T3タンク蒸気機関車とNゲージの歴史におどろく

 先日ジャンク箱から入線を果たしたミニトリックスのT3蒸気の話から。
DSCN0294.jpg
 以前も触れた事がありますがこのT3蒸気は以前にも中古を買った事があります。
 今回のジャンク箱のT3が入り2両になった訳ですがこれまでこの2両をじっくり並べた事がありませんでした。

 先日このふたつを並べてみたのですが、
 「どうも何かがおかしい」
 外見上このふたつの蒸気はプロポーションは全く同じ、足回りも全く同じものです。
DSCN0298.jpgDSCN0299.jpg
 ところが車体のディテーリングがかなり異なる事を発見しました。
 以前入手した方はタンク部や車体の随所にリベットの表現がありますし、ボイラ下に担いばねの様なモールドがあります。
DSCN0296.jpgDSCN0297.jpg
 ですが今回のT3はそれらが無く妙につるりとした印象なのです。
 更に驚いた事にジャンク箱のT3の方は何とキャブの前方に窓がありません。
 つまり運転席から前が見えない(!)という驚くべき造形だったのです。

 前に入線した方にはきちんと窓が開けてあるので明らかに金型を改修している様です。

 ここから興味を持って再調査して見たところミニトリックスのT3の驚くべき履歴がわかりました。
 何とこのT3、50年前の初登場時は動力を持たない「手押し玩具」としてデビューしたものだそうです。
 後にNゲージに本格参入する際にモータを搭載させて自走できるようにしたとの事。

 前面に窓のないT3はその当時の名残だったようです。
 当然それ以降も金型の改修は続けられその過程でディテーリングも追加されたのでしょう。
DSCN0300.jpgDSCN0302.jpg 
 T3自体はアーノルドラピードからもモデル化されているのですがミニトリックスのそれと並べると同じプロトタイプとは思えないほど形態が違います。
 これほどに外見が違う事が謎だったのですが、モデル化の出発点が違っていたのだという事なら納得できます。
DSCN0321.jpg
 ミニトリックスのT3はその後何度も金型を改修して最近まで続いたモデルだそうでその過程でディテーリングの追加や窓の追加等が成されたようです。
 ですから当然ジャンク箱の方がモデルとしては古い事になります。

 いずれにしても面白い事実でしたし結構勉強にもなりました。
 ジャンク箱のT3ですが走りっぷりは前述の後期形とほぼ同じでしたのでこれも拾いものです。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"T3タンク蒸気機関車とNゲージの歴史におどろく" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント