"旅行・探訪・イベントなど"の記事一覧

2年ぶりに「レンタルレイアウト詣で」を実行する

 件のコロナ禍に加えてそれまで行きつけだった鉄道カフェが移転・リニューアル中という条件が重なってしまったのですが、ここ2年くらい「レンタルレイアウトで走らせる」という行為にすっかりご無沙汰していました。  ですが、コロナ禍の方が幾分収まり、それに伴ってこの間ようやくアキバ行きを2年9か月ぶりに決行できた事がここに来て私の背中を押し…

続きを読むread more

久しぶりに秋葉原に行く

 今回はわたしにとって久しぶりの一大イベントのはなしです(笑)  思えばこの夏は昨年、一昨年以上にコロナ禍に振り回されっぱなしでした。  いや、コロナ禍が始まって以来夏に限らず年中通して遠出にあまり縁のない時期だったと思います。 以前は年に何度か行っていたアキバ行きも当然中断の憂き目を見ており、心の隅でそれがストレスの種になっ…

続きを読むread more

夜汽車を撮りに出掛けて・・・

 先月の終わり頃のはなしです。  以前からごくたまに「夜中の駅にキシャを見に行きたくなる」衝動にかられる事があるのですが、その晩も蒸し暑さに参っていましたし半分は夕涼みのつもりで駅にクルマを走らせました。  町中の駅の場合、周囲の夜景と灯りを煌々と点けた列車の組み合わせはこよなく画になります。  実際、レイアウ…

続きを読むread more

出先で見つけた鉄道ネタプラスα(汗)

 この春から夏にかけて出歩いた先で見かけた鉄道絡み(そのほかの物)のネタから。  6月頃に甲府駅で見かけた211系。  先日の当ブログで105系の訓練車のコメントを頂いて思い出したものです。  専用の訓練車を使った講習風景は鉄道記録映画なんかでたまにお目に掛かりますが、こんな風に前掛けを追加するだけで「普通の編成でも訓練車…

続きを読むread more

真夏の塩尻行き

 このところのコロナ禍もあってめっきり遠出に縁がない事への反動もあって、先日S660で1年ぶりに塩尻にクルマを飛ばしました。  平日休ゆえ、往路で観光客らしき車に出会うこともなし。  適度にゆったりしたアップダウンとワインディングを楽しめる山梨-長野付近の国道20号線の山道はところどころで中央本線と並進するところもあって、な…

続きを読むread more

夏の静岡行き・・・

ここふた月ばかりの休日蟄居でわたしばかりか家族も少なからず腐っています。 前にも書いた様に流石に3回目のコロナ禍の夏ともなると、そろそろどこにも連れて行けなかったのを責められるタイミングでもあります。 まあ、そもそもわたし自身もこういう状況に腐り気味なのですが。 この時期の遠出は、コロナ禍での感染者の急増が少なからず気…

続きを読むread more

梅雨時の運転会のはなしその2

 先日の日曜日は時折ぱらついたものの梅雨の中休みを思わせる晴れ間が覗きました。  こういう日は自宅にいても爽やかさを感じるものですが、レイアウトで自宅運転会と洒落込みました。  先日、ワサフ8800タイプが落成した記念にEF58牽引で「北星」を走らせましたが今回は牽引機を換えてED75で行きます(ワサフ8800は仙台で増結してい…

続きを読むread more

アフタートレインフェスタの自宅運転会(大汗)

 今回の記事は記録ものの早さの梅雨明け早々のこの時期、出し遅れの証文みたいな内容の記事になってしまいましたがご勘弁を。  梅雨を前にして気分も湿りがちな昨今、トレインフェスタに伴う宿題をひと段落つけたので久しぶりに自宅運転会と相成りました。  走らせた中にはトレインフェスタデビューを決めた物あり、その予定がありながら果たせな…

続きを読むread more

撮り鉄と駅弁のはなし

 先日メインブログで、久しぶりに「撮り鉄の真似事」をした話をしたのですが、マニアでもないわたしが写真を撮るだけだったら、わざわざS660を飛ばすこともなかった気がします。  実は今回の甲府行きにはもう一つ目的がありました。  先日のグランシップトレインフェスタで丸1年ぶりくらいに駅弁を食したのですが、例年にない健康系の弁当ばかり…

続きを読むread more

久しぶりに「鉄分補給」をしたはなし

 コロナ禍からこのかた、列車に乗ることもなく(実物ファンとしての)鉄オタらしい事にここ3年ほどご無沙汰していました。  精々が近所の駅に出かけたついでに電車を眺めるくらいなものです。  ですが久しぶりにトレンフェスタに参加したばかりのタイミングだったこともあり、ふと思い立って近場の駅に繰り出す事にしました。  近場と言…

続きを読むread more

トレインフェスタと駅弁のはなし

 グランシップトレインフェスタ2022のネタから、今回は番外編です。  わたしが本番に参加するのは二日目の日曜日ですが、土曜日の夜に静岡に向かい一泊という日程でした。  という訳で、仕事のあと車を飛ばしてどうにか夜の懇親会に滑り込み、普段は味わえないご馳走を頂きます。  が、そこはこのコロナ禍のことですから(昨年ほどで…

続きを読むread more

グランシップトレインフェスタ2022を総括する

 当ブログにおけるグランシップトレインフェスタ2022関連の記事も気が付いてみたら「丸々2週間トレインフェスタネタばっかりだった」のに我ながら驚きました(大汗)  恐らくここまで引っ張ったのはわたしが初めてこのイベントに参戦した2016年以来ではないかと思います。  とはいえ、その辺りの事情はその時とは全く異なると思います。 …

続きを読むread more

トレインフェスタのみやげ物(笑) (トレインフェスタ2022のはなし8)

グランシップトレインフェスタ2022その8から。  「トレインフェスタ」という名称から分かるように元々このイベントは静岡の鉄道会社などが集まって鉄道の魅力をアピールする面があります。  地元色全開モードの駅弁コーナーなんかにそれは顕著ですが、県外から来たわたしなんかからすれば、地元私鉄のパンフレットを拾ったり、物販コーナ…

続きを読むread more

トレインフェスタのもうひとつの楽しみ(トレインフェスタ2022のはなし7)

 グランシップトレインフェスタ2022ネタから。  この種の準全国レベルのイベントに参加するメリット(というか楽しみ)のひとつに「同好の士との交流や駄弁りw」があると思います。  流石に周囲の迷惑レベルになるとやり過ぎでしょうが、ファン同士の共通言語で語り尽くす楽しみ(それも未知の相手と)は殊、地方のファンにはなかなか機会が…

続きを読むread more

HOゲージの旧車の花道w(トレインフェスタ2022のはなし6)

 グランシップトレインフェスタ2022のはなしその3  昨年に引き続き今回も当クラブではNのモジュールと並行してHOゲージの路線も引き回され、トータルで6列車同時運転で賑々しさを演出していました。  実はわたしも本線関係ではHOを本命視していて、普段自宅で運転しにくい編成を持ち込みました。  中には「ジャンクの花道」み…

続きを読むread more

ノス鉄・トーマスがモジュールを走る(トレインフェスタ2022のはなし5)

 グランシップのトレインフェスタ2022ネタから。  前回までは他のクラブの展示を中心に纏めましたが今回は私の所属するクラブ及びわたしの出展ネタをば。  前述のようにわたしの参加は二日目にして最終日の半日だけでしたが、短いなりに充実できたとは思います。 クラブのモジュールで純粋な新作はなし。わたしの持ち込みモジュールが…

続きを読むread more

ラージスケールモデルとナローゲージの競演(トレインフェスタ2022のはなし4)

 いつもですと当ブログは月曜定休(笑)なのですが、ネタが増えたのと14日にトレインフェスタで臨時休を入れたので今回は月曜も連投になります(笑)  と、いう訳でトレインフェスタの会期中に見かけた他のクラブの展示からその3。  今回はラージスケールモデルとHOナロー編です。  NMRCのイルミ貨車を牽引するシェイギアー…

続きを読むread more

トミーテックの展示から(トレインフェスタ2022のはなし4)

 グランシップトレインフェスタ2022から、その4です。  前々回のトレインフェスタでは「出張ホビーショー」と称してグリーンマックスとTOMIXが展示を持っていたのですが、場所が目立たなかった上にディスプレイもなんだかおざなりの感じでがっかりした記憶があります。  本来そういうのが見たい人たちは近くでやっている静岡ホビー…

続きを読むread more

 HOゲージの競演(トレインフェスタ2022のはなし3)

 トレインフェスタ2022ネタから  今回はメイン会場の中心だったHOゲージの展示をば。  会場が広かったうえに私が見て回ったのが会期の最後の方だったので、クラブごとにじっくり見て回れなかったのが今もって残念です。  フル参戦出来たらもっと見られたのにと後悔しきり。  クラブごとに大規模な組み立て式レイアウトが居並ぶ…

続きを読むread more

トレインフェスタ2022のはなしその2 Nゲージ編

 トレインフェスタ2022ネタ・その2。  1日の間に駆け足で見て回らざるを得なかったのですが、他のクラブの展示に改めて刺激を一杯受ける事が出来ました。  これがあるからこの種のイベントは嬉しくもあり愉しくもあります。  今回はその中から印象に残った展示をピックアップしたいと思います。  アートとしてのモジュール展示でい…

続きを読むread more

トレインフェスタ2022のはなし・搬入のあとさき

 今回からグランシップトレインフェスタ2022ネタでしばらく引っ張ります。  まずは準備編から  13日は会場の搬入とセッティングなのですが、当日はあいにくの雨に祟られました。  一部のアイテムの固定に木工用ボンドを使っているモジュール類が濡れるのは(そうでなくても)致命的ですから、農業用のマルチをモジュールにラッピング。…

続きを読むread more

グランシップトレインフェスタ2022・プロローグ

 コロナ禍の中では二回目となるグランシップトレインフェスタ。  2022は15日の午後3時半を持って全日程を終了しました。  わたしが参加できたのは搬入および15日のみとこれまた中途半端でしたが、昨年に続いてとても充実した日程を過ごす事が出来たと思います。  2日目は前日よりも客の入りが良かったそうで、昨年と比べても賑やか…

続きを読むread more

大雪と大地震の帰省から

 今年の正月は帰省が出来なかったのですが、その代替として今年は春彼岸のタイミングで帰省を済ませる事にしました。  コロナ禍に限って言えば、感染者数自体は正月の時よりも悪条件ではあったのですが、先月までに家族及び実家の母などが3回目の接種を済ませたことと、来たる亡父の法事の打ち合わせを行うには彼岸の時期が適当だったという事情もあ…

続きを読むread more

2022年の走り初め・「おめでたい編成の競演w」

今回の大晦日の年越し運転は、「運転開始が新年の10分前」というスケジュールのひっ迫から大分慌ただしいものになってしまいました。 ですが元日はその分時間がゆったりしていたので、念晴らしに色々お祭り的な編成を走らせる事が出来ました。 まあ、どれもこれもが変な編成、変な組み合わせですが。 一昨年の年越し運転で…

続きを読むread more

慌ただしくも「年越し運転」

 今回は毎年恒例の「年越し運転」ネタから。  昨年の年越し運転は、諸般の事情で例年にない忙しさの中「運転開始が大晦日の夜11時50分」という、まさに押せ押せ状態でのスタートとなりました。  なにしろその時まで「何を走らせようか」すらろくに決まっていなかったので、殆どその場の思い付きに近いセレクトだったのですが、今思い返してみ…

続きを読むread more

2年ぶりに「落合南長崎の聖地」を詣でる(爆笑)

 先日の平日休、コロナの感染者が最小のレベルのこのタイミングでないとできないと思い、S660での上京を決行しました。  前回の上京が昨年2月初めでしたから、22ヶ月ぶりと言うことになり、同時に今年最初で最後の上京ということになります。  いや、それどころか「聖地」の最後の探訪は一昨年の今頃でしたから丸々2年開いています。 …

続きを読むread more

枕元に新白河駅のパノラマ(笑)

 今回は久しぶりに紀行ネタです。  例のコロナ禍がひと段落(と言うより個人的には単に「第5波と第6波の谷間期間」ではないかと思いますが)という事で、研修会や出張もぼちぼち回って来る様になりました。そのひとつが福島で行なわれることになり、まる2年ぶりくらいに私も県外に出る事が出来ました。  今回は、その時の言わば「わたし的な余禄」…

続きを読むread more

お盆休みのひとり運転会(笑)

 今年のお盆は昨年同様に墓参り以外は特にする事もなく、お坊さんの棚経もなし。  そこへ持ってきて先日来の長雨でただでさえ気が滅入りがちな所に輪をかけて沈み込んだ蟄居状態になりました。  自室で雨垂れを聞きつつ、ぽつねんとしているうち、ふと思いついた事。  「そういえば今年は自宅のレイアウトであまり走らせていなかった」 …

続きを読むread more

梅雨明けの塩尻へ・・・

今回は今から2週間ほど前、梅雨明け直後の平日休のはなしです。  件のコロナ禍の事もあり、ここ1年半くらい東京(と言うか首都圏)の中古ショップ巡りにはすっかりご無沙汰していますが、その反動と言いますか人口密度の少ない田舎を巡るスタイルが私の中で定着しつつあります。  しかもその旅先でやる事がこれまた「テツドウモケイを中心にした…

続きを読むread more

6月の運転会から・その2

 先日お話しした今年最初の運転会から。  運転会では各メンバーの持ち込み車両がメインで種類もそれなりにバラエティがありました。  一般受けの良い「お寿司列車」だけは定番配置でほとんど常に走行していましたが牽引機は適宜入れ替えて機関車への負担を減らしています。  今回初めての試みとして、ギャラリーからのリクエストを積極的に取…

続きを読むread more

久しぶりの運転会から

昨年は一度も運転会やイベントがなかったうちのクラブですが、今年はグランシップトレインフェスタがどうにか開催された事で「感染対策をきちんとしていれば運転会もどうにか可能」という目処がある程度立った様です。 それは運転展示のオファーを出す側も同様だった様で、6月にある施設から運転会開催の依頼がありました。 開催が終了してから2週間以…

続きを読むread more

トレインフェスタ2021のこぼればなし

 先日総括の記事を書いたばかりのトレインフェスタ2021のはなしですが、若干書き残しがありましたので、今回はこぼれ話的に少々捕捉をば。  クラブの展示で持ち込んだHOスケールのハイスラー蒸機。モジュールのエンドレスが大きいのでカナディアンパシフィックの貨物列車の貨物列車を先行させ、半周くらい間隔をあけてからハイスラーに後を…

続きを読むread more

トレインフェスタ2021を振り返るその4・望外のHOまつり(笑)

 前回に引き続いてトレインフェスタ2021の当クラブの展示から。  これはわたし的にかなりイレギュラーな、ある意味嬉しいおまけイベントのはなしです。  まずは以下の動画をば  当クラブの今回からの新機軸はNのモジュールの外側に16番/HOの複線エンドレスを敷き、Nで最大4列車、HOで2列車の同時運転を行った事で…

続きを読むread more

トレインフェスタ2021を振り返るその3駆け足で観て回り

 トレインフェスタ2021を回顧するはなし その3は他のクラブ出展を駆け足に見学したはなしです。  まずはこのふたつの写真をご覧ください  上の写真は前回2019年のフェスタメイン会場。  下のそれはほぼ同じアングルから捉えた今回の会場の状態です。  人出の少なさは勿論ですが、展示も密集を避けるために通路スペース…

続きを読むread more

トレインフェスタ2021を振り返る その2当クラブの展示から

 トレインフェスタ2021の回顧から。  5月15日、トレインフェスタがスタート。  予め来場日と時間帯を指定されていた予約客が決められた時間帯に入換制で入場します。  今回はまず当クラブの出展から。  予想はしていましたがやはり一般客の出足は鈍いものがありました。  当クラブの特色は一般参加可能な体験運転コーナーと塗…

続きを読むread more

トレインフェスタ2021を振り返る その1・準備と設営の一苦労のはなし

実を言いますと今回から扱うネタはアップする事ができるか否かでここ3週間くらい寝かせていた題材です。 何しろ他ならぬコロナ禍の絡む話なだけに、万一クラスターでも発生したら到底掲載などができる状況ではなくなるという危惧もありました。 という訳でつい先日まで戦々恐々とした状態だったのですが、開催から3週間近く経過し、会場発クラスタ…

続きを読むread more

2021年の初運転のはなし

 2020年の年越し運転ネタの最終回とでも言いましょうか、元日朝の初運転のはなしで締めにしたいと思います。  初日の出を拝みに人っ子一人いない近所の広場へ出かけ、初日の光を浴びながら今年の無病息災を祈り帰宅。  寒気冷めやらぬ部屋の中でさっそく今年の走り初めです。  とはいえ年越しに参加した列車の大半はまだレールの上。 …

続きを読むread more

とある「路面電車跡の記念碑」を見に行く

 今年最初の平日休。  昨年は鉄道関連の探訪をする機会がなかなか作れず(何しろ基本自分の縄張りから外には出られない状況でしたから)勢い当ブログも実車関連のネタが書けないでいました。  今回はたまたま近場にその種の記念碑ができたという事で出かけられたものです。  かねて行きつけの鉄道カフェの御店主から「最近とある鉄道記念碑が…

続きを読むread more

年越し運転のあとさき その3

 2020-2021の年越し運転ネタから  大晦日の夜、時計も11時を回りいよいよ年越し運転のスターが揃い始めます。  ひとつはTOMIXの「四季島」  もうひとつは数年前に中古を入手して以来年越し運転への参加をもくろんでいたマイクロエースの京成3200系90番台「リバイバル開運号」  (ヘッドマークも点灯式なうえに…

続きを読むread more

年越し運転のあとさき その2

 2020年の年越し運転ネタから、夜の部です。  陽が落ちて周囲が暗くなるとレイアウトの電飾が映えます。  前にも書きましたがうちのレイアウトはショッピングセンターなどの明るい場所で使われることが多いため電飾の光も強めになっているのですが、真っ暗な部屋でこれをやるとまさに不夜城のような雰囲気。  夜景特有の風情には欠けますが、…

続きを読むread more