カラーブックスの「蒸気機関車」から

今回はカラーブックスの鉄道ネタから

DSCN5005.jpg
 SLブームの最中にリリースされた「蒸気機関車」を。
 前に触れた「懐かしい蒸気機関車」が文庫サイズとしては資料的にかなり充実した内容でしたが、先に出ていた本書の場合は写真メインのやや情緒的な方向で構成されています。
 最初の蒸気機関車の本としてはこれは正しい方向性で、マニアと言うほどではないにしても「最近流行っている蒸気機関車の魅力は何だろう」と思っている一般のユーザーに対する訴求力はこちらの方が強いと思います。
DSCN5007.jpg

 実際文庫版のサイズの小ささと言うハンデをはねのけるかのように見開きをフルに使い動輪のアップとか、街並みを背景にした列車の俯瞰をパノラミックに見せるなどの工夫が豊富で今読んでも本のサイズを忘れるほどです。
 SLブームの折にはこの種の読む側の情緒に訴えかけるような構成の写真集がいくつも出ましたが、その中で最もコンパクト且つ手軽に楽しめる一冊だったと思います。

 ですがこれ以後のカラーブックスの鉄道物は写真も多いのですが資料的な部分の比重が多くなり、内容的にも一見さんを受け付けないマニアックな雰囲気を纏いはじめてしまいます。

DSCN5006.jpg
 ですから、こうしたビジュアルとしての車両の魅力を前面に押し出したカラーブックスの鉄道本は意外に少なく本書の他には軽便鉄道か鉄道写真入門位ではないでしょうか。
 そうした意味でも貴重な一冊です。

 という訳で、本書の場合は「読む」というよりも「眺める」と言う使い方の方が似合っている気がしますし、寝る前のひと時を安らかに過ごす上では中々楽しめる本といえます。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"カラーブックスの「蒸気機関車」から" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント