ミニSLレイアウトとダイヤ運転志向のはなし


 先日のはなしの続きです。とはいえ少し強引な展開ですが、「ゲーム的運転」についての具体的なアプローチについて触れたいと思います。

 前にも触れた事がありますが「週刊SL鉄道模型」のレイアウト製作の動機のひとつにトラックプランの巧みさがありました。

 ターンテーブルを上手く活用する事で機関車の付け替え、交換ができる事とふたつの駅を備える事で列車種別の切り替えができる事(このシリーズでは貨物列車主体ですが旅客ホームがあることから客車列車の想定も可能、無理すれば混合列車も可)はレイアウトのサイズを考えるとよく出来ていると思います。
 これに外部との連絡線を設定し、外からの列車のやり取りを想定した運行をすれば先日触れた「ゲーム的な要素を取り入れたダイヤ運転」が最小のサイズで可能ではないかと考えました。

 今回のレイアウトは週刊SLのそれをベースに外周線と外部との連絡線を設定する事にしています。
 元々のエンドレスの右半分(貨物駅に乗り入れる部分)は貨物専用線、旅客ホームのある側を含めた外側のエンドレスは客貨両用として列車種別による棲み分けを行なう。
 更に写真にはありませんがベースの右上に外部との連絡のためのポイントと乗り入れ線を設定します。

 こうする事で一日のタイムスケジュールに応じて「外部から来た列車がそれぞれの駅で停止し、貨物や旅客の積み下ろしをした後、ふたたび外部へと戻ってゆく」「その過程で機関車の付け替えや客車(この場合は単行のレールバスになると思いますが)の車庫入れ、交換のプロセスを行なう」と言う過程が再現できると思います。

 ・・・と、理想を語るだけなら簡単ですがハードルも多そうです。

 現在、ここまでのプロセスでは線路も建物も仮配置の状態です。
 というのも今回のレイアウトでは以下の点の見通しが付くまで(あるいは可否を見極めるまで)正式にレールを固定するのを待っているからです。

 1・ターンテーブルの遠隔操作の可否
   動作は手動でもかまわないのですが出来ればコントロールボードから遠隔操作できるようにしたい所です。
 2・アーノルド対応のアンカプラーの設置
   実はこちらもレイアウト製作上の肝です。こちらも手動操作で構わないのですが貨物主体のレイアウトで機関車の付け替え位は遠隔操作で行ないたい腹があります。
 3・一部のポイントの電動化
   本誌に付属のポイントはいずれも手動専用なので、手が届きにくいところを中心に遠隔操作を可能とします。(一方、コントロールボードに近いところでは手動のままにしてコストの削減を図りますw)

 いずれも現在資料や部品の検討を続けている段階ですが、どうなりますか。

 いずれにしろ、これまで以上に「鉄道らしい運転・運行」に重きを置いたレイアウトにしたい希望があります。
 考えてみればこれまで私の作ってきたレイアウトやモジュールが先日揶揄された「列車のファッションショー」的な用途に陥りがちだったのとは対照的です(尤も、そういう用途にもそれなりに魅力もあるのですが)
 そのうえでも上記の三点はできるだけ外したくない条件だったりします。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"ミニSLレイアウトとダイヤ運転志向のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント