「週刊SL」レイアウト・配列

 週刊Sl鉄道模型のレイアウト改造の続きです。

 一応専用のベースをでっち上げましたのでこれまでに集まったアイテムと改造用に新規に、あるいは前から持っていたものを配置して大体の雰囲気を確かめました。

 今回の改造は主にレイアウトの右半分のベースの延長と建物配置の見直し・差し替えが主となります。
 作例ではビルが三軒並んでいる部分ですが個人的には違和感を一番感じる所でしたのでジオコレのパン工場に差し替え、また奥に延長線を通す関係で宙に浮いてしまった消防小屋と火の見やぐらを手前側に移設する事にしました。

 延長部のシーナリィですが今のところジオコレの酒蔵を組み込む方向で考えています。
 蔵の白壁と古典形小型機は見た目の相性がよさそうだったのと昨年暮れに衝動で作ってしまって以来置き場に不自由していた酒蔵の居場所を作ると言う意味があります(汗)

 この時点でエンドレスは形だけ作ることができていますので早速手持ちの小型機を試走させて見ます。
 トリックスのT3、フライッシュマンの98タンクは余裕でクリア。バックマンのCテンダやポケットライン動力を組み込んだバッテリー機関車2両もOKです。

 ただ、計算外だったのはマイクロのC12が従輪か先輪が必ず脱線してしまったことです。
 このレイアウトの場合一部にS字カーブのある変則的なエンドレスですがクリアの上でのハードルは単純なエンドレスよりも高いです。
 これまで単純なエンドレスではどうにかなったKATOのC58、大半のマイクロテンダ機もこのレイアウトのクリアは無理そうです。
 カーブ半径に対し先輪の首振りが不足しているのが原因ですがここで障害になっていたのがサイドのステップです。

 さあ困った。

 ステップをカットすれば140Rはクリアできると思われますがその決断がつけかねます。


 尚、河合のB6とKATOのC11は普通の140Rでもクリアできません。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"「週刊SL」レイアウト・配列" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント