レイアウトチェンジ2010・その15・橋の下をいじる・3・踏切周辺


 踏み切りの周囲の加工・検討です。

 手前側は踏切パーツをそのまま使っていますが、奥の方については路面の高さと踏切=線路の高さを揃える意味で5・5ミリ厚のグーパネを敷き詰めました。
 これは奥の方にある軌道線の高さを路面と揃える意味もあります。


 更に手前の軌道線部分には停留所を新設する事にしました。
 但しこの部分、軌道線の249Rカーブ外側に掛かっているので当然ホームもカーブした物になります。
 パーツ自体は同じグーパネを使い現物合わせでカーブにあわせました。
 ただし手持ちの色々な車両を試走させてみないと適切かどうかはまだ分かりません(路面電車・江ノ電から鉄コレまで走行する路線ですし)


 現在の状況です。
 実際に配置した線路の寸法の関係で踏み切り自体の幅を若干詰めざるを得ませんでした。
 又、警報機の位置が中途半端ですがこれらも路面に埋め込む形で高さを揃える事になりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。ご参考になったり、良かったと思われたならクリックをお願いします。

"レイアウトチェンジ2010・その15・橋の下をいじる・3・踏切周辺" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント