モジュール改修2012・レイアウトの中にレイアウト・その2


 モジュール改修は遅々として進まないのですがその遅々たるところの中から。
 前回紹介した「レイアウトの中のレイアウト」ですが前作よりもましな物をとリテイクを行いました。

 実際に配置してみて気付いた点として「写真素材をそのまま使う」のでは如何にNスケールとはいえのっぺりした感じがぬぐえなかった事です。
 ホームひとつとってもモデルのそれは高さ6センチ内外、Nに縮小すれば0.4ミリ程度なはずですから写真をそのまま使ってもよさそうに思ったのですが意外に立体感が必要なようです。

 そこで折衷案として、写真素材を何枚も印刷した上で起伏に沿った部分のパートを切り抜き、等高線の要領で張り重ねると言うのを考えました。
 写真は最大で4枚重ね、又山などの部分は予めボンドを盛った上に貼る事で少しでも起伏感を出そうかと思います。
 もうひとつ、モジュールで欠かせないのが昨年から加わった「大鳴門橋」
 この部分は普通のモジュールと違い下の方に凹ませているのでそこだけテーブルの欠き取りを作る必要があります。

 少々面倒ですがこれがあるだけで少しはクラブのモジュールっぽくなった気はします。

 なにしろNスケールの中の更にNスケールと言うモデルなので換算では22500分の1と言う代物です。
 モジュールで最も大きい山塊ですら6㎜×2mmと言う極小サイズとなりますので切り出したパーツなどはゴミと間違えそうです(汗)

 本来ならば撮影した写真の歪みを取り除いて使いたかったのですがフォトショのフルバージョンでもないとそれは無理なのでそこは妥協せざるを得ませんでした。

 テーブルはプラダンベースにボール紙のクロスをかぶせその上に上記の貼り合わせを載せます。

 モジュール内部はPCやらパワーユニットやらモニタやらの巣窟となっているのですがここは流石に書割とはいきませんので適当に切りだしたボール紙でそれらしく作るつもりです。

 モジュールのプラダン部分に若干しなりが出ています(但しこれはまだベースに接着していないためです)し、クロスももっとそれらしい素材を付け直す予定ですがそれらについては次の機会に。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"モジュール改修2012・レイアウトの中にレイアウト・その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント