偉大なる凡庸の系譜・14系客車

 「偉大なる凡庸」シリーズ、今回は客車の話です。

 題材は14系客車。

 ブルートレインの中では最も影の薄い存在だ何だといわれながら蓋を開けてみると最後まで生き延びていた存在。あらゆるジョイフルトレインの種車として欠かせない存在で目立たなかったのに意外としぶとかった座席車。
 それが14系のステイタスです。

 この14系、私のレイアウトでの客車の在籍数ではダントツを誇ります。
 座席車が4編成、寝台車も3編成。実際レイアウト上でも重宝する存在です。旧客にEF510というのは似合わなくても14系なら似合うし逆の場合も12系ほどではないにせよ融通が利きます。14系の座席車なら臨時の特急という設定も使えるしイベント列車にも好適。カートレインの様に貨車を併結させていた実例すらある客車なのです(似合うかどうかは別問題ですが)

 そのせいか、Zゲージでもリリース予定があるようです。

 もっとも、当鉄道の場合「サロンカーなにわ」なんかも含めた数ではあるのですが

 この点、夜行にしか使えない、あるいは一定以上の長編成でないと不自然な20系や24系(実例がないわけではありませんが))よりも融通が利くブルートレインといえます。
(まあ、座席車は12系のバージョンアップ版といえなくもないのですがそれでもカートレインなどの夜行に組み込まれるケースがあります)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"偉大なる凡庸の系譜・14系客車" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント