"思いつくままに・考察"の記事一覧

列車のお立ち台と「特撮」のはなし

 今回は先日製作した「列車の侍らせ台」の話の続きです  線路と土手、その手前の道路だけというシンプルな展示台ですが、このやり方のメリットは奥に並ぶ街並みを気分や車両に合わせて自在に入れ替えられる事にあります。  単純に線路を並べるのに比べ、手前に線路のある土手を配する事で模型のストラクチャーが玩具っぽく見えてしま…

続きを読むread more

「テツドウモケイを飾る」に思うこと3

 故・水野良太郎氏が「鉄道模型入門」という本でレイアウトの魅力の例えとして以下の様な話を書いたことがあります。  タタミや床の上にレールを敷いて走らせていたあなたは、一度それを  「テーブルの上にレールを置き、そこへ車両をのせて眺めてください」  つまり、目の高さや目の位置に近づけて眺めるとどんなに実感的に見えるのかがよく…

続きを読むread more

テツドウモケイと隠語のはなし

今回は60年以上前のTMS特集シリーズを読んでいてふと思った事から。  物は1960年刊行の「レイアウトガイド」です。 「ロコを作り始めても浮気の虫は収まらず、ユーレイのムキを1台作り、MRやクラフツマンを読んではムラムラしている僕の事だから、安楽マニアがやってきて工作の邪魔をされるのは全く困る。 しかしテンダーがドリルレ…

続きを読むread more

レイアウトと街並みのコーディネートに思うこと

 先日来さんけいのペーパーキットを作っていて「できたそばから既存の街並みに組み込んでみる」というのを繰り返しています。  レイアウトと言えども固定した時間軸で風景を冷凍するような物よりも、常に変わり続ける風景も表現したいという個人的なポリシーから運転会やイベントに持ち込まない自分用のレイアウトでは基本建物類を固定せず入れ替え可…

続きを読むread more

鉄道模型は高いのか?ストラクチャー・アクセサリー編

 先日入手したKATOのミニカーの色刺しには本当に往生しました。  手間は掛かるし道具は要るし、おまけにそこまで努力して出来の方はさっぱりです。  それでも色刺ししてみると吊しの状態よりははるかに愛着の湧く状態に感じられたのは何よりです。  まあ、こんなのも自己満足の一種ではありますが。  さて、そこまでやってふと思った…

続きを読むread more

14年目に突入して・・・

 先日のブログで「訪問者数が29万を超えた」話を打っていてふと思い出しました。  6月5日でこのブログを開設(旧ブログを含む)してから14年目に突入していた事を、です。  この春からの肺炎騒動やそれに伴う各種イベントの休止、更には首都圏をはじめとする県外移動の自粛(もちろん出張の類もなし)など異例ずくめの3か月ほどを過ごして…

続きを読むread more

無題

 先日の緊急事態宣言の全国拡大で、不要不急の外出のより一層の自粛が呼びかけられました。  私のところでも先月来あらゆるイベントや会議、学会・研修会から無尽の類に至るまで休止や中止の連続。残業の類もほとんどなくなり、職場では屋内での昼食時の会話も自粛ムード一色です。外へ出れば町中から人出というものが消えはじめ、この間の花見時などはこ…

続きを読むread more

レイアウトに賑わいを、そして・・・

 先月の半ばころのこのブログでモジュールの改修のひとつに「無人状態の風景に人形を追加する」というのを書きました。  そこで思い出したのですがこれまで私の作ってきたレイアウトやモジュールは一部を除いて「風景のどこかに人混みがある一角があるか人の集まるイベントが設定されている」という特徴があります。  レイアウトのモチーフに…

続きを読むread more

肺炎騒動に思うこと2

 前にこの題材でブログを上げてからちょうどひと月になります。  その時点では開催の可否が流動的だったグランシップトレインフェスタですが、つい先日今年は中止との発表があり複雑な気分です。  無症状の感染者の比率が高いといわれる子供や若年者のギャラリーと、重症化リスクが高いとされている高年層が多い参加者が大空間とはいえ密閉度…

続きを読むread more

「読むテツドウモケイ」のはなし その3

 読む鉄道模型のはなしその3です。  前々回、いまの鉄道模型の入門書についてケーキのレシピ本を例にして「手を使わない読むだけ」の使われ方への疑問を書きました。  その時は「ケーキつくりのレシピ本」という例えを使いましたが、ケーキを楽しむにはもうひとつ「有名店のパティスリーのケーキを食べ歩く本」とか「世界の高級ケーキを俯瞰する本」…

続きを読むread more

「読むテツドウモケイ」のはなし・2

 先日の「読む鉄道模型のはなし」の続きです。  今回は前回とは違ったベクトルから書いてみようと思います。  前回紹介した水野良太郎氏の本が出たのは今から40年以上前と言うのは既に書きましたが、実はこの時点でも鉄道模型の専門書はTMS以降の物だけとっても既に30年の歴史を持っていました。  今だと更に40年分は上乗せされましたか…

続きを読むread more

「読むテツドウモケイ」のはなし・1

 大昔、水野良太郎氏が著書の中で昭和50年代当時の鉄道模型の入門書や専門誌を紹介した折に「専門誌を読むだけのファンも増えてほしい。そしてよく読み込んでほしい」という一節を書いたことがあります。  学生の折、これを初読した時実は「これはかなり無理な論旨ではないか」と思ったのを思い出しました。この本が上梓された時(昭和52年頃…

続きを読むread more

中古モデルに思うこと・エトセトラ

 昨年12月初めの事です。  暫くぶりで近場の全国チェーン系中古ショップを覗いた折、某社のC62(勿論Nゲージです)に15万円近い値が付いていて仰天しました。 (同系列の別の店ではメルクリンの動作チェックに9V電池を持ち出してきて驚かされましたし、故郷の中古屋さんではパッケージが接着剤づけになって開閉が不能な、どう見ても事前の検…

続きを読むread more

「お座敷での年越し運転」に思うこと

 毎年恒例の年越し運転のはなしから。  ここ数年、帰省先の実家の一室で寒さに震えつつお座敷運転というのが年越し運転のパターンになっています。  この為に用意しているエンドウのプラ道床線路317Rのエンドレス(これがどうかすると本家のTOMIXの奴より調子が良かったりします)を敷き回し、現住地から持ち込んだKATOのE353系付属…

続きを読むread more

時代に逆らい「ゆるい16番」に浸る(笑)

 数年前からの傾向であり、殊にここ1,2年くらいの事ですがうちで増備される16番モデルにちょっとした変化が起きています。  特に蒸機に顕著なのですがいわゆるスケールモデルよりもごくコンパクトな自由形、或いはサイズ的に接近する小型機が増えているのです。  8年ほど前に16番モデルに手を出した当初はそれなりにスケール性の高い…

続きを読むread more

鉄道模型の玩具化に思うこと・4

つい、先々週辺りに書いた事とやや矛盾することなのですが、それが気になる方は読み飛ばして頂けると有難い。今回はそういう性質のはなしです。 以前からこの題材で書いてきた事として「テツドウモケイは他のジャンルに比べて玩具と模型の境界が曖昧でグレーゾーンが広く、それゆえに魅力的に感じている」と言う私見があります。 実際、こういう書き方に…

続きを読むread more

コレクターとモデラー、そして鉄道模型の玩具化に思うこと・3

前回このネタで一席書かせて頂いてから大分間が空きましたが、テツドウモケイにおけるコレクターとモデラー、そして玩具化について思うことの続きを書かせて頂きます。 ですが、前回から大分経つにも拘らず大枠はこれまでのブログとほとんど変わっておらず、それに付け足す事もそう多くはありません。 なので結論の出にくい蛇足的な内容になる事はご勘弁…

続きを読むread more

「テツドウモケイを飾る」に思うこと2

 先日来紹介している、甲府モデルの車両展示台。  私も早速飛びついてNの仕様はモジュールに組み込みましたし、16番仕様は台所の隅の机の上に置いて即席の鉄道カフェ気分を堪能させていただいています(爆笑)  それらを眺めていてふと思ったことから。  前にこのブログだったか誰かへのコメントだったかで書いたことがるのですが「鉄道模…

続きを読むread more

今月号のTMSに思うこと

これまでも折に触れて書いていますが、数ある鉄道模型の専門誌の中で鉄道模型趣味(TMS)誌だけはこの趣味を始めて以来、基本的に毎月購読しています。 そんなわけで先日、いつもの様に書店に取りに行きいつもの様に頁をめくったのですが 最初のページに「TMS新体制について」といきなり出てきたのには驚きました。 出版元の機芸出…

続きを読むread more

モデラーとコレクターに思うこと2・コレクターズアイテムの陥穽

 コレクションアイテム化の持ちうる問題点。  これは先日リリースされたカーコレがそれを考えるきっかけになってはいます。  実は今回リリースの基本セットO1,2はリリースと同時に殆ど瞬殺に近い消えっぷりでして、後から買おうと思っても買えない状態です。  一方でどちらかと言うとマイナーだったり不人気だったりしたアイテムの方はかなり…

続きを読むread more

アクセスランキングと注目記事に思うこと

ここ数日来、私も使っているランキングサイトの中が少々騒がしいようです。 実は問題の事柄については私自身あまり意識した事がなく、コメントを下さっている方から間接的に事の事情を知った次第です。 この件に関しては私自身が深入りできるほどの情報がないので偉そうな事は言えませんが、それでも一連の経緯を見ていると自分に照らし合わせて色々…

続きを読むread more

コレクターとモデラー、そして鉄道模型の玩具化に思うこと・1

モデラーとコレクターについて思うことから。  前回書いた「鉄道模型、殊にNゲージのモデルがここ最近急速にコレクターズアイテムの側面を強めている事」に関してその現状に危惧を持っているコメントを頂きましたし、この記事のアクセス数がここ最近の中ではでかなり多い事も考えるとこの件について関心を持っている方が意外に多かったのに驚いていま…

続きを読むread more

「駅でテツドウモケイを買うはなし・2」

 以前「テツドウモケイを駅で買う話」と言うのを書いた事があります。  その時は私の念頭にあったのは新宿とか秋葉原の様な都会のターミナル駅の中の専門店、あるいは事業者限定品と称して私鉄の駅のきっぶ売り場とか売店で売られているモデルでした。  いずれにしろそういう買い物ができる所と言うと私の故郷とか現住地の様な「殺人的通勤ラッシ…

続きを読むread more

TOMIXの四季島とイベント列車のNゲージに思うこと

 今回もある意味四季島絡みのネタですが、実際このモデルは色々と触発させたり考えさせたりするきっかけを与えてくれる意味でも重宝するモデルと思います(笑)  先日購入したTMSの最新号の製品の紹介でもこの1アイテムだけで2ページも割いている(最近のTMSでNの新製品にこれだけのスペースが割かれるのは異例と思います)位ですし。  …

続きを読むread more

ホームページの更新のはなし

 今回は愚痴と反省が中心です。  先日帰宅してPCのメールボックスを開いてみたら「最後にホームページを更新してから1か月半が経ちましたが、ホームページ運営は順調でしょうか?」と言う内容の運営会社からのメールが来ていました。  そう言えば当HPが最後に更新したのは昨年11月の半ば頃でしたから私としては結構間を開けていた事に…

続きを読むread more

2018年を振り返る・4「今年印象に残った車両たち」

2018年を振り返る 今年入線した車両で個人的に印象深かったモデルから。 ここ数年毎年のようにこれをやっていますが、専門誌の新製品ベストテンと違って個人の思い出に残るモデルと言う基準故に新製品よりも中古やジャンク品、キットメイクなんかが多くなる傾向があります。 それゆえ、読者の買い物ガイドとしてはまるで役に立たない自己満足の羅…

続きを読むread more

2018年を振り返る・3「イベントとレンタルレイアウトの変化を感じた1年」

 2018年を振り返る  思えば今年は鉄道模型を楽しむ環境と言う点でも変化が多い年だったと思います。  昨年後半に近所の鉄道カフェができた事もそのひとつですが、今年の春には更に鉄道民宿がオープン。  夏にはある全国チェーンの中古ショップが現住地で即売会イベントを行うというサプライズもありました。  おかげで地元のレン…

続きを読むread more

2018年を振り返る・2「足で買った1年」

 2018を振り返るその2です。  今年も出だしから相変わらず中古やジャンク品を中心にモデルを入手しています(安いからと言って飛びついていると置き場所が無くなるという現実も突きつけられますが)  今年に関して特徴的だったのはその入手経路。    何しろ年の初めからしてジオコレ中心とはいえ「テツドウモケイを福袋で買う」…

続きを読むread more

2018年を振り返る・1「手を使った1年」

年末恒例の「2018を振り返る」から  鉄道模型に関する限り、今年の前半はモジュールの改修、中盤は専ら車両のキットメイクがメインになっていました。  殊今年に関しては久しぶりに手を動かした年だったと言えます。  モジュールの方ですが、実は行きつけのショップの御店主経由でうちのクラブがよく使っているホテルの模型製作を依頼され…

続きを読むread more

Nゲージフィギュアにふと思ったこと(汗)

 先日購入の犬猫フィギュアを見ていてふと思ったことから。  その時にも書いたことなのですが、ジオコレやジオタウンで製品化されている人形はかなりの数になって来ていますが、どれもこれもお行儀が良すぎるといいますかつまらないものが多い気がします(決して不要と言う意味ではなく、普通の情景の創成には欠かせないラインナップである事は強く申…

続きを読むread more

「おウチのエンターテイメントとしてのテツドウモケイ」に思うこと

 そろそろクリスマスも近いですしこういう話題もどうかと。  但し、記憶違いや事実の誤認もあるかもしれませんから、そこを割り引いてお読みいただければよろしいかと。  だいぶ前の事ですが、CSで放送されていた海外のとある番組を観てふと思った事から。  とあるお宝発掘番組(単なる倉庫漁りをエンターテイメントに変えてしまう辺りにア…

続きを読むread more

レイアウト工作と「趣味と実益」に思うこと

 つい先日のこと、  この間の台風で破損した自宅の修理をしなければならなくなり、ホームセンターで必要な資材を揃え、日曜朝の午前中に一気に補修を済ませました。  いわゆる「日曜大工(最近こんなのも死語ですが)」というか「日曜補修」という奴です。  仕上がりが素人仕事のやっつけなので到底写真を挙げられるものではないので上げませ…

続きを読むread more

テツドウモケイとクルマ趣味に思うこと2018 その2

今回の話は全くの私見です。 なので少々未消化の部分もありますがその点はご勘弁をば。  私がS660に乗っているのは「運転を楽しむため」と言う当たり前すぎるほど当たり前の理由からですが、同じ運転するのでも鉄道模型のそれとは異なり「ダイレクトに自分が操る楽しさを追求し」それとともに「持ち主からの与えた燃料をもらって、代わ…

続きを読むread more

テツドウモケイとクルマ趣味に思うこと2018

 今から3年くらい前に「鉄道模型の趣味」と「カーライフ」について私なりの考察を書き流したことがあります。  あの当時、私が乗っていたのが「国産車で一番目立たない5ナンバーのセダン」だったという事もあり、割と総花的な内容になってしまっていたのですが、あれから3年経って環境的にも思考的にも幾分変わったところもあると感じます。 …

続きを読むread more

 レンタルレイアウトの梯子で思うこと2

レンタルレイアウトに思うこと、前回の続きです。 今回の企画の前に試走させている鉄道カフェを含めて4つのレイアウトを走らせてみた訳ですが、それらの成り立ちはどれもこれも個性的です。 鉄道模型専門店の併設型、民宿併設型、地元の総合模型屋さんの併設型、そして鉄道カフェとどれもコンセプトが異なる点がまず面白い。 もうひとつ特徴的な…

続きを読むread more

 レンタルレイアウトを梯子して思うこと1

 先日の701系入線に伴う「レンタルレイアウトのはしご状態」でふと思った事から。  この趣味を再開してからこのかた、鉄道模型の運転と言えば自宅のレイアウトか運転会でのモジュール運転というのが99.999パーセントを占めていたと思います。  その間レンタルレイアウトを全く使わなかったという訳ではないのですが、その全てが県外でネット…

続きを読むread more

帰省とあの頃の模型屋さんのはなし

 帰省で故郷にいる間は用事やら買い物やらであちこち飛び回りますが、その折に感じるのが街並みの変転の激しさです。  故郷の街中を流していてふと目についたのは、かつて地域のRC模型の殿堂とされ、鉄道模型もそれなりに充実していた模型屋さんの建物でした。  看板こそ残ってはいますが現在はとうに廃業し、別の事業所が入っている様子で…

続きを読むread more

ジオラマとレイアウト・そしてモジュールに思うこと2

 先日の体調不良に伴う寝込みの折、WEBを見ていて触発されたことから  前回のレイアウトとジオラマに関連してこういう書き込みも拝見していました。  「鉄道模型レイアウトは部分部分はスケールであっても全体としては激しくディフォルメされている」  「(その一方で)一般的なジオラマは空間をディフォルメせず一部を切り取ったものが多い」…

続きを読むread more

ジオラマ・レイアウト・そしてモジュールに思うこと

この間の体調不良に伴う寝込みの折、WEBを見ていて触発されたことから とある書き込みで拝見したレイアウトとジオラマの違いを端的に表現した一句を目にしました。 「ジオラマでは時間が止まっている。レイアウトでは時間が流れている」 というのがそれです。 まさに至言と思いました。 私見を加えるなら、瞬間を切り取るのがジオラマ、…

続きを読むread more

レイアウト内の操演(?)に思うこと

 先日来風邪で寝込んでいて寝込みの席でスマホでウェブ巡りなんぞをしていたら何故かわたしを触発させるような題材がいくつか出てきたりして色々と考えさせられます(と言うかそんな事をしているから治りが遅いのか汗)  特に興味深かったのは先月辺りから散見した「レイアウト、ジオラマの違い」についての物でして成る程と頷く所もあれば違和感を感じる…

続きを読むread more