「偉大なる凡庸」の系譜・オハ47のはなし

 当鉄道における「偉大なる凡庸」ネタ。とはいえ今回の題材は少なからず個人的な好みと思い出が入っていますのでその辺りはご勘弁を。
 今回はオハ47のはなしです。
1314815005.jpg
 私の学生時代まで故郷を通る東北本線の「普通列車」はそのほとんど全てがED75の牽引する旧客列車でした。
 確か高校辺りから順次50系に置き換えられていったのですが、それでも盛岡以北ではかなり後まで旧客が主体だったと記憶しています。
1314815000.jpg
 その編成ですが何両科のオハ47と1,2両のオハ35、これの両端にオハフ61が付くと言う組み合わせでした。
 私が子供の頃は一部で10系もあったのですが意外に早く姿を見なくなり上記の編成で昭和の終わり近くまで持たせていた記憶があります。

 当然車内は木の背もたれに木のサッシ。座席は昔の路線バス並みのクッションでいざとなれば取り外せる(昔の写真ですが空襲警報が出た時はシートを外した空間に伏せる様にしていたようです)構造でした。
1314814992.jpg
 普段はそれなりに閑散としていた車内ですが盆の帰省シーズンは無闇に乗車率が高くデッキのドアを開け放して自然通風なんてのは当たり前でした。どうかするとステップに乗っかって風に当たる豪の者もかなり見かけた記憶があります。
 トイレは上から覗き込むと真下の枕木が丸見えの物でなかなか使う気になれませんでした(笑)

 そういう意味で思いで深い車両でしたのでレイアウト上でもオハ47は旧客の中では結構な両数となっています。
 何しろ中古ショップで出物を見つけては片端から押さえていましたので(笑)

 オハ47はスハ43の台車を簡略化した構造なので台車以外は見た目にスハ43との区別はあまり付きません。
 時期的に青色が多かったですがぶどう色もちらほら残っていました。
2011-0924-017.jpg
 当鉄道でのオハ47は殆どがKATOですが、八甲田セットに付属したマイクロの47も1両在籍しています。

光山鉄道管理局
 HPです。昨日「思い出の書籍」更新しました


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"「偉大なる凡庸」の系譜・オハ47のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント