"車両・16番/HO/9mmナローゲージ"の記事一覧

カツミの「EB10形電気機関車」から

今回は16番フリーの機関車の話から  この間も触れました「工作ガイドブック」から始まる話です。  私の持っているのは77年版ですが当時はNと16番ではラインアップの差が大きく車両カタログとしては16番のページの方が楽しめた時代でした。  それらの中にはスケールモデルだけではなくいわゆる「フリー」と呼ばれる一連のショーティ…

続きを読むread more

111系横須賀色の誤算(汗)

 今回は16番モデルの失敗談から  正直な話、安ければ何でも飛びつく物ではありません。  中古モデルやジャンク品ばかり漁っているとこういう事もたまにはあるのですが今回は久しぶりにそれを実感しています。  物は近所の中古ショップで見つけたカツミの16番111系4連。  M車込みで1万円ちょっとと言う値段につい釣られてしまい…

続きを読むread more

意外なる「2014年最後の入線車」から

 元日入線で気を吐いたKATOのD51東北仕様ですが、実は昨年の最後の入線車にもサプライズがありました。  これまでのブログでは鉄コレの第20弾が最後の入線と書きましたし、事実大晦日の夕方までは私もそう思っていたのですがまさかまだあとが出てくるとは(驚)  それも16番のモデルです。  故郷で土産物を漁った帰り、故郷の行き…

続きを読むread more

KATOの16番スハ43から

客車ネタのその3、今回は16番です。 今回は16番の車両から。 DSC_0003.jpg  先日中古ショップで見つけた物です。  物はKATOのスハ43系客車。  これまで16番の客車というと昔のNゲージのそれを巨大化させたような12系が3両あるっきりでイベント列車位しか組めなかったのでタイムリーな見つけものでした。 …

続きを読むread more

16番のTOMIX ED75

 今回は16番ネタです。  これまた中古ですがTOMIXのED75の出物がありました。  天賞堂とかカツミ辺りのブラス電機に比べれば安いとはいえ、16番ともなれば結構な値段となる筈ですがこれはNの新車の75の2両分程度。  なので中古の16番の機関車としてはかなり安価な部類です。  以前のKATOのC56の時がそうだ…

続きを読むread more

16番のDD13のはなし

 先日の秋葉行きの収穫から  今回は久しぶりの16番モデルの話です。  最近秋葉等の中古ショップを覗くとKATOのDE10の出物によく当たります。  大体1万円前後の値段で入手できますから16番の機関車の中では相当にリーズナブルな部類でしょう。  又、機種的にも客貨両方に対応でき使いでのある機関車と言えます。  事…

続きを読むread more

「トミー製HOのEF58」のはなし

 先日入手の骨董品。  今年最初に入線した16番モデルですが昨年はHOが1両入線したきりですので事によるとこれが今年最初で最後かもしれません(汗)  TOMIXのEF58、茶色です。  厳密には「TOMIX」ではなく「TOMY HOスケール」ですが。  写真を見ると一見して30年前のNゲージモデルの様にも見えますが、…

続きを読むread more

リリプットの「8800蒸機」から

 「鉄道模型」としては今年唯一のHOモデルの入線です。  原鉄道模型博物館からの帰りにこういうモデルに当たるという事は「何かに惹かれた」様な気もするのですが。  リリプットのドイツ38形蒸機。  日本ではこれとよく似た設計の機関車がドイツから輸入され8800形蒸機となりました。  8800は後の8620のお手本になったとされ…

続きを読むread more

アリィのEF65とEF66がやって来た(笑)

 今回は16番スケールのモデルから。  但し今回は鉄道模型ではなくプラモデルです。  Nゲージャーには「マイクロエース」で知られるアリイの16番プラモデル。  その中のEF65とEF66のキット組み品を見つけました。  2両合わせてNの中古機関車1両よりも安価という所がいかにもプラモデル的です。  と、言いますかいくらプラ…

続きを読むread more

16番C58レストアのその後(汗)

 先日ハンダ付けで随分と手こずった(とか言いつつ殆ど私のミスなのですが)宮沢のC58のその後です。  こちらが補修前のC58です。  前回修正を要した前部とは別に前のカプラーが欠損、しかもどこかに落としたものらしく随所に歪みが出ていましたが走行自体は昨年のC54よりもスムーズでした。  やっとこ、ピンセットペンチなどででき…

続きを読むread more

今月の失敗談・ハンダ付けの罠(大汗)

 さて猛暑も一段落し、朝夕はそれなりに涼しかった昨日は今月最後の平日休です。  夏中暑さに茹だっていた身としては有難い気候だったので「鉄夏」の締めくくりにふさわしい事をやってきました。  とはいえお恥ずかしい事夥しい展開でもあったのですが(大汗)  まずは昨年からの課題だった宮沢のC58(もちろん16番)のレストア作業…

続きを読むread more

春のあらしと「縁側HO運転会」

 暖かくなってきたのは良いのですが、先週末は時ならぬ春のあらし。  晴れているのに周囲は妙に埃っぽく、天気雨に加えて強風まで吹き荒れる天候でした。  花粉や黄砂も相当に飛び交っていそうです。  夕方には外に留めておいた車が埃で真っ白になりました。  こういう時は下手に外出するより家の中でモデルの運転でもしているほうが少し…

続きを読むread more

C52蒸気機関車でにやにやする(汗)

 前回あんな事を書いてまでくさした感のある天賞堂のC52。  C52好きの私からするならきわめて満足感の高いモデルです。  ベースの8200を瀬の八対応にするために改造し全身にパイピングを纏った独特のルックスは正に「走るスチームパンク」  これが表現できるのは16番以上のブラスモデルのみでしょう。  どのアングルから…

続きを読むread more

C58復活におどろいたはなし

 先日のニュースには驚きました。  盛岡の県営運動公園の近く(正確には隣接の交通公園)で保存されていたC58が動態復活して釜石線を走るとのこと。  これまで帰省のたびにあの界隈は必ず通り、当然実物を目にしていましたが、まさかあれが走るとは。    なにしろこのところはいつ見ても車体にカバーが掛けられ復活どころかそろそ…

続きを読むread more

C54のレストア・2

 今回は16番(HO)のはなしです。  この夏の課題のひとつであったC54のレストア。  スムーズさに欠ける動力の処置として動力伝達のゴムシャフトを新品に交換。  車輪や接点の清掃など試しましたが大した効果が出ません。  走行時のがたつきの原因ですが走行時に第3動輪が浮き上がりやすい様なのでイコライザを分解調整したの…

続きを読むread more

HO車両のカプラーのはなし

 先日のJAM土産で購入していたケーディーカプラー、この間の平日休を使って手持ちの機関車などに片端から装着する作業を行いました。  2月に入線のアメリカ型DB、8月に親類から譲渡を受けたBタンクとC54、そして当鉄道最新の16番(爆笑)トミーの12系などです。  これまでの16番ラインナップでは車両の絶対数が少ないのにカプラ…

続きを読むread more

「トミー」のHO12系

 今回は16番の話から。  このところの車両増備で機関車はかなり揃ってきていますがそれが牽引する車両となると二軸貨車が殆どでした。  おまけにN顔負けのローコスト攻勢で増備してきた事もあって、編成物の客車や電車はなかなか揃わないというのが現状です。  おかげで単機回送の機関車ばかりという状況でした。  これはこれで結…

続きを読むread more

クモハ40に室内灯を組み込む

 この夏にやった工作らしい事といえば16番関連が多かった気がします。C54やBタンクのレストアとか、そしてクモハ40の室内灯の組み込みとかでした。  以前TOMIXの琴電で室内灯を試していたのでこちらの電車でもぜひやりたかった事です。  TOMIXのそれはNの室内灯を共用していましたがKATOは16番専用品をおごっています。 …

続きを読むread more

16番C54の復活改修・・・中

 ここ2ヶ月(具体的には梅雨明けの翌日から)、暑さにかまけてレイアウトの改修の類は殆ど出来ませんでした。  その一方で台所の隅でも(笑)出来る車両関係の工作やレストアがこの時期の主な活動となります。  この傾向はここ数年殆ど変わっていません。  今回は先日の帰省でやってきた16番C54のモデルのレストアを。  何し…

続きを読むread more

帰省してきました・3・つぼみ堂Bタンクの思い出

 先日帰省の折に親類の機関士の遺族から譲り受けて頂いた16番蒸気の話の続きです。  その中でもつぼみ堂(?)のBタンクは「私が生まれて初めて手に取った鉄道模型」と言う意味でも思い出深く、かつ記念碑的な意味を感じるものでした。  私が小学校に入る前に入線していたもので、家の棚の中の直線レールの上を行ったり来たりするだけの運転形…

続きを読むread more

帰省してきました2・16番のC54再生計画

 今回の帰省でのモデル面での収穫にして新たなる課題のはなしから。  以前から折に触れて書いていますが私がこの趣味に入るきっかけを作ってくれた機関士がおりました。  数年前に物故して以来折を見てその親類のところを訪ね挨拶に伺いつつ仏壇に手を合わせるのが恒例になっています。  今回もそうしたのですが、その折にご家族の方から手渡…

続きを読むread more

秋葉の見つけもの・B20

 先日の秋葉を覗きから。  実は今回の目論みはKATOのHO(16番)モデルのEF210を買おうかというものでした。  新車でも恐らく1万円内外位で売っているのではないかと思われましたからこういうついでの時の買い物には悪くありません。  実際EF210はありましたし、当地よりも安価な値段だったのですがそこは秋葉原。  と…

続きを読むread more

今月の入線車・KATOのクモハ40

 今回もGWの入線車の話から。  何しろ「究極の鉄道模型展」を見に行った後ですからどこかしらにその影響を感じます(笑)  16番KATOのクモハ40。  かねてから、もし見つかれば手に入れたいと思っていた機種でした。   両運転台の旧国で運用がしやすいこと、車両自体が地味ながら魅力を感じていたからです。  とはいえ…

続きを読むread more

KATOのEF510の衝撃(笑)

 この間の平日休のこと。  行きつけの模型店で何の気なしに駄弁っていた時にご店主が「そう言えば」と出してきたのが  KATOの16番EF510の予告パンフレットでした。  予価が1万3千円台(正確には13440円)!  最初はミスプリか何かの間違いではないかと一瞬疑いました。  「ゼロがひとつ落ちているんじゃな…

続きを読むread more

HOのミニ機関車のはなし

 今回は先日ED70と一緒に名前だけ紹介したHOのミニ機関車のはなしから。  POWER MODELというブランドのミニ機関車です。  スイッチャーの方は見た目には玩具丸出しの雰囲気でデザインもかなり大雑把ですが、その単純さは却って惹かれるところです。  動力機構は単純ですがHOなだけあってNの同類機よりもスローが効く…

続きを読むread more

カツミのED70に思う「ムカシの16番」のこと

 今回は16番の入線車のはなしです。  カツミのED70とPOWER MODELブランドの入替用スイッチャーという何考えてるんだかわからない組み合わせです。  共通点を強いてあげれば「中古屋で安く買えたそこそこな小型機」といった程度でしょうか。  スイッチャーの方は後回しにすることとして今回はED70のはなしをば。 …

続きを読むread more

今月の16番・東急デハ60(と幽霊電車のはなし)

 今日は平日休を使って「東雲工房」第二回ロールアウト車両の工作です。  物はトラムウェイの東急デハ60のプラキット。16番、と言いますかいわゆる「たま電」のひとつですので(軌間1372ミリ)一種の「ファインスケール16番」と言えます。  この車両に興味を持ったのは昨年触れた「砧支線の幽霊電車」からです。  ここでおさら…

続きを読むread more

今月の16番・KATOのC56

 週刊SLのはなしはひと段落つけて秋葉ツアーの買い物話の続きになります。  今回一番お買い得感の高かった一品  KATOの16番C56でした。もちろん中古です。  このモデルは私の地元や故郷ではなかなか見かけない機種でかねて出物があれば欲しかった機関車でした。  今回も新車ショップなどを回ってみたのですが大体2万…

続きを読むread more

今月の入線車・HO中古&ジャンクのペア

 先日の続きです。今回の上京ではこれまでにないケチケチぶりでのアイテム入手となったのですがワタシ的には実りは多かったとおもいます。  人が聞いたら笑うであろう戦利品(笑)ばかりですが…  オーストリアのロコ製のCタイプ電気機関車。HOスケールですがジャンク扱いだったので2000円を切る値段で入手できました。  ただ、…

続きを読むread more

16番KATOのDD51のパーツを付ける

 前回のMODEMOのモハに続いてKATOの16番DD51のディテールパーツも装着しました。  こちらはすべて軟質プラパーツですが手すり類が多いのが特徴でしょうか。  これらはNだと殆どが車体のモールドで済まされる部分だけに後付けのメリットは大きそうです。  上の写真を見るとお分かりのように購入時のままのすっぴん状態だと取…

続きを読むread more

16番箱根登山鉄道モハ2のパーツ取付のはなし

 先日の平日休を使ってやった事その三(笑)です。  夏に入線させたMODEMOの16番箱根登山鉄道のモハ2ですが見ての通りのすっぴん状態でした。  購入当時はとにかく暑くて細かな工作の出来る気分と体調ではなく、これまでほっとかれておりました(汗)訳ですが、涼しくなってきた事でやっとパーツの取付をやってみようかと。  本製品…

続きを読むread more

この夏最大の大物(大汗)・16番のC58

 今日から9月。  そろそろ気候も涼しくなってきましたが、今回は先月の暑い時期の話です。  実は先月の帰省の折、帰宅直前に(私にとってですが)超大物を入線させてしまいました。  事もあろうに天賞堂のC58を衝動買い(超大汗)です。  と言ってもブラスの銀箱モデルではなくプラの青箱モデルなのですが、それでもこれまで入…

続きを読むread more

今月の16番・箱根登山鉄道モハ2

 16番小型電車の当鉄道第3弾はMODEMOの箱根登山鉄道モハ2です。  新品の値段はわかりませんがNの車両セットよりも安価に入線させることが出来ました。  こちらは緑色塗装のタイプですが個人的には個性が強すぎて登山鉄道以外では使いづらい小田急カラーよりは融通の利くカラーリングなので満足しています。  登山電車らしい無骨且…

続きを読むread more

今月の入線車・広電ハノーバー・HO版

 今回の帰省ではこれまで毎回立ち寄っていた経路沿いの中古ショップも覗いたのですが全般に品揃えが薄くなった印象でした。  この種のショップは出物を地元からの買い取りで調達しているケースも多いでしょうから間接的な震災の影響もあったのではないでしょうか。  それはさておき、  先月にKATOのセットを入手して以来、16番にも手が…

続きを読むread more

16番の琴電ディテールアップ

 先日入線の16番高松琴平電鉄300形ですが、先日の写真は完全に吊るしの状態で後付けパーツは何もつけていません。  ですが製品には実に細かなパーツが付属していましたので昨日はそれに時間をつぶしました。ついでに室内灯も組み込んでいます。  このモデルの後付けパーツというのは主に前面の足回り関連のものが殆どです。  エアーホース、…

続きを読むread more

縁側の16番・高松琴平電鉄3000形

 今日は最高気温が38度まで上がり文句なくこの夏一番の暑さでした。  何しろただ家の中に居て扇風機浴びてるだけで汗が止まらない。ですがどことなくさわやかさを感じる暑さでもあります。   そんな今日でしたが、先日のDD51に続いて16番車両の第二号を入線させました。私としてはむしろこちらが本命だったので嬉しさはひとしおで…

続きを読むread more

16番のコキとレール

 前回に引き続いてKATOの16番の話です。  すでにこのシリーズを使い慣れている方には当たり前すぎる話ばかりですが、そこはご容赦を。  DD51が牽引するのはコキ104。  1両だけというのはいささか寂しいですが迫力は感じます(笑)  30年ほど前の工作ガイドブックで昭和50年頃の16番の貨車の写真を見た事がありま…

続きを読むread more

あまりにも暑かったから、気が付くと16番DD51

 梅雨明け以来の猛暑でばてまくり、先日は寝込んでしまいました。  昨年ほどの蒸し暑さではないのでこれでもしのぎやすい気候のはずだったのですがやはり暑さは汗っかきの鬼門です。  だからという訳ではないのですが、今日は夏早々の衝動買いをやらかしてしまいました。  やっぱり暑さが頭にきているのかもしれません(恥)  5…

続きを読むread more