今月の書棚から・カラーブックスの鉄道もの


 サブブログでカラーブックスの「鉄道模型」について触れましたが、今回はその関連です。
 昭和50年代半ばくらいまではカラーブックスといえども鉄道関連の本はそれほど多くなく「日本の鉄道」「蒸気機関車」等3・4冊が出ていたにとどまりました。

 ですが久保田博著のものを中心に要領よくまとめられたものが多く、子供の頃の私にとってもかなり重宝したのも事実です。
 昭和50年代からは「日本の私鉄」シリーズとして各社ごとにまとめられたものも登場し、併せて「軽便鉄道」「電気機関車」「イベント列車」などの単独ジャンルの本も数多くリリースされるようになりました。
 鉄道ファンにカラーブックスが本格的に認知されたのも大体この辺りからと思います。
 それと前後して「鉄道模型」「鉄道写真入門」等の周辺趣味も徐々に網羅されて行きました。

 私の場合、私鉄シリーズは流石に揃えられなかったのですがそれ以外の本については「出たら買う」状態で随分買わせてもらいました。
 それらは殆ど今も私の書庫にありますし、今でも折に触れて読み返す事も多いです。

 「カラーの文庫」という触れ込みであらゆるジャンルの本を網羅していたカラーブックスですが本書の特徴にして個人的に長所と思うのは(当時の印刷コストとの兼ね合いと思いますが)「カラーページ見開き」と「モノクロページ見開き」が交互に来る構成だったと思います。
 カラーの見開きで車両のグラビアが載り、次のページでモノクロ写真を交えて解説を入れるという構成は車両図鑑などでは有効な構成で非常に読みやすかったと思います。

 個人的に好みなのは「新しい日本の鉄道」「懐かしの蒸気機関車」「路面電車」「軽便鉄道」などです。

 鉄道本の場合このメリットを最大限に享受していたと思う反面他のジャンルでは若干食い足りないものも多かったですね。
 カラーブックスは鉄道に限らずあらゆるジャンルの趣味について俯瞰的に捉えるにはとてもいいシリーズで私の書棚ではむしろ他ジャンルの方が多い位です。
 それらについてはサブブログで順次触れていますので興味のある向きはどうぞ。

 それにしても今本屋はもちろん古本屋でもカラーブックスは殆ど見掛けないのがさびしい気がします。
 かつては大きな本屋に行った時は真っ先に保育社のコーナーに行ったものですが…
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"今月の書棚から・カラーブックスの鉄道もの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント