モジュール更新計画40・ビル街の弱点を…

 先日の平日休を使った集中工事のメインがこれでした。

 これまで制作してきたビル街と並木道のモジュールはすでに製作してきた二つのモジュールにまたがる形で配置されています。それゆえ各々のモジュールのシーナリィの半分づつがそのまま残る形となるわけです。
 左側のモジュールはそこそこ近代的な風景なので良いのですが、右側のモジュールは街コレやジオタウンの町屋を中心にまとめている上に川を挟んだ向こうが山になっているシーナリィでした。
 山の部分が今回改修したビル街に差し替えられるわけですが、このモジュールの最大の弱点と思えるのはこのスペースが限られているのとビルの一軒一軒が大きめに作られていたため「手前に町屋の街並みのある川の向こうビルの絶壁が出現する」構図になってしまうのです。

 すでに製作されたビル街を取り壊すのも忍びないので少しでも違和感を減らすように建物を追加しました(結局それもビルなのですが)
 まず、川に面したビルの背面にやや縮尺を小さめにした壁面を張り付けました。最近よくやる「ビルのリバーシブル化」です。
 更に川に接する部分にはロウレリーフ上の建物を何件か配置しました。こちらの素材はGM商業ビルの側壁パーツ、中型駅の一階部分、TOMIX詰所の上屋パーツをカットして使いました。

 折角のロウレリーフも真横から見る形になるので効果はありませんが斜め化らのアングルならどうにか見られるといった感じでしょうか。
 それでも「川の向こうは摩天楼」みたいになってしまっていますが。

 一枚目の写真(改修前)と同じアングルから捉えた現在の様子です。手前の風景は同じですがいきなり大都会風になりました(汗)
 こちらはこの後看板の追加とウェザリングに入る予定です。

"モジュール更新計画40・ビル街の弱点を…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント