今月のNスケールカーから

 高圧鉄塔の購入時に半額でセールされていたアクセサリから。
 70年代の軽自動車二種類です。

 ものは津川洋行のホンダZとステップバン。
 Nスケールのミニカーは最近種類が充実してきていますが、70年代の車種はやや手薄な様子です。
 今回製作中のミニSLレイアウトは70年代位を想定しているので、時代的にはちょうどいいですね。


 ホンダZ。数年前まで売られていたミッドシップのSUVタイプのZは2代目で、こちらの方が初代となります。
 こちらの初代も軽自動車としてはなかなかとんがったクルマでした。
 フェアレディを寸詰まりにさせたようなルックスはこれはこれで愛嬌があって好きですがリアの「水中めがね」と呼ばれた独特な形のガラスハッチ、軽自動車でピラーレスハードトップを採用(後期型のみ)などフロンテクーペと並んで独自の地位を確立した軽スペシャリティカーでした。
 70年代の前半頃は街中から田舎までよくこいつを見かけた記憶がありますし、後にテレビの「ジャンボーグA」でロボットに変身するクルマとして特撮ファンの間でも知名度の高いクルマでした。


 モデルの色は白ですが個人的にはオレンジかグリーンのイメージが強いクルマでした。

 もう1台のステップバンも当時としてはなかなか斬新な感覚の軽バンでした。
 今でこそこういうタイプのボディはタントやパレット、ワゴンRなどでポピュラーになりましたが、元祖はこのステップバンといって良いと思います。
 昔故郷の菩提寺の住職がこれに乗っていたので中を覗かせて貰った事があるのですが、高い室内高、机を思わせるダッシュボード周りと20年近く経たその当時ですら斬新でした。
 ある意味早すぎた名車のひとつと言えます。



 74年頃のホンダの軽乗用車市場撤退のあおりで発売期間が実質3年弱くらいだったクルマなので非常に70年代臭さの強いクルマでした。
 これは同時期に生産を終えたZでも同じ事でこの2車をレイアウトに入れた事で風景も心なしか70年代風になった気もします。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"今月のNスケールカーから" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント