこの…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その14・橋の下をいじる・2・踏切

 今回の改修に当って丁度良いタイミングでリリースされたのがジオコレの踏切Bでした。  既存の踏み切りを幅広の道路用にベースを広げたタイプでしたがスペース的に今回差し替えた線路の右半分には合いそうです。  シーナリィ的にも道路橋の下、駅のすぐ脇という目立ちやすいポジションであると同時にレイアウトの中で最も良く本線の電車を眺…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その13・橋の下をいじる・1

 道路橋のセッティングもひと段落したところで、今度はその道路橋の下の改修に掛かりました。  この部分はこれまではファイントラックの高架橋をそのまま地上に配置していました。地上に置いてもそこそこ見られるアイテムではあるのですが、列車の走行時に手前側の胸壁が邪魔になり折角の意列車の足回りが見えなくなるという欠点もあります。 …

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その12・道路橋を検討する・6

 今回は道路橋の表面部分の話です。  これまでのレイアウトやモジュールの製作でも舗装道路の表面には色々な素材を試してきました。  ボール紙、プラバンの塗装、ベースの直接の塗装など。  今回は舗装からそれ程経っていない状態を想定し、600番の紙やすりを使用しています。  紙やすりもこれ位の番数だと配置したミニカーが転がりにくい…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その11・道路橋を検討する・5

 前回低く作り直した胸壁ですが、胸壁の上の支持棒が高速道路などで見かけるそれに似ていたので(笑)更に似せようと防音板のアクリル(?)に見立てて透明プラバンを貼り付けました。  今回使ったプラバンですがしばらく袋からだしっぱなしで放置していた(元々は人形をレイアウトの地面に固定するための物でした)のですがその間についてしまったスクラ…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その10・道路橋を検討する・4

 前回、道路橋の両側で胸壁を変える事によって表情の違いを出す事を狙いました。  しかし、その後に改めてチェックしてみるとやはり高架駅パーツをそのまま使った方の胸壁が目立ちすぎたようです。  特にこのアングルからだと道路橋に隠れて背後の山や保存街区が殆ど目立たなくなり折角レイアウトを合体させた効果が薄れてしまっています。 …

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その9・道路橋を検討する・3

 前回、TOMIXの高架駅の胸壁を両側に装着しましたが、改めて見ると道路橋だけが無闇に目立ちます。  元々高架駅用のパーツなので止むを得ないのですがちょっと間違うと二つの駅が交差している様にも見えなくもありません(汗)  そこで少しでも目立ち度を下げる意味で片側の胸壁を廃して先日ワイドレールに取り付けた胸壁の余りを取り付けま…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その8・道路橋を検討する・2

 道路橋の検討です。  前回のKATOのベースを据えつけて周囲の風景とのマッチングを検討してみます。  今回のKATOの高架駅はNの道路橋として使うには胸壁がごつすぎる気がしたのでとりあえずTOMIXの高架駅の胸壁を組み合わせてみました。  胸壁自体はこちらの方がはるかに高いのですが窓が開いているので若干開放感はあります(…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その7・道路橋を検討する・1

 レイアウトの着せ替え、改修も線路についてはある程度形になってきたところで、ここからは風景の改修の段階になります。  先ず上の写真。これは前回に竹取坂の風景を合体させた時の物です。この時点では駅も本線も高架の状態でしたが、今回の改修では線路も駅も地上レベルまで降ろされたのでこれまで高架の下をくぐっていた道路が塞がれた形となりま…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その6・レール用壁をつける

 エンドレスにカントの付いたワイドレールを組み込んだのは先日書いた通りですがそのままだと線路がベースにただ乗っかった状態に見えて落ち着きません。  幸いこれには別パーツで用壁のキットが出ているのでこれを組み込んでみました。  このパーツは上の写真のように3通りの柵や壁から好きな物を選んで取り付けられるようになっています。用壁…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その5・駅のスラブ化

 今回の線形改修のもうひとつの目玉は駅の線路のスラブ化とそれに伴うアプローチの線形緩和でした。  これまでの高架駅ではC280-15を2本組み合わせたアプローチを取っていたのですがどうしても駅に進入する所で不自然に折れ曲がったような曲がり方となり興ざめな所がありました。  殊に高速での通過でその不自然さが強められた感じもありまし…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その4・カントを付ける

   本線の地上化と併せてかねての懸案だった本線カーブをファイントラックのワイドレールに変更しカントの追加を計りました。  本線の元の線形は280Rと317Rのエンドレスですが緩和曲線として354R・391Rを使っていたので手前側のカーブのみをカント化する事によって線路の変更によるはみ出しを2・3センチに留めました。したがって見…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その3高架線をおろす

 今回、竹取坂へのシーナリィの変更はそれなりに進行中ですがそれに併せて本線の線形を変更する事にしました。  変更点は三つ。  これまで高架線だった部分を地上線に降ろす事。  カーブの半径の拡大とそれに伴うカントの導入。  駅周辺の線形を緩やかにする事。  の三点です。  いずれも本線上の列車の走りの質感を高める事…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その2「山塊」を据える

 前の風景では住宅街(背後にアオシマの団地を入れましたが)だった所は今回は山塊となります。  山頂にはファーラーの邸宅を使った迎賓館がランドマークとなっています。   280Rのカーブの内側をそっくり埋める上に一部がトンネルとなっているために取り外し式としてはかなりの大きさとなってしまいました。高さも30センチ以上はあります…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その1

 この連休は仕事の都合で飛び石状態でしたが、それでもこの時期で無いと出来ない事も結構あるものです。  都会風の風景で構成していたレイアウトを2年ぶりに風景の差し替えを行なう事にしたのもそのひとつです。  以前から触れていますが、このレイアウトは線路以外はベースから外して差し替え可能にしてあります。外した建物・風景類は箱詰めに…

続きを読むread more

入線直前のわくわく感のこと

 レイアウトの本線で列車を走らせ始めてふと気付いた事をひとつ。  当レイアウトの高架駅ではポイントがない関係もあって駅の両端がいきなりカーブに掛らずに(左右で長さの違いはあるものの)間に直線を挟む形になっています。この為、カーブの立ち上がりでいきなり列車がホームに進入せずに一拍置いてホームに滑り込んでくる訳です。  そのせいもあ…

続きを読むread more

ひと段落

   竹取坂周辺の改修も大体の所は形になってきました。  実際に仕上がるのはもっと先になりそうですが、これからは少しゆっくり目に手を加えてゆきたいと思います。何しろ作ったそばから粗を感じてしまう出来でもありますので手を加えるところには事欠きません(^-^;)  尤も、ひとつのベースに複数のシーナリィを擁するレイアウトなので竹取坂に…

続きを読むread more

甘味横町裏の製作・試運転

 景色が一通り形になってきましたので、列車の試運転を行いました。  今回使ったのは鉄道コレクションの新潟交通です。元々は江ノ電やトロリー系の車輌を走らせることを想定しているのですが、鉄コレのリリース以来地方私鉄の小型車なども多数入線している事もあってレイアウトの雰囲気もベクトルがやや地方私鉄向きに振れている気がします。  今…

続きを読むread more

甘味横町裏の製作・バス溜りと坂道

 大体形のできた山の部分ですが、町並みとつながる部分が雛壇上になっています。当初はここも緩やかな傾斜を付ける予定でしたが、この真下を通っているJR線が登り勾配となっている為に予定よりも高めのクリアランスを取らなければならなくなり少し不自然ながら段差をつけてしまいました。  雛壇の上のスペースはほぼフラットなので最初の検討段階では住…

続きを読むread more

山の増量4・植生

 大体の山の姿が整った所でクランプフォーリッジによる「植樹」を行いました。最近はトミーテックの樹木シリーズなどが安価で出回っていますが、山を覆う位の植生は木を一本一本植えるよりちぎったフォーリッジを貼り付けていった方が手間が掛からずリアルに見えるようです。但し、同じ色ばかり貼ってゆくと単調になるので違う色を所々に混ぜています。 …

続きを読むread more

山の増量・3 セッティングと塗装

 前回で合体後の山の型合わせをして大体の形が定まったので再びパーツにばらした山をレイアウトに組み込みました。  ついでに下地処理としてリキテックスの茶色で赤土っぽい色を着色してみました。  とはいっても塗ってみると赤土というよりもローストチキンの色になりましたが。  実際にレイアウトに組み込んでみるとなだらかに作ったせいで増量…

続きを読むread more

山の増量・2 合体と現物あわせ

 今回製作している山は以前製作したふたつの山のユニットと組み合わせる事を前提に際策しています。合計で3・4ピースの組み合わせでひとつの山を形成している訳です。  したがってこれらの山とのマッチングも考えながら形を作らなければなりません。山の形については予め設計図を起こしているわけではなかったのでこの部分は現物合わせのフリーハンドで…

続きを読むread more

甘味横町裏の製作・山の増量

 甘味横丁の裏側の製作は町並みに連続する山の部分の製作に掛かりました。  この山はJR線を覆う洋館のある山に連続する部分に当たります。山と言ってもレイアウト上で再現されるのは稜線の一部ですが。  山岳風景の物やローカル風景のレイアウトならば、かなりの傾斜を持った峡谷や山を表現できるのですが、都市郊外を念頭に山を組み込むとなると余…

続きを読むread more

甘味横町裏の製作2

 先日来検討してきた甘味横町裏の町並み配置が大体固まりました。  洋風の建物が多かった奥の一角に対して、こちらは街コレやGMの店舗を中心に昭和の町並み風に纏める感じになりました。  この町並みは踏み切りで奥の甘味横丁と連結する形となります。  普通のレイアウトならメインラインの線路の前に建物を並べる配置はなかなかやらないと…

続きを読むread more

甘味横丁・裏

 土手部分と陸橋部がひと段落ですのでそろそろ次の工作に入ろうかと思います。  今回の改修箇所は甘味横丁の手前側、JR線のエンドレス真上の部分です。前回メルセデスのディーラーが配置された一角に連続する部分です。  ここはトロリーの甘味横丁の駅の裏側にあたり、踏み切りで甘味横丁と連絡するという想定です。土台部分は例によってグ…

続きを読むread more

夕陽とディーゼル

 先日のキハ20系の編成をレイアウト上で試走させていた時、たまたま夕方で夕陽が射してきました。  現在のセクションの置き場は窓際ではないのですが夕方になると夕陽が差し込みやすい位置にあるので夕方の一時は線路際が夕陽に染まります。  他の車輌でも結構いい雰囲気を感じますが、ことに国鉄型のディーゼルカーのカラーリングは結構夕陽の中で…

続きを読むread more

ホッパー・路上を走る

 これまでにも長鉄ゆけむり号やら南海ズームカーやら、当レイアウトの併用軌道上を色々と走らせてきましたが、今回のは少しありそうなシチュエーション?かも知れません。  先日入手した河合のホキ83004両セット。車体にひときわ目立つ「農協マーク」が何とも懐かしい代物です。これにKATOのホキ2200を組み合わせて昨年暮れに入線したD…

続きを読むread more

レイアウトの青空

 久しぶりに覗いた店で処分品として並べられていたレイアウト用背景画。以前購入したファーラーのそれが山岳風景中心で都市風のレイアウトにそぐわない所もあったのですが、今度のは空の面積も広くシーナリィの邪魔にならない様だったので早速飛びつきました(これもファーラー製のようですが)  これまで使っていたアルプスのそれと差し替えてみたのです…

続きを読むread more

新たな交差点

 先日追加した陸橋部分はJR線を跨ぐとすぐに路面電車線が横切る部分、更にトロリーのリバース線のある併用軌道部とも交差し、線路と道路が入り乱れた変形五叉路(?)となりました。  この部分、かなり複雑なので区分線の描き方や信号機(場合によっては警報機も)の配列に工夫がいりそうです。  とはいえ、製作していた時は余り意識していなか…

