「しなのマイクロエース」サロ185その後


 前回モハ153の足周りとコンバートしたサロ185。

 あれからTOMIXのモハ185の出物を見つけて正調コンバートにまた一歩近づきました。
 とはいえサロにモハの足回りですから台車が一致しただけ。サロとはとても思えない賑やかな床下です。

 元のサロが「付随車なのにモータ付き」なのとは対極の姿(モハの足回りなのにモータなし)ではあります。
 今回のコンバートですが同じ185系をモデルにしているだけに153の時よりもフィット感は良かったです。

 ですが当時のTOMIXは台車固定のねじで車体の屋根まで固定している形式なのでそのままでは台車がねじごと落っこちます。
 ここは車体側にはみ出たねじをボンドで固定してしのいでいます。

 今回のコンバートで前回出来なかったインテリアも付きました。
 ところが更に間抜けな事にモハ185はトイレがない仕様なのでこれをそのままサロに移植した結果として「モケット地ふたり掛け」という当鉄道きっての「豪華なトイレ(おまけにプライバシーゼロ)」を装備したサロが誕生しました。
 
 後は実際に編成に組み込むだけです。
 見た目こそ185系200番台リレー号仕様なもののKATOの車両をメインにサロだけしなのマイクロエース、しかも動力はTOMIXというごった煮丸出しの編成です。
 いざ編成を組んでみると屋根の色がマイクロだけ違うという現実。車体のトーンも若干違うようです。

 とはいえ、走らせて見るとあまり気にならなくなるのも事実ですが。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"「しなのマイクロエース」サロ185その後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント