クレイドルレイアウトをやってみる・6・ふと思いついたこと

 クレイドルレイアウトの話・今回はふと思いついたことから。
 今回のレイアウトのコンセプトはモジュールの有効利用にあります。
 
 元々年に複数回行なう運転会で使う事を前提としているので可搬性と耐久性を最優先して作っているモジュールですが、自宅では単純に『大きな飾り台』としてしか機能しない事も多いのでこうした形で利用するのはひとつの方法と思います。

 又、モジュールを個人の運転にも利用する事で倉庫に置いておくよりもまめにメンテナンスが出来るのもメリットと言えます。

 ですがここまで考えた時もうひとつ面白いメリットも考え付きました。

 モジュールと言う性質上、他のメンバーのモジュールも同一の企画で作られておりベースの寸法もほぼ一緒です。
 つまりこのクレイドルにはめ込むレイアウトは私の物以外のモジュールも組み込み可能と言う事になります。

 各モジュールは統一した規格としてフィーダーが必ず組み込まれているので給電も問題ありません。

 クラブの倉庫には他のメンバーのモジュールがかなりの数あるのですがやろうと思えば(もちろんメンバーの了解が必要ですが)クレイドルにはめ込むモジュールを借りてきて変化をつける事も十分可能な訳です。
 もう一歩進めてこれと同じようなクレイドルユニットが各メンバーにあれば「モジュールのやり取り」も十分可能なわけです。

 「レンタルレイアウト」ならぬ「レイアウトのレンタル」あるいは「レイアウトの交歓」
 今思いついた事ですが案外こういうのも面白いかもしれません。実現の可能性は別にしてもそういう事を思いつかせるだけでも意味はあったような気がします。

 あるいはJANTRAK辺りのメンバーの方々なら既にそういうのもやっているかもしれませんが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"クレイドルレイアウトをやってみる・6・ふと思いついたこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント