レイアウトの3D撮影に挑戦・3・運転会にて


 先日の運転会でも私の持ち込んだTM750は大活躍でした。
 動画の大半が3Dで撮影されましたが2Dよりも臨場感のある雰囲気の画を楽しめました。

 ですが、後になって再生してみたところ、メンバーの一人が私からTM750を借り受けて撮影したモジュールの画を再生してみてショックを受けました。
 私の撮影よりも3D効果がはっきりと感じられ、且つ画としても楽しめるものだったからです。

 その時の動画を見るとカメラ自体が移動しながら対象に接近したり奥の風景とうまく重なる形でパンしている事がわかります。
 以前の車窓風景の経験からモジュール撮影でもカメラを原則固定していた私の画よりも迫力満点だったのは言うまでもありません(汗)

 ここで感じたのですが3D撮影では対象となるメインの被写体を中心にして「手前」と「奥」にサブの被写体(背景)を加える様な構図が効果的と言う事でした。
 又、空撮風の画を取る時でもカメラをパンするよりも撮影しながらカメラ自体が前進する様な撮り方の方が3Dしやすいようです。
(いわゆる「タテの動きの構図」)

 これは明らかに2Dとは違うノウハウといえます。特にレイアウトやジオラマの撮影ではたとえ対象が動かなくても3D効果が楽しめる撮り方が求められると思いました。
 なお、アダプターレンズの説明書によると3D効果が最も出るのは1.2メートル~4メートルの範囲だそうです。
 前回報告したような遠景の多い風景画ではあまり3Dの効果は期待しにくいようです。

 テレビ番組の3D効果が私のそれと3D効果の点で大きな差があったのもショックでした。
 むしろ3Dと言う点では3DSの方が効果が大きいといえます。

 TM750の場合ひとつのレンズにアダプタを組み合わせる必要上左右のレンズの間隔が詰まり気味なのに対し3DSや業務用3Dカムでは二つのレンズがかなり離れたセッティングで撮っている為に3D効果が出やすいと思われます。
 次回以降はテレビの側の3D効果における拾い物の話をしたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"レイアウトの3D撮影に挑戦・3・運転会にて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント