クレイドルレイアウトをやってみる・8・ベースの加工と突堤


 クレイドルレイアウトの左側コーナー部分の加工ですが前回より少し大掛かりに手を加えました。
 と言っても工程自体はカッターナイフ一丁で出来るものです。

 今回のコーナー部は4センチ厚のスタイロフォームを使っているのは既述の通りですがこれによって線路の水平はある程度取れるのは良いとして周囲が全てまっ平らなのはどうにも頂けない気がしました。

 とは言っても手間のかかる勾配を追加する訳にはいきませんので線路の面はそのままに周囲を掘り下げる形で変化をつける事としました。
 こういう時スタイロフォームの加工のしやすさが光ります(笑)

 線路の周りのコーナー内側を写真の様にカットしましたが外側の複線カーブはカッターを斜めに掘り下げて法面をつけ突堤風にしました。内側の支線のカーブは垂直に掘り下げましたがこちらは一部をカットして高架橋を組み込む算段です。但しまだ高架橋が入手していないので暫定的にコンクリ高架風になっています。

 掘り下げた内側には建物を配置しますが、これまでのレイアウトやモジュールでは街並みと線路の平面が殆ど同一なのである意味リアリティに欠ける所があったのが幾分緩和されました。
 

 尤もそれはこのコーナー部だけなのですが(汗)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"クレイドルレイアウトをやってみる・8・ベースの加工と突堤" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント