"車両・客車・貨車"の記事一覧

ク5000をローダウンする(笑)

 先日KATOのク5000用のミニカーのはなしをしましたが、今回はそれに関連して。  現在私の手持ちのク5000はKATOが2両、旧ナインスケールのが2両という陣容です。  上の写真を見てもお分かりの様にこのふたつ、造形そのものの差は置いておいても、ナインスケール仕様のク5000の方が相当に腰高になっておりまして、通常の状態でこ…

続きを読むread more

マロネ40を作るその2

 前回の続きです。  ボディ本体の塗装は手持ちのぶどう2号でやっていたのですが屋根部分のカラーが揃わず、これについては先日の秋葉行きでようやく塗料を揃えて対処しました。  幌と台車はGMのパーツで、床下機器も先日頂いたものを使って形にしています。  ただ、帯だけは独特の青緑の物が都合できず、GMのグリーン車用で代用…

続きを読むread more

マロネ40のペーパーキットを作る

 今年に入って例のホテル工作やなんかで、ストップ状態だった車輌工作、ようやく積みキットのいくつかに手をつけられます。  その第一陣は2月に購入していた甲府モデルのペーパーキットのマロネ40。  このメーカーのペーパーキットは前にトキ900を作っていたのでだいたい要領を把握していたつもりでしたが、なかなか製作時間が作れないまま…

続きを読むread more

オリジナルキットのマロネ40

この間お話しした「鉄道カフェのオリジナルキット」のはなしから 貨車が続いたこのシリーズも第4弾からは客車が登場です。 マイネ40とその改修版のマロネ40がその第一陣。 特にマロネ40はこれまでマイクロのセット品しかなく、バラで買おうにもお金と運が合致しないと入手困難(特に予算面で)でしたから今回のキット化は全く朗報でした。 …

続きを読むread more

トキ900の完成とペーパー貨車の第2、第3弾

 先日、当地にオープンした鉄道カフェのオリジナル製品のトキ900の話を書きましたが、ようやく先日になって塗装も済ませ(要するにこれまで塗料を買う暇がなかったというだけのはなしなのですが)どうにかこうにか形は整えました。  黒一色でもやはり塗装されるとかなり印象は違います。今回使ったのは田宮のラッカースプレーですがプラ製の貨車よ…

続きを読むread more

ペーパーキットのトキ900

この間紹介しました、地元鉄道カフェのオリジナル貨車キット。 購入してから丸ひと月ばかり放置していたのですが、先日一念発起して作ってみる事にしました(笑) 車両系のペーパーキットは初体験だったのでどうなる事かと不安でしたが、基本的には重ね貼りといもづけが中心です。 細かなパーツはピンセットでつまみ、接着はスプレーのりと木工ボンド…

続きを読むread more

地元ブランドの「トキ900」

先日久しぶりに出かけた近所の鉄道カフェ。 ご店主が貨物列車好きだそうで建設途上のレンタルレイアウトにも長編成の貨物列車が並んでいました。 そしてその関連からかそのお店で「オリジナルの貨車ペーパーキット」が発売開始の由(!) まさか現住地に「地元ブランドの鉄道模型キット」というものが登場しようとは思いませんでした。 その第一陣…

続きを読むread more

小さなタンク貨車・河合?のタム5000

先日の上京の折トーマスと一緒に購入した二軸貨車から。 実は先日紹介したトーマスは購入時、3両分が入るパッケージで2両分が空いた状態でした。そんなところも意外なほど安かった理由と思いますが。 ですからそこを埋める適当な二軸貨車を2両買って行こうと思って物色していましたが、そこで見つけたのがおそらく河合商会製のタム5000。 …

続きを読むread more

「SONYのNゲージ・スハ43」に50年前の逡巡を見る(笑)

 SONYのNゲージのはなし  これまではED75について書いてきましたが、牽引されるスハ43のはなしが残っています。  今回はそちらから。  このED75にはスハ43が3両付いてきていました。    形はどうにかスハ43していますが、当時の欧州型や初心者向けのHO・16番によくあった様に車体が実物よりも短くディフォル…

続きを読むread more

中村精密のブラス客車たち

 先日入線した変わり種の客車から。  当鉄道には中村精密とマイクロエースのふたつの7100が在籍しています。  このうち中村精密の場合は機関車自体は無動力で次位につく客車の開拓使号の方が動力化されているいわゆる「ユーレイ」構成です。  で、当時はこれに繋がる客車と言うのも単品で出ていたのですが、今となるとこれが出物が無いか…

続きを読むread more

貨車の増備のはなし「セムとトラ」

もういい加減今年も押し詰まって来たのに今回は夏の帰省の戦利品から  今回は貨車編という事で。  世間でプロポーションに難があるとか何とか言われつつも一番手軽に手に入る石炭貨車という点でナインスケールのセム8000の存在は有難いです。  今回の帰省でも1両手に入りました。  セムに関してはこの後頂き物でもう一両増備がで…

続きを読むread more

石炭貨車の増備は遠い(苦笑)セキ6000編

 この間オープンした中古ショップの拾い物から  最近はこの種のチェーン店も「秋葉原相場」が定着してしまい以前の様な「えっ!こんなのがこんな値段で」なんて掘り出し物はめっきり少なくなりました。  ですから田舎のショップといえども無暗に安いアイテムは何か訳ありのものと考えていい様な感じになっています。  今回紹介するのは河合の…

続きを読むread more

帰省の戦利品と長閑な日曜日

 帰省後最初に日曜日は帰省中に購入したキットの積みプラ対策(笑)で費やしました。  その中のひとつがGMのマニ36&37キット。  故郷の中古ショップに台車が2両分ついて1500円という割合リーズナブルな値段で出ていたものです。  マニ36&37は手持ちの荷物車にはなかった形式なのとこれまで青い車両しか作っていなかったので…

続きを読むread more

平日休を使ってオハフ30を作る。

 平日休の切り継ぎ工作から。  KATOのオハ31系は今に至るも競合製品もなく基本的な部分をあまり変えないまま現在も売られ続けているロングセラー品です。  鉄道博物館の特装品とかこの春に出た旧車号のセットなんかも記憶に新しいところです。  ですが製品はオハ・オハニ・オロの3タイプのみでラインナップは変わりません。  …

続きを読むread more

くじ運とオロ11のはなし

 今回も帰省の戦利品から。  今回のは車両そのものよりもその購入経緯がわたし的に自慢物でしたので紹介したいと思います。  まず最初に書いておきたいことは、私という人間は中古モデルで変わったものを見つける頻度こそ高いのですがくじ運自体は全くと言って良いほど運がありません。  宝くじでも500円以上当たった事などありません…

続きを読むread more

帰省土産の客車・貨車たち

 帰省の戦利品のはなしから。  車での帰省のメリットは「経路沿いの中古屋に思い立ったら寄れる」事にあります。  実際、今回のアイテム類は往路や故郷で入手できたものばかりです。  ナインスケールのカ3000とツム1000.  当時の箱付きで300円・・・って全く当時の価格そのまんまなのですが(笑)  ツムなんかはKATO…

続きを読むread more

ワキ1000「急行便」の群れ

 今回は貨車の大量増備のはなしから  近所の中古ショップにマイクロエースのEH10+ワキ1000系列の貨物列車セットの出物があるのですが、ひとセット1万9千円。  急行便仕様のワキの並びというのは個人的に魅力を感じるのですがこの値段ではどうにも手が出ません。  そんな折、先日別のジャンク屋でTOMIXと河合の中古貨車を大量…

続きを読むread more

KATOの寝台急行「音戸」とあの頃の「北星」のはなし

 今回は久しぶりに新車のはなしです。  先日発売されたKATOの寝台急行「音戸」の基本セットが入線しました。  個人的には「音戸」と言う急行自体には馴染みがないのですが、それでも二,三食指の動くポイントがあったので前々から予約していたものです。  その一つが今回のセットでKATOとしては初登場となったスハネ30の存在。 …

続きを読むread more

関水金属の初代オハ31のはなし

 先日紹介した関水金属の初代C50にはこれまた初代のオハ31も付いてきていました。  当時は単品売りがメインでバラ買いで編成を揃えるしかなかった筈ですがこれは二重の意味で有難かった所です。  というのもC50の初代モデルはカプラーがアーノルドでない「X2Fの縮小版」  当然ですが以後に登場したカプラーのどれとも互換性はありませ…

続きを読むread more

10系「趣味のカラー」TGV風編成

 先月の静岡行きでは例によって空き時間を縫って中古屋巡りをやらかしました。  まるで「よゐことくばん」並みのツアーになりましたが拾い物もそれなりにあったと思います(というか旅行中でもなかったら買いそうにない?w)  今回はその中から。  昨年暮れに「カシオペアカラーのED75」なんてジャンク品を買った時「まるでマイクロエー…

続きを読むread more

今月のジャンク車2「中村精密のスロハ31」

 中古ショップの開店セールの戦利品から  このショップには悪い事を書かせてもらいますが、この店の場合、鉄道模型の中古は数こそそこそこでしたが「編成の中間車」ばかりがぽつんと置いてある事が多く新参者のユーザーには今ひとつ魅力の薄い品揃えでした。  ですが開店セールと言う事で探せば多少面白い物が拾えたのも確かです。  その中の…

続きを読むread more

KATOの「スハ32系中央本線普通列車」から

 先日サブブログで3年前に入線させたワールド工芸のEF13を紹介したのですが、その真意はと言いますと  KATOの「スハ32系中央線普通列車」のセットを入れたからだったりします。  実はこれを予約した時行きつけのご店主からKATOのEF13を勧められたのですが(汗)  今回の入線の目的のひとつが「ワールドのEF13の有効活用」…

続きを読むread more

日本型Nゲージの50年と思い出から・オハユニ61編

 昭和39年版の「模型と工作・鉄道模型ガイドブック」から50年前の16番モデル工作とそれ以降のNモデルの思い出を語るある意味支離滅裂な企画(汗)  今回はオハユニ61から。  1両で客車・郵便車・荷物車の三つの役割を賄う多機能型車両と言うのは実車の世界ではその大半が機能面での中途半端さから早々となくなっているのが普通ですが個…

続きを読むread more

ブラスの「お召列車」

 今回の上京では購入したモデルがほぼ100パーセントジャンク品で新品や新製品が一切ないという組み合わせになりました。  今回はその中から。  某チェーン系中古ショップでみつけたお召列車のモデルです。  一見してこれ自体はKATOとかマイクロのモデルが並ぶ事が多いのですが、驚いた事にこちらのモデルは金属製ボディ。  恐らくです…

続きを読むread more

「偉大なる凡庸の系譜」タキ3000編

 偉大なる凡庸シリーズ。  今回は先日競り落としたセムのおまけに付いてきた縁で「タキ3000」を取り上げます。  Nゲージ製品としてのタキ3000の特異な点はほぼ同じタイミングで2社の競作となった点。  しかもメーカー毎の長短がはっきりしていたという点です。  この貨車がリリースされたのは76年から77年にかけて。 …

続きを読むread more

2軸の石炭貨車を増車する

 先日久しぶりにネットオークションで入手した貨車モデルから。  河合商会が引き継いだナインスケールのセム8000のジャンクを4両。  おまけの積りかナインスケールそのまんまのタキ3000も2両付いてきました。  どちらも今となってはなかなか見向きもされないモデルです。  とはいえセムの場合単一編成で9600かD50辺りに…

続きを読むread more

20系がまた増殖する(汗)

 先日入手のジャンク袋の中には20系の客車らしいのが2両入っていました。  これも「1両辺り3桁価格」のうちですからできるなら手持ちにない車種だと有難いところです。  ここで現在の私の手持ちの20系のラインナップを紹介しますが現行品(今では先代セットになってしまいつつありますが)「基本セット」「さくらセット」のふたつが中心で…

続きを読むread more

「偉大なる凡庸」の系譜・10系客車編

 久しぶりに書く「偉大なる凡庸の系譜」  今回はこの趣味を再開以来じわじわと数を増やしている10系客車から。  私が趣味を中断する前に持っていた10系客車はGMのキットメイク品のみ、しかも出来は大惨事と言う代物でした。  10系客車自体は個人的に大好きなものでしたが、GMのキットはまともに組めず、当時出たばかりだったしなのマイ…

続きを読むread more

KATOのタム500と2軸タンク貨車のはなし

 KATOのC12と同時位に2軸貨車が発売されていましたが、予算不足でこれまで買えていませんでした。  と言う訳で10月になってようやくタム500の入線です。  それにしても2軸貨車で1両1000円を超えていますからKATOの貨車も高くなったものです。 (例外的なケースとしてホビセンで買ったASSY寄せ集めのワサフ8000が3…

続きを読むread more

最古のNゲージ10系客車・CABのナハフ10のはなし

 先日お話した10系客車の話の続きです  まず、この箱をご覧ください。  まるで日本茶かお線香でも入っていそうな緑の紙箱(そういえば昔の中村の蒸機の箱もそんな感じですが)  実はこれの中身はNゲージの客車です。  それもトミーナインスケールより早くNゲージに参入した幻のメーカーの手になる「ブラスボディのナハフ10」だった…

続きを読むread more

日本型Nゲージの50年と思い出から・ナロ10・ナハフ11編

 昭和39年版の「模型と工作・鉄道模型ガイドブック」から50年前の16番モデル工作とそれ以降のNモデルの思い出を語るある意味支離滅裂な企画(汗)です。 今回は10系軽量客車から  ナロ10とナハフ11を取り上げます。  本書が出た昭和39年当時、10系は最新型の部類に属する客車でした。  当時の旧客(と言ってもその大半…

続きを読むread more

謎の事業車大行進(笑)

 先日入線の中古モデルから。  昨年くらいに前ユーザーが手を加えたフリーのCタンクの話をしましたが今回はある意味もっと凄いです。  何と「フリーの事業車両の3両組」  最初店頭でこれを見た時は咄嗟に機種がわからなかった位で(そりゃそうだ)  GMのクモハユニ辺りがベースらしい低屋根旧国を筆頭にマイクロ辺りのカブースが…

続きを読むread more

ブルトレブームとエンドウの24系客車

 昨日、当ブログの訪問者数が7万を超えました。  相変わらずのやや変な内容ですが今後ともよろしくお願いします。  今回はとある中古モデルを走らせているうちにどんどん膨らんで言った考えを書きなぐったものです。  物はかつてのブルトレブームの折、当時スターだった24系25形。  周囲の人気ぶりとは裏腹にあの当時Nゲージの…

続きを読むread more

KATOの旧型カニ21をマニ20風にする その2(大汗)

 KATOの旧20系改造作戦その3です。  カニ21を切り詰めてマニ20(のようなもの)を作る工程から。  ボディの切断ポイントは都合4か所。  荷物室を切り詰めるために発電機室直後の窓のない部分を数ミリ切断。  更に端部の荷物室直前の部分も同じ程度切断しました。  これでトータル1,5センチほど短くなり実車の18Mにごく…

続きを読むread more

KATOの旧型カニ21をマニ20風にしてみる(大汗)

 先日来お知らせしているKATO旧20系の余剰車を使った工作から。  さて次の工作ですが今でさえ4両もたまっているカニ21です。  こちらは車体を切りついでマニ20風にでもして見ようかと。  さてそのカニ21→マニ20への改造計画から。  マニ20は元々カニ21の原型みたいな機種です。  全長はカニの21メートルに…

続きを読むread more

KATOの旧20系からナハネフ22をでっちあげる(大汗)

 先日来お知らせしているKATO旧20系の余剰車を使った工作から。  先ずは70年代の終わり頃にTMSのプレイモデルにも掲載されていた工作。  ナハフ20とナハネフ23のエンド部を交換して「ナハネフ22とナハフ21を作る」というものを。  幸い当時の工作記事は手元にありますからこれを参考に実行します。  先ずふたつの客車…

続きを読むread more

KATOの旧式20系ブルートレインに挑む(なにを?笑)

 ここ2,3年KATOの旧式の20系客車が随分と増えました。  いずれもジャンクを纏めて入手するたびに増えたものです。  以前紹介したジャンクの玉手箱をはじめとして、一袋5両くらいのアトランダムに車両の入った古いジャンク袋などを開いてみると1両か2両はKATOの20系の客車が混じっていた頃がありました。  ほかの車両の年式…

続きを読むread more

MOREのキ620牽引力強化作戦(笑)その3

 この間から書いてきたMOREのキ620のその後です。  大分間が空きましたが少し目鼻がついてきたので報告させて頂きます。  前回、ウェイト追加でもキ620の走行性の改善が少なかった事を書きました。  その折にはレサレサさんからも「モータを抜いてトレーラー化してもKATOのD51の抵抗は意外に大きい」事などの指摘も頂き…

続きを読むread more

キ620をいじる・・・はずだったのに(大汗)

 先日入線したMOREのキ620ロータリー除雪車の話の続きです。  前にもお話したようにこのキ620、単体で自走できるのが特色のひとつなのですがモーターを抜いたKATOのD51を牽かせると車輪が空転するばかりでまるで役に立ちません。  一見したところではウェイトの不足で粘着が足りない気もするので補重すればどうにかなるのではと…

続きを読むread more

幻のメーカー・MOREのキ620のはなし

 先日、埼玉への親類の訪問の折に彼の地の中古ショップなどを覗いて着た折の戦利品から。  MOREというメーカーがかつて出していたキ620形除雪車。  昔の鉄道模型本なんかでたまに見かけるモデルで、最近では「鉄道模型考古学」等でも取り上げられていたものです。  奥などでもたまに出物があるのですが大概が当時の定価の1.5倍から…

続きを読むread more