「関水金属の20系」ブルトレを懐かしむ(笑)

DSCN9539.jpg
 ブログ移転最初の記事はトレーラのジャンクまとめ品から行きます。

 私がNゲージ趣味を始めた70年代後半頃にリリースされたものと思われるKATO(関水金属)の20系。
 
 昨年などはジャンク袋の中にかなりの確率でこのバージョンの20系が入っていた事が何度かあったので今では結構な長さの編成ができるほどになりました。
 中でもナハネフ23は中断前も購入していませんでしたから初期型としては今回の入線が初めてとなります。
 ただ、不思議な事にナロネだけが無いので「食堂車付きのモノクラス7連」という変な編成しかできませんが(汗)
DSCN9538.jpg
 何しろ、物によっては車軸や車輪のさびや劣化も半端ではなく、結局後からASSY交換で対処する羽目になった物もありますが車体自体はクリーンな事が多かったです。
 さびていた奴は恐らく湿気の多い物置かどこかで長く放置されたモデルではないでしょうか。

 とはいえ、しかるべきレストアをすれば十分に使える個体ではあります。
 Hゴムの色差しも無く、ヘッドマークはシール(但し一番初期のタイプはプラパーツ式で現行品の印象に近いです。このバージョンも昨年手に入りました)室内灯はおろかテールランプも点灯せずと今の目から見ると鉄コレ並みですがこれの出た当時は「Nゲージの特急型がこれしかなかった」ですから当時のNゲージャーの夢の象徴でもあったと思います。

 かくいう私もその一人で当時は一両一両買い足しつつ一年くらいかけてどうにか6連に仕上げた記憶があります。当時の編成は趣味の中断中に親類に譲渡してしまった事が未だに後悔の種で(前ブログから何回このフレーズを使ってきたことかw)
DSCN9545.jpg
 折角サルベージしたのですから、少しでもそれに報いてやりたい気持ちからいろいろなロコに牽かせてみました。
 ほぼ同年式の「アゴワレ」のKATOのEF65はもちろんですが、エーダイのEF65 1000やTOMIXのC57、DF50や学研のDD54など
 いつの間にか当時の製品に集中してきた気が(笑)

 それにしてもモデルチェンジを繰り返しているとはいえ、20系もかなり息の長いモデルになりました。
 しかも不思議とKATO以外からのリリースがありません。それだけ20系=KATOのイメージが強いのかもしれませんね。
DSCN9543.jpg

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"「関水金属の20系」ブルトレを懐かしむ(笑)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント