"車両・蒸気機関車"の記事一覧

今月のミニSL・バックマンのドックサイダー

 今月のミニSL。  先日の運転会でデビューを果たしました。  BACHMANNのDOC SIDERのBタンク。  これを見て懐かしいと思う人は相当なキャリアのNゲージャーと思います。  かつてトミーがNゲージを始めた当時からラインナップされていたミニSLであり、後にナインスケールで国鉄型の貨車がリリースされた後も暫…

続きを読むread more

中村精密の「弁慶号(と言うか、開拓使号)」

 今回は中村精密のモデルからです。  先ずはこの写真から。  一見ただ(ものではないですが)の黄色い客車ですが実はこれが今回の動力車です。  言うまでもなく「開拓使号」ですが、当然これに組み合わされるロコと言えば。  7100「弁慶号」です。但しマイクロの義経と異なりロコ自体に動力はありません。  いわゆる「ユーレ…

続きを読むread more

グラハムファリッシュのCタンクに思うこと

 今回はこの夏入線の中古機で感じたことから  物はグラハムファリッシュのCタンク。  このメーカーのロコは正月にJINTYという0-6-0のタンク機を入線させています。  今回のは2-6-2の軸配置で日本で言えばC10に相当するサイズの様です。  とはいえ、全体ののびやかなラインはさすが英国機。C11やC10の様なち…

続きを読むread more

今夏のサプライズ・中村精密のC55流線型

 正直驚いているのですが、今年の上半期は(今月含む)ヴィンテージモデルやジャンクモデルの出物に無暗に当たります。  KATOのEF70とかTOMIXのED70の様に外見で手を加える必要のあるものとか、エーダイのDD54の様にどうやっても走らないものといった手のかかる(けれど楽しい)ものもありました。  が、その一方で「こんな…

続きを読むread more

中村精密C51・「亀の子スタック」のはなし

 前回紹介した中村精密のC51のその後です。  その昔、私が乗っていた車にメルセデスベンツのAクラスという無闇に最低地上高の低いコンパクトカーがありました。  高速の走行はベンツらしいどっしりしたものでしたが、ホイールベースが長すぎてちょっとした積雪ではすぐに車体の底が雪に乗り上げて車輪だけが空転するという、いわゆる「亀の子…

続きを読むread more

今月のダークホース・中村精密のC51

 先日入線した中古車から。  私にとっては初めてのブランド、中村精密のC51です。  これがリリースされたのは80年代の初めころと記憶していますが、当時は私自身がそれほど蒸気機関車に興味を持っていなかったのと何よりも高価すぎて手が出なかった機種でありました。  先日リリースされたTOMIXのC57が1万5千円という高さで話題に…

続きを読むread more

今月の蒸気・ミニトリックスのテンダードライブ機から

 昨日紹介したTOMIXのC57(初代)でテンダードライブ の蒸気機関車モデルのはなしをしたのですが今回はその関連で外国型のテンダードライブ機を紹介したいと思います。  ミニトリックス製のDampflok S10。  なかなかカラフルなドイツ型らしき蒸気機関車ですがカラーリングが派手な割には落ち着いた造形です。  手持ちの…

続きを読むread more

TOMIXの初代C57から

 このところ夕食時の酒がかなり効いていて8時過ぎると酔いの回りとともに何かする気力が萎えてくるのを感じるようになりました。  そろそろ年だななどと感じてしまいます(汗)  でも単に蒸し暑いだけかも。  それはさておき今回も骨董モデルのはなしです。  先日入線の蒸気機関車。  今回はTOMIXのC57です。とは言ってもテ…

続きを読むread more

二機のC61 20を並べてみる

 何かと話題沸騰中のTOMIXのC6120。  私のところでも入線を果たしたのは先日お伝えした通りなのですが、これが入線したら触れない訳には行かなくなることがあります。  ちょうど2年前に入線した「マイクロのC6120」の存在です。  これが入線した当時はよもやTOMIXが例の「C57クオリティ」でC61を出してくるとは思…

続きを読むread more

今年初の「新車の機関車」TOMIXのC6120から

 当レイアウトにもTOMIXのC61-20号機が入線を果たしました。  さっき気付いたのですが鉄コレ以外では実はこのロコが今年最初の新車だったりします。  (して見ると今年の上半期はいかに中古車やジャンク車の入線が多かったことか汗)  そのC61ですがお値段も相当なものですが実際それだけの事はある質感を再現しています。…

続きを読むread more

帰省土産から・マイクロの「異色な」9600

 帰省の土産ものから。  今回の帰省は急に決まった為大した準備もしなければスケジュールもきつきつで殆ど神風ツアーのノリです。  いつもなら結構見て回る中古ショップめぐりも殆どできませんでした。  ところが世の中は何がどうなるかわからない。  故郷で行きつけだった模型店での処分セールに当たり、半額で新車が購入できる幸運に恵…

続きを読むread more

フライッシュマンのBタンク

今回は外国型のミニSLのはなしから  思ったのですが前回の98といい、日本のファンには未だに外国型アレルギーが根強い事を感じます。  小型機の世界ではB20等を除くと国産機が極端に少なく明治の輸入機が結構後まで生き残っているケースが多いので日本型レイアウトに組み込んでも案外違和感はないのですが、それでも関心は極端に低…

続きを読むread more

帰ってきたアーノルドのBタンク「T2」

 今回は先日おはなししたアーノルドのT2型Bタンク蒸気機関車の後日談です。  前回のお話はこちらアーノルドのミニSLのおもいで  このブログを書いた直後くらいにひょんな事からT2を再度入線させる事ができました。  37年ぶりくらいの車籍復活です。我ながら感動しました。  復活のいきさつについては色々とありまし…

続きを読むread more

「週刊SL鉄道模型」のBタンクのはなし・2

 先日入線の「週刊SL鉄道模型」のB10型タンク機関車。  その感想の続きです。  動力はキャブ内がモーターで埋まってしまうくらい詰まっており、重さも意外にあります。  車体そのものはプラ製ですが恐らくギアと一体のウェイトが入っていると思われます。  改めてチェックしてみると気になる所がいくつかありました。 …

続きを読むread more

今月のサプライズ入線・里山鉄道B10型蒸気機関車(笑)

 先程帰宅したところ、郵便受けに小さな箱が。  差出人は講談社でした。  例の「週刊SL鉄道模型」の購読者特典のBタンク蒸気機関車が遂に当レイアウトに到着です。    興奮も覚めやらぬまま箱を開封。  意外に小さいパッケージと思ってはいましたが、プラケース自体はTOMIXのそれをハーフサイズ位に縮めたもののよう…

続きを読むread more

アーノルドのミニSLのおもいで

 最近「週刊SL鉄道模型」をきっかけに無闇に小型蒸気づいている感(笑)がありますが、自分でもなぜここまでこだわるのかと思って記憶を手繰ると36年前のある出来事に行きつきました。  昭和51年頃の事です。  当時現役の社会人だった私の亡父が初めて欧州へ研修旅行へ出かけた折、土産に買ってきてくれた鉄道模型がありました。  それ…

続きを読むread more

英国型のNゲージ蒸気のはなし

 今回はツアーで見つけた機関車から  「週刊SL~」のレイアウトを作り始めてから入線車が妙にミニSLづいているのですが今回もまた1機見つけました。  グラハムファリッシュ社製のCタンク。  LMSの0-6-0、通称Jintyと呼ばれるタイプのようです。  当鉄道としては初の英国製の英国型と言う事になりますが、日本…

続きを読むread more

「銀河鉄道999」のC62(笑)

 先日、恒例の「研修会兼の秋葉買出しツアー」に行って参りました。  今回は車両に関しては特にお目当ての品があった訳ではなかったのですが、それでも私の現住地や故郷ではまず見ないであろうアイテムがいくつかあったりします。  更に買った後で色々考えさせられる事もあったりするのですからこのツアーは奥が深いです。  (これについては後述…

続きを読むread more

ZゲージのC56「のようなもの」

 KATOのC56のはなし、つい先日思い出した番外編です。  N・16番と2種類のC56と並べたのはメルクリンミニクラブののZゲージ、BR24型蒸気。  見ての通りC56にそっくりです。  事によると実車のC56も設計段階ではこの機関車をモチーフにしていたのかもしれません(登場時期も数年ほど24のほうが先行しています) …

続きを読むread more

KATOのC56・3・HOとならべてみる

 見れば見るほどぶったまげるKATOのNゲージC56。  今回試しに同じKATOの16番(HO)のC56と並べて比較してみたのですが。  この2枚を並べてみてどちらがNでどちらが16番か直ぐに見抜ける人は少ないのではないでしょうか。  それくらい遜色の無いディテーリングなのが今回のC56なのです。  16番の…

続きを読むread more

KATOのC56・2・マイクロと比べてみて

 KATOのC56、前回も触れました様にマイクロのC56と比較してみたいと思います。  マイクロのC56は3年程前に新車で入線させたもので当時はC56と言うと実質マイクロしか選択肢がありませんでした。  周囲の評判はプロポーションがかなり違うと言うものでしたし、私自身それは気になりましたがローカルレイアウトに使える小回りのよ…

続きを読むread more

KATOのC56におどろく・1

 今年出た新車の中で一番の注目作ではないでしょうか。  満を持して登場した感のあるKATOのC56。私も驚かされています。  これまでのC62、D51の出来を思えばハズレる危険はあるまいとは思っていましたが実物の出来はその予想をも上回りました。  なにしろ同じKATOの16番(HO)と並べても一歩の引けを取りません。  …

続きを読むread more

今月の入線車・マイクロの「1号機関車」

 今月の中古車から。  週刊SL~のレイアウト着工を控えてこういうのが入線するのは有難くもあります。  物はマイクロの1号機関車。  2Bと言う珍しい形式の軸配置は「1号機関車」である点を差し引いても魅力的ではあります。  但し煙突が折れていたので接着し直しました。  Bタンク機としては少し伸びやかなプロポーシ…

続きを読むread more

「偉大なる凡庸の系譜」・D51

 「偉大なる凡庸」シリーズ、今回はD51です。   「偉大なる凡庸」シリーズ、今回はD51です。  言わずと知れたSL界の大所帯。例え電化メインのレイアウトでも恐らく大概のレイアウトユーザーが1両くらいは持っているのではないかと思われるロコです。  要はモデルとしてもそれだけの歴史と普及度を持っている名機と言えそう…

続きを読むread more

8620に思うこと

 今回は希望的観測を伴う愚痴と思ってください。  こう暑い日が続いてモデルいじりが進まない時期はこんな風に口が軽くなります。特に酒の入っているときは(汗)  先日のYANチョさんのブログで8620の話がありました。  そこでも書かれていた事ですが8620のNモデルというのは本当に見ないですね。  メーカー品は1社のみでプ…

続きを読むread more

今月の入線車・「坊ちゃん」にでも出てきそうな・・・

「停車場はすぐ知れた。切符もわけなく買えた。乗り込んでみるとマッチ箱の様な汽車だ。ゴロゴロと5分ばかり走ったらもう降りなければならない。道理で切符が安いと思った。たった3銭である」  夏目漱石の「坊っちゃん」の一節ですがそんな風景に似合いそうなミニロコを入線させました。  西ドイツミニトリックスのT3。モデルとしてもかなりの年代…

続きを読むread more

「偉大なる凡庸」の系譜・4.9600

 「偉大なる凡庸」シリーズ(笑)第4弾は実車こそ「偉大なる凡庸」なのですが模型の方が「曲者ぞろい」という少し奇妙な機種の話です。  物は9600蒸機。  言うまでもなく大正期の傑作蒸機のひとつとして国鉄蒸気の最後に近い時期まで現役だったロコです。  しかも北は北海道から南は九州まで東北の一部を除いて満遍なくいきわたっていた機種…

続きを読むread more

KATOのC56,TOMIXのC61に思うこと

 YAN鐡さんのブログで知りましたがKATOがC56をNゲージでリリースしてくれる由。  同社の16番のC56に触れて以来「何故これがNで出ない?」とストレスをためていた身からすれば朗報です。  C56はマイクロから既に出ていますが、残念な事にあまりにも縦に長いプロポーションのために「C56らしさ」に欠けてしまい走りの良さを差し…

続きを読むread more

HOタンク機に思う「ガイシャ」の魅力のはなし

 今回はGW入線のHOモデルの話から。  某有名中古ショップで入手したリリプットのBR75(と言うかその原型かバリエーションのvlcタンク)タンク機です。  当ラインナップ初の外国型蒸気ですがどうかするとNの中古蒸気よりも安価な値段でした。  それでいて走りっぷりは良好でディテーリングも悪くありません。  車体はダイカス…

続きを読むread more

オリエント急行2012・その2

 前回に引き続きオリジナル編成のオリエント急行の牽引機の話から  マイクロのC54。  OE88の時点で実機が残存していなかったロコです。当然架空もいいところの編成なのですが、先日書いた様に他機にはないC54独特の繊細さはこの編成には意外に似合うように感じました。  同じくマイクロのC63.  こちらはこ…

続きを読むread more

フライッシュマンとTOMIX・小型蒸気を比べてみる

 2月に入線したフライッシュマンのDB98型。  レイアウトの臨港線開業の暁には主力機のひとつとなりそうなロコですがここで久しぶりにTOMIXのKSKタイプを引っ張り出してきましたので比較してみたいと思います。  2機を並べてみて、外見上まず目につくのは98の異様なほどのコンパクトさです。  KSKの方がややオーバースケー…

続きを読むread more

二両の小さな機関車(?)TMC100モーターカーと98蒸気

 今回の秋葉ツアーの掘り出し物と新車から  小型機関車(とモーターカー)の組み合わせです。  まずはフライッシュマンの98式蒸気。  一応ジャンク品扱いで出ていた物ですが、外見上の疵が見当たらない事から外箱がなかった事で処分された物ではないかと思います。  価格的には後述のモーターカーより安価だったので外国型としてはかな…

続きを読むread more

2機のC62を比べてみる

 先日も触れた様にKATOのC622、マイクロのC623と2機のC62が揃いました。  入線時期も接近しているのでここはどうしても比べてみたくなります。  そこで外見を中心に並べて比較してみようと思いますが、これらはすべて個人的な印象ですので優劣の決定と言う意味では殆ど役に立たないものである事をあらかじめ申し添えておきます。 …

続きを読むread more

C623、マイクロの。

 実を言いますと今回のC622の入線の直前くらいのタイミングで地元の中古ショップでマイクロのC623を見つけて入線させていました。  小樽築港仕様の重装備バージョンです。  大昔、Nゲージを始めた直後位でしたか、当時の天賞堂の広告でC623の写真を見た事があるのですが当時のNは蒸気機関車自体がろくに出ていなかったのに16番で…

続きを読むread more

「ハレ」の機関車・C622

 今回は前振りが無闇に長いですがご勘弁を。  私の故郷を含めた田舎では今でも一部に「ハレとケ」という言葉、または概念があります。  Wikipediaから詳しく確認してみたのですが、「ハレ」と「ケ」というのは柳田國男が見出した「時間論をともなう日本人の伝統的な世界観」と定義されています。  民俗学や文化人類学において「ハ…

続きを読むread more

エンドウのNゲージ9600

今月の中古車。恐らく今年一番の目玉アイテムではないかと。  エンドウの9600。16番でも持っていない(笑)「ブラス蒸気」の第一号だったりします。  96はこれまでTOMIX・マイクロ・KATOと入線していますがどれもこれも面白いモデルばかりでDE10並みに「何両いても邪魔にならない」ロコの代表格になりつつあります(し…

続きを読むread more

今月のNゲージ・キユニと96の変わり種ペア

 ついさっき気づいたのですが、8月の3日以降丸半月の間16番やZゲージ、あるいは帰省の話にかまけてNゲージの話題がほとんど出ていませんでした。  これには我ながら驚いています。  ブログの開設当初、よもやこんな展開になるとは思いませんでした(笑)  とはいえメインのレイアウトはNですし、新車はもちろん中古も田舎に居て最…

続きを読むread more

マイクロのC61 20号機

 実は先日パソコンがトラぶりまして、せっかくの休日を丸々ああでもない、こうでもないでつぶしてしまいました。  最後の方は殆どぐったりしていたのですが、そんな折に行きつけのショップから予約品の入荷のお知らせが。  で、雨を突いて出かけてきました。  物はマイクロのC61 20号機。  先日復活運転を開始したばかりのロコです…

続きを読むread more

今月の思い出話・C52に誘惑される・1

 今回は久しぶりに思い出話をします。長い上にまとまりに欠けますがご容赦を。  「好きな蒸気機関車は何ですか?」と訊かれた時、皆様は何を挙げられるでしょうか?  昔の私ならばおそらくD51かC58辺りを挙げたと思います。ですが今の私は迷わずC52を挙げます(笑)  この機関車は当初8200としてアメリカから6両輸入された…

続きを読むread more

流線型の誘惑・C55

 今回は久しぶりに車両の話です。  EF55やC53は既に入線していたのですが肝心のC55は流線型機としては最も有名でありながらこれまで入線がありませんでした。  先日ついにマイクロの再生産モデルが入線を果たしました。  ほぼワンオフと言っていいボディ構成と3シリンダーという個性的な中身のC53をポルシェやフェラー…

続きを読むread more