続きを読むread more

ディーラー周辺・跨線部の加工

 先日も記しましたが、メルセデスのディーラーの敷地の一部は以前コントロールパネルだった部分に食い込む形で移設されましたが、その前の通りの部分(線路からは道路橋のように見える部分の加工を行ないました。  加工といっても灰色に着色したプラバンに歩道部や区分線などを施しポイント用ケーブルの通路となった部分にかぶせるだけの物です。  こ…

続きを読むread more

ディーラー周辺

 メルセデスのディーラーは今回のコントロール配線の整理で出来たJR線真上の分譲地(笑)に配列する事としました。同じ一角には旧竹取坂駅前にあったホテル(TOMIXの商業ビル塗り替え)とオメガビル(昨年中古ショップで入手)等を配しちょっとしたビル街となりました。おかげでこの一角だけ観光地というよりミニ銀座みたいな感じです。  建物類の…

続きを読むread more

土手の改修2

 今回土手を追加した際にもうひとつ考えていた事はターミナルの竹取坂東駅についてです。  基本的にトラム用のターミナル駅という想定ですが、待避線や側線を持ちホームも3面ある駅に本屋しかないのが何となく不自然に感じられていたので今回の改修を機会に詰所や信号所を設置するスペースを確保する事にしました。  今回追加した土手のトンネル側・…

続きを読むread more

土手の改修1

 今年最初のレイアウト改修はJR竹取坂駅の反対側に当たるエンドレスの直線部分のシーナリィです。  この間の年越し運転ではこの部分がコントロールパネルから見て手前に当たっていたのですが、竹取坂駅側と違ってこの部分はかろうじて土台のスタイロ部分に石垣のモールドのシーナリィペーパーを貼り付けただけ。その上からポイントやリバース部分の配線が直…

続きを読むread more

レイアウトのすす払い

 クリスマスも過ぎ、年末の年越し走行へ向けてレイアウトも含めたすす払い開始です。   このレイアウトの場合、シーナリィ部分を分割して取り外せるので個々の部分の清掃(埃の吹き飛ばし)やメンテナンスは比較的容易と思います。シーナリィを外したベース部分は線路のみのメンテナンスが可能ですが、架線柱を建ててからは決して楽な作業とはいえない感じで…

続きを読むread more

レイアウトの着せ替え

 かねて予定していたレイアウトのシーナリィの差し替えを今さっき終えたところです。「よ市」と住宅街のあるセクションをベースから外して「甘味横丁」と保存街区に差し替えて行きます。「よ市」関連のシーナリィは箱詰めしたり戸棚に飾ったり、して収納します。ここまでで大体1時間少々でしょうか。  こうしてレイアウトの模様替えは終わりましたが…

続きを読むread more

竹取坂改修 駅前並木道

 竹取坂駅前の坂道の樹木の植えこみが大体形になってきました。白樺並木に並べてバンダイの「私の生まれた街」の「空き地」をウエザリングして雑木を追加したセクション(以前の駅前通の裏手にあったものを移植しました。  シーナリィ部分を交換できる性質上、この部分もモジュール単位で製作したものですがこれ自体を単体で見ると田舎風の感じがします。…

続きを読むread more

竹取坂改修・駅周辺

 竹取坂の改修は駅周辺部の形がそれなりにできてきました。この間撮影した駅前と同じアングルですが、ホームが対向式から島式になった事で駅前に光が当たりやすくなった事と駅そのものが1~2cm後退した事、高架下を店舗でなく素通しにした事等で画面の右側の圧迫感がやや和らげられたと思います。  JR竹取坂駅は高架駅という点は同じですが、今回は…

続きを読むread more

竹取坂改修・セッティング

 改修の第一段階として、駅前商店街の差し替えから掛かります。  前回の商店街は普通の建物類が多く、観光地的な雰囲気が欠けていた事と地形が平面的すぎて高架駅の陰に埋没しやすかった事が問題でしたので、今回の改修の要点もそこに置きました。  ベース部分は従来はグーパネを使っていましたが、今回は薄くて強度のある素材ということで1・2㎜厚…

続きを読むread more