オリジナルペイントのKATOのDD13

 この間、ユーザーの手が加えられたC11改造のCタンクの話をしましたが、あれから似たようなものを同じショップで見つけました。
DSCN0498.jpg
 今回はKATOのDD13。
 最初はオリジナルのリペイントを施した物かと思いましたがそれにしてはカラーリングがかっちりしすぎている気もします。
 調べてみたら鹿島鉄道の仕様のカラーリングですが、足回りの色が製品版と異なる所からやはりそれらしくリペイントされたものの様です。
 先日紹介のCタンクに比べるときれいな塗りになっており十分許容範囲でしょう。
DSCN0406.jpg
 実際、このタイプのふたつ目のDD13はあちこちの貨物専用鉄道や鉱山などの専用線に払い下げられたり、あるいはわざわざ新車を発注した物が多いのが特徴です。
 発注品の場合は微妙に国鉄仕様とは細部が異なるケースも結構あるのですが、それでもぱっと見には普通のDD13とあまり見分けが付きません。

 それだけにリニューアルの初期型が出ている今でもこのタイプのDD13はレイアウト派や運転派には重宝する存在と言えます。
 動力もタフでかなりの急カーブにも対応しますし、貨車ばかりか客車を牽かせても様になります。
 何よりどこにでもありそうな(旧国鉄色みたいな感じもします)カラーリングは大概の風景にも溶け込みそうですし。
DSCN0495.jpg
 という訳で飛びついてしまいました。
 棚幡線の最新機関車としてそれらしく使える一機と思います。
 ですが出来ればどこかで手を加えたい所ですね。
DSCN0405.jpg
 などと思っていたのですがこのDD13、もっと数奇な運命をたどる事になりそうです。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"オリジナルペイントのKATOのDD13" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント