"車両・蒸気機関車"の記事一覧

更にサプライズ・TOMIXの重連

 今日は久しぶりの水曜平日休だったのですが色々と雑事に追われて休みになっていない様な(疲)  そんなからだを引きづりつつ行きつけの中古ショップを覗くと  TOMIXのKSKたいぷCタンクと初期の二軸貨車が(驚)  しかも激安。  またまた飛びついてしまいました。ほとんどブランド物のバーゲン品を見つけた主婦みたいな行動では…

続きを読むread more

今月のサプライズ・キマロキ編成

 今回は中古ショップで見つけたいかにもこの季節向けの入線車の話です。  中古ショップなどを覗いていると時に「まさかこんなのが!?」と驚かされるものに出会う事があるものですが先日マイクロのキマロキ編成の出物を見つけて飛びついてしまいました。  価格的にはヤフオクなどで見かけるものよりかなり割安だったのですが、これだから衝動…

続きを読むread more

ポールシフト記念列車「擬似はくつる」他

 ポールシフトがひと段落ついた所で記念列車を運行しました。  C60牽引の20系「はくつる」・・・と言いたい所ですがC60のパッケージ裏の編成表によるとこの編成だとC60と61の重連が必要なようです。  C61は昨年KATOのD51ベースのものを作ったのですがマイクロのものとは縮尺(つまり大きさ)が違う上に配線ミスで反対方向に走って…

続きを読むread more

C57の衝撃・そしてミニカーブと蒸気の関係

  先日来私を驚かせっぱなしのTOMIXのC57のお話からスタートします。  この製品はパッケージでは280R以上推奨となっています。これまではその記述を鵜呑みにして走らせていたのですがその後SNSのブログで140Rのミニカーブをクリアできるという情報に触れ、大いに驚いて早速140Rのエンドレスを試走させました。  す…

続きを読むread more

C57のスローを試す

TOMIXのC57のスロー走行性能をチェックするために動画を作成してみました。 http://www.youtube.com/watch?v=QDO0i8Op0gY&feature=channel_page  動画は3本、最初のは比較のために使ったM社のC60です。2本目が今回のC57です。  動画のマクロが効かなかったのでピン…

続きを読むread more

今年最大の大物・C57 135

 ・・・と言って良いのではないでしょうか。  TOMIX久々の新作蒸機 C57 135号機が先日行きつけのショップに入荷しました。  1両で1万6千円以上(定価)の機関車など16番では廉価版でもプラの量産品Nゲージとしては破格の高級品です。  昨年までの電車オンリィの私だったら手を出さなかったかもしれないアイテムですが、こ…

続きを読むread more

OEと3気筒・2

 先日のC53に続いて3気筒蒸気のコラボレーションです。というより個人的にはこちらが本命なのですが・・・(笑)  実を言うとOE88入線以来いつかは牽かせたいと考えていた蒸気機関車がありました。  後にC52を名乗る事になる国鉄初の3気筒機、8200がそれです。この機関車は国鉄最後の輸入蒸気とされ3気筒機の研究のためにアメリ…

続きを読むread more

OEと3気筒・1

 今回は通常の運転風景です。  今年の初めにOE88を入線させて以来実例に囚われずにいろいろな牽引機を試してみましたが、中でも予ねてやりたかった組み合わせが流線型蒸気との組み合わせでした。  手持ちのマイクロのC53はまさにうってつけの機関車でしたが、実際に実現したのはつい昨日になってからだったりします。  流線型蒸気…

続きを読むread more

今年最初の新車

 今回の帰省は又一面では今年最初の新車購入も兼ねる物でした(笑)  例によって新車中古ジャンクと良くも悪くも百花繚乱のラインナップですが・・・  マイクロエースのC56。これは以前から欲しかった機種でしたが現住地はもとより秋葉原や新宿を行脚しても見つけられなかった機種でもあったので見つけられたのは幸運でした。  予想はしていま…

続きを読むread more

我が家最大のD51

 今回の帰省の折に実家の物置から発掘した物の一つに大型のD51モデルがありました。  三十数年前、私がNゲージを始めた前後の時期に父が購入したディスプレイモデルです(確か新聞広告にあった通販商品と記憶しています)  20年程飾られてその後はしまいこまれていた物ですが、今回の帰省の際にふと思い出して探し出しました。しまいこまれたの…

続きを読むread more

師走の新規入線

 先日の上京では中古車両で少し痛い目を見ましたが、新車も少し購入しました。  言うまでもありませんがこれから述べる車輌は蒸気ですが先日のトラブルとは無関係ですので念のため。  以前から再三触れていますが今年の当レイアウトは蒸気機関車を初めとして機関車の当たり年でした。  大半が中古ですがそれでもトータルで十数両になって…

続きを読むread more

D52「のようなもの」その後

 前回の段階では単に「C62のボイラをのせただけ」だったD52タイプですがC61の進行に合わせて改修を行ないました。  C61から切り出した給水暖め機を移植。反対にC62からはキャブのドアを移植しました。  テンダー台車はジャンクのトキ15000から移植。  一番の加工点は車体下部のD51の従輪に干渉していた部分を切り継とカッ…

続きを読むread more

C61「のようなもの」・仕上げ中

 次の工程は主に外観に関する部分です。  厳密には今回のモデルと実際のC61とは長さやランボード等に相違点があるようですが、今回は目立つ部分を中心に加工してあります。  先ず、D51ではヘッドライト直後にある給水暖め機を取り外し、跡をパテ盛り整形。  密閉式キャブを表現する為にドア部分をC62の車体から移植しました。これは同時にD…

続きを読むread more

C61「のようなもの」・地獄2

(前回より続く)  ウエイト部分の削りだしが大体整いましたが、この作業は一旦動力ユニットを完全に分解した上で行ないました。というのもモーター部分に永久磁石が使われておりそのままでは切り出した鉄粉を吸い付ける恐れが大きかったのと、左右分割のブロックの隙間が大きくギアに鉄粉を吸い込む可能性が高かったからです。  (実はこの隙間の…

続きを読むread more

C61「のようなもの」・地獄1

 先日C62の上回りとD51の足回りを組み合わせてD52風にする改造に挑戦しましたが(これについてもあれから進行したのでいずれ紹介します)、これと逆にD51の上回りとC62の下回りを組み合わせるとC61が出来ます。  C61は人気の点では地味ながらも「さくら」や「はつかり」などの先頭に立っていた機関車でもあり機会があれば入手し…

続きを読むread more

思い付きの機関車増備(?)D52「のようなもの」

 このところレイアウトと並行して車輌の加工や製作の方も色々と進行しています。  我ながら浮気っぽいというか、自分の不器用さも省みずというか・・・  最近はオリジナルの電気機関車や救援車なども製作していますがそれは次の機会にとっておいて今回は蒸気のボディスワップの検討です。  以前ジャンク品で入線したKATOのD51とC62です…

続きを読むread more

SF蒸機の入線

 今年に入って機関車の入線が新品・中古・ジャンクを問わず続いています。  特に蒸気機関車はついこの間を思い出すと信じ難いほどの増えっぷりなのですが、その極め付けのような機関車が先日入線しました。  マイクロエースの「C63」。  設計図のみで実車がこの世に存在しない、ある意味SFともいえる機関車です(綿密な設定ー設計図ーが為されて…

続きを読むread more

機関車大量入線!その7・KSKタイプCタンク

 機関車の大量入線のトリを飾るのはTOMIXのKSKタイプC タンクです。  個人的にはこの機種が一番の掘り出し物と思っています。  TOMIX以前のトミーNスケール時代にリリースされた蒸気機関車で発売当時(昭和51年頃と記憶しています)はNゲージはもとより当時流行だったナローゲージモデルの種車としても活躍していた小型蒸気機関車…

続きを読むread more

機関車大量入線!その5・C11

 今回はKATOのC11です。これは近日中に再生産があるとの事です。  実はこの機関車は中学生の時に一度購入していたのですが20年の中断中に親戚に上げてしまいその事を少し後悔していた機関車でした。  実際、小型レイアウトには重宝する機関車で入れ替え機としても通用するのでかねてから是非再入線させたかった機関車です。  走行性…

続きを読むread more

機関車大量入線!その4・C50

 今回はKATOのC50です。  日本で最初のNゲージ蒸気機関車として発売された車種だそうですが、今回入線したのは20年近くたってから新設計で登場した車輌です。今回入線した車輌群の中ではパーツの欠落や後からの加工の跡も特に見当たらず、最も発売時の状態に近い車輌と思われます(流石に外箱がないのでバック運転用のカプラーなども付属してい…

続きを読むread more

機関車大量入線!その2 C62

 大量入線した機関車からまずはKATOのC62から紹介します。  KATOのC62は昨年新規設計の新型が出ており、私も昨年の年越し運転の折に金もないのに衝動買いしてしまったという過去があります(笑)が、今回入線の物は旧製品です。  旧製品と現行製品は設計時のスケールが違い、旧製品の方が幾分大きめですが、二両を並べたり重連を試した…

続きを読むread more

機関車大量入線!その1

   先週末にここ一月ほど覗いていなかった近所の中古ショップ(鉄道模型の専門店ではありません)へ久しぶりに行った時の話です。  地方在住の悲しさで田舎ではなかなか自分の欲しい中古品には滅多に当たりません。たまに秋葉原などに中古車両を漁りに行く事があるのも自分の欲しい車輌が掘り出せる可能性が高いからなのですが(それでもそうしょっちゅう…

続きを読むread more

感動の9600

 先日、知り合いが来た折に互いの手持ちの車輌を走行させてみたのですが、たまたまレイアウト上の併用軌道を115系が走る様を見せていたら知り合いが曰く、  「これだったら9600でも走れるのがある」との事。  その話によればTOMIXのミニカーブレール(140R以上)をクリアできるのだそうです。C11や50辺りならまあそうかなと思うので…

続きを読むread more

C58+14系

 電車主体の当レイアウトで機関車牽引の列車はそう多くはないのですが、イベント列車として走らせる物も設定しています。 (尤も、堅苦しいことを考えずに好き勝手な列車を走らせるのも楽しいと思いますが)  当レイアウトでは唯一の蒸気機関車のC58が14系座席車を牽引します。  C58は時代設定や配置分布の幅が広く、結構重宝する機関…

続きを読むread more