ローカルレイアウト製作・6・シーナリィ・左側


 ローカルレイアウトの製作の続きです。前回の反対側のシーナリィについて。
 エンドレスの左側は川を挟んで駅とその周辺の乗った台地となっています。

 考え様によっては「大断層をベースにした地形」とも言えますが川を挟んで左右の地面のレベルが違うケースは特に山岳地帯や川の上流部にたまに見られます。

 他の所はスタイロフォームの積み重ねだけで地形をごまかしている感があるのですが、この部分は線路が乗るトンネル部分でもあるのでいい加減なベースにできず、ここだけ5ミリ厚のベニヤ合板を使っています。
 ですが、それだけでは上と下との風景の分断効果が出しにくいとみて手前側のトンネルポータル付近を中心にここにも屏風状に山を配置しました。
 真上から見ると見るからに薄っぺらな山塊ですが視点を下げればそれなりにリアルに見えるかもしれません。

 こうして出来たベースにお化粧をします(汗)ベースはスタイロフォームを芯にプラスター(プラスタークロス)・塗装(リキテックスジェッソ)・パウダーの順に処理しています。
 成形して感じましたが、予想していた以上に傾斜が急でリアルさに欠ける事夥しい代物になりました。

 この点は後の植生処理の過程で多少はいじっています。
 地肌の傾斜の急さは後から植える樹木の広がりで視覚的に緩和できる様です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"ローカルレイアウト製作・6・シーナリィ・左側" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント