"車両・電気機関車"の記事一覧

今月のジャンク車・まさかのロイヤルエンジン

 最近やや沈み気味の気分を晴らすためにしばらくぶりで覗いた中古ショップ。  例によって(笑)ジャンク品のコーナーから見ていったらいきなり目に入ったのがこれでした。  KATOのEF58 61と一号お召し列車編成が袋詰めで格安価格(一両辺り3桁価格でした)。何やら畏れ多い気もします。  よく見るとEF58はパンタが片方欠損。…

続きを読むread more

オリエント88とJRF

 前回までの組み合わせは主に旧型機でしたが、今回の組み合わせは少し毛色を変えてみました。  OE88の運転当時登場していなかったEF210「桃太郎」との組み合わせです。  これまでの旧型機とつなぐと何となく浮いて見えた20&50系客車のオニとマニでしたが今回の組み合わせでは最新鋭機と欧州客車というギャップの大きい組み合わせの…

続きを読むread more

オリエント88と電気機関車

   先日蒸気機関車の8200がオリエントエクスプレス88を牽引した話をしましたが、その折に8200(C52)の資料が調べてみたくなり、手元にある列車イラスト集をめくっていました。  お目当ての8200は見つかったのですが、その下に描かれている電気機関車の編成にも目が止まりました。  ED19(ED53)牽引の急行編成。ED53と…

続きを読むread more

EF64-37とイベント列車

 先日の複線プレートの製作の直前くらいの頃、中古屋でKATOのEF64 37号機を見つけて購入していました。  この機関車は時折地元の駅の隅っこに留置されていたり、単機回送で近所の踏切を通過するところを見かけたりと個人的にはなじみのある機関車ですが、昨年の春にSL(D51)の運転が行われた際には列車の後尾についていたのが印象的でし…

続きを読むread more

ED75-700

個人的に今月期待の新車だったTOMIXのED75-700が入線しました。   上の写真の一枚目では右、二枚目では左側のが今回の75、もう一両は最近まで出ていたTOMIXの旧製品です。  以前にもここで紹介しましたが、故郷で馴染みの機関車だったこともあって電車メインだった頃からED75だけはTOMIX・KATOなど複数入線させて…

続きを読むread more

師走の新規入線2・EF66

 C53と一緒に購入したのがTOMIXのEF66後期型・JR貨物更新車です。  我ながら不思議な話ですが最近電気機関車も増備が進みましたが、何故かEF65はKATOばかりが当たる一方でEF66はTOMIXばかりが当たります。既に初期型・100番台を中古で購入していますがいずれも製造時期が異なり、今回の66が模型としても最新となりま…

続きを読むread more

今月の入線車輌・第3のEF65

 先月から今月にかけては10月の大量入線の反動があったのと今回建物類の大量導入があったりしたので新車の入線が少ない状態でしたが、例によって(笑)ジャンク品や中古品の車輌が少ないながらも入っています。  今月第一号の入線は私にとってはサプライズのEF65JR貨物塗装モデルです。  店頭でこれが3桁価格で並んでいたのには驚きました。…

続きを読むread more

ED電機の製作2 プラス

 車体が一応完成したED電機ですが、カラーリングをどうするかは難航しました。元のEH10とは変えるつもりでいましたが、候補だけで6種類位になりましたか。  ①カツミのEB10に存在したライトグレーと赤のツートン  ②今回の機関車にそっくりな定山渓鉄道(後に越後交通)のEDが使っていたブルーに黄帯  ③旧客の茶色に前面に黄のゼブラ …

続きを読むread more

EH10改・ED電機の製作

  この夏に近所の中古ショップで購入したジャンク品のKATOEH10.  1モーター2動力車という特異な電気機関車ですが、二つの車体をつなぐドライブシャフトが欠損しており二車体では機関車として機能しない代物でした。  購入後2月ほどして、これをED級電機機関車に仕立てることにして早速検討に入りました。  当初の問題はそのまま…

続きを読むread more

EF15も入線

 ジャンクや中古を取り混ぜても先月は怒涛の入線ラッシュだったのですが、今月は流石にそんなハイペースには行きません(というか、それが当たり前なのですが・・・)  今月はもう一つ、かねて予約していたTOMIXのEF15も2度ほどの延期を経て先日やっと入線を果たしました。  デッキ付きの電機はこの間ジャンクでEF57が入線したばかりで…

続きを読むread more

番外編・ジャンク軍団その後

 先々週購入したジャンクの車輌たちですが、36型やDE10はほとんど手を加えずに入線できましたが、他の3つは改修や使用法で工夫が必要でした。  先ず、KATOのEH10ですが伝導ジョイントのパーツがどうしても入手できず(現行品と異なりジョイント形状の違う旧動力の為)モーターの無い側のギアを外してトレーラー化しました。これで見かけの…

続きを読むread more

番外編・大いなるおまけ?2

 前回に引き続きジャンク品の紹介です。  TOMIXの三陸鉄道36型。  本来は2両セットだったと思うので相方がなかった事とヘッドライトが点灯しない(ひょっとすると最初から無かったのかもしれません)事がジャンクの理由と推定されます。  短行でも問題のない車種なのでレイアウト上で活躍させやすい車輌です。走りもちゃんとしています(…

続きを読むread more

番外編・大いなるおまけ?

 先日のEF65は記述の通り中古ショップでの購入となりました。状態も中々良かったので新車を安く買ったと思っても良いレベルと思います。  さて、ショップを見回すと普段は見かけないNゲージのジャンク品が陳列されていました。ジャンク品といってもピンからキリまであり個人的には見た目の良い物ほど危ないというイメージを持っています(この辺り昔の中…

続きを読むread more

番外編・「偉大なる凡庸」の入線

 先日EF60が入線したばかりの当電機区ですが、既にEF58や64などが入線し大分活気付いてきました。  そうなるとどうしても直流電化区ならばどこに行っても見られるEF65が無いのが気になって仕方なくなって来ました。  以前杉やんさんへのコメントで書きましたが、いつでも入手できると言う安心感からこれまで入線させてこなかった車輌で…

続きを読むread more

機関車大量入線!その6・EF57

 今回はKATOのEF57です。  以前からデッキ付きの電気機関車が欲しかったのですが、最近は店頭で見かける事もなくなり半ばあきらめかけていただけに今回の発見は嬉しかったです。  こちらも以前紹介のEF58同様にカプラーの形状などから初期の製品と思われます。  足回りもEF58に準ずるもので走りについても旧製品のEF58と殆ど…

続きを読むread more

機関車大量入線!その3・EF58

   今回入線した機関車の内で同形式が既に入線していたのは先日のC62と今回のEF58のふたつです。  どちらも今回入線したのが旧製品という点でも共通しています。  そんな訳で今回のも現行製品との比較みたいな話になってしまいます。  今回のEF58はKATO製品ですが、カプラーが旧式のアンカプラー対応の物である事、現行品…

続きを読むread more

もうひとつの機関車・デキ100

 秩父デキ200が入線してトロリー線の方にも貨物列車が活躍しそうですが、当レイアウトでは以前から私鉄機関車がもうふたつ、鉄道コレクションの名鉄デキ100が2タイプ活躍していました。  というか、電車中心だった当鉄道のラインナップで機関車自体がこれしかなかった時期が長かったのですが。  牽引する貨車も鉄道コレクションのトフトかワフ…

続きを読むread more

衝動買いの「新規入線」・デキ200

 年末で出費が重なる時期だというのに衝動買い等できるはずがないのですが・・・  今日の帰り掛けに立ち寄ったショップで見つけたマイクロエースの秩父鉄道デキ200。最近の機関車増備攻勢の中でかねて欲しいと思いながらもどこにも見つからず半ばあきらめかけていた「デッキの付いた茶色い電気機関車」です。  自分の考えていたのより小さめの…

続きを読むread more

「両刀使い」の電機たち

 直流機・交流機と続きまして、今回は交直流機です。  以前、田舎へ帰省した折にコンテナ貨車を豪快に牽引するEH500を見てから一気にこの機関車にしびれました(死語)。 いかにも貨物専用機らしい無骨さと豪快さが感じられなかなかかっこよく見えたものです。本機の模型がリリースされている事を知るや殆ど衝動的に直ちに3次型を、後に1次型を中…

続きを読むread more

「赤い」機関車

 国鉄・JR型の直流機関車は先日の2両だけですが、交流機の方は現在4両が在籍しています。ところがそのラインナップが全部ED75とその派生機の79という実に偏った組み合わせになっています。  それというのも私が子供の頃にみることのできた「電気機関車」がこれしかなく、機関区などを見てもED75ばかりがずらりと並んでいる所しか見た事…

続きを読むread more

「青い」機関車

 自分の田舎が交流電化区間だったせいもあり、当レイアウトに在籍する電機の大半は交流機と交直流機でした(そのくせ電車は大半が直流車)  しかし現在住んでいる所は逆に直流区間しかないところで青や茶色の機関車を見ている内にはそれなりに好きになってきた車輌も出てきます。先日の秋葉原行きではそんな機関車もいくつか漁ってきました。  EF5…

続きを読むread more