日本型Nゲージの50年と思い出から・キハ35―900編

 模型と工作・鉄道模型ガイドブックから

 今回はキハ35の900番台ステンレス車です。
DSCN7418.jpg 
 16番の作例ですがこの当時はコルゲートを纏ったボディの車両は最新鋭のイメージが強かった半面、コルゲートの表現に試行錯誤の跡を感じます。
 同じコルゲート車でも近日紹介予定のEF30は「薄手の紙に鉄筆(これが何か分からない若者は多いでしょう。ガリ版刷りの印刷では必需品のアイテムで当時はどこの学校の先生の机の中にもこれがありました。もちろん普通に文房具屋で買えました)で筋を入れて切り離す」という物でした。
 それに対して今回のキハ35では「アルミホイルに鉄筆で筋を入れて切り離す」と言う一見簡略なやり方で表現しています。
 一見簡単そうですが、アルミホイルと言う奴は普通に引っ張りだしても結構しわが付きやすい事「ホイルを切ったり鉄筆で筋を入れる際のノイズが結構痛々しい」という問題があって私個人は余り好みません。
DSCN7419.jpg
 ですがコルゲートと言う大きな特徴のあるほかは単純な切妻のボディでドア回りも板を車体の上から張り付けるだけで済むので車両工作の中では簡単な割には効果の大きい車種ではあります。ディテーリングにそれほどこだわる必要も感じませんし。

 それにしても今ではNの工作ですら「コルゲート板の別売りパーツ」と言う物が商品化されているのですから随分と便利にはなったものです。
DSCN6443.jpg
 さて、このキハ35-900ですがNゲージで出たのは意外と早く通常車体の物と併せて昭和55年頃にはエンドウでモデル化されています。上述の様に車両自体が単純な切妻の割には個性的なので製品化はNでもやりやすかったでしょう。
 エンドウ版は車体全体がメッキ仕上げでまるで宇宙刑事ギャバンを思わせます(笑)実車のキハ35でもここまでピカピカな奴はなかった気もしますがこれはこれで好ましいです。
 こちらは故郷の中古ショップで出物を見つけたものですが動力台車の固定用ポッチが欠損し「車体を持ち上げると動力台車がポロポロ落ちる」と言う驚愕の代物でしたが、そんなコンディションでも線路に載せたら何事もなく走ってしまうという驚くべきタフさを見せてくれています(笑)
DSCN6451.jpg
 そのキハ35ですがエンドウ版が生産を追えて大分経った平成10年近くなって何とTOMIXから再リリースされました。
 しかも「TOMIXブラスシリーズ」と言う空前絶後のネーミングまで引っ提げてです(笑)

 このネーミングからもわかる様に基本的にはエンドウ版そのまんま(実際には窓周りの処理に相違点がありますが言われなければわからないレベルです)な上にTOMIXのモデルなのに動力には「GMの刻印」までされているという何から何まで異色な存在でした。
 さすがにこちらの900番台はステンレスらしい艶に変更されていて落ち着いた雰囲気ですが。

 この後21世紀に入りMODEMOやKATOからもキハ35系はリリースされエンドウ版は急速に影を薄くして行きますがTOMIX版はまさにそのタイミングで安価な出物が出たのを秋葉のショップで見つけたものです。
 まあ、上述の特徴からフルディテールでなくとも十分以上の雰囲気の出せる機種なので結構な拾い物でした。
光山鉄道管理局
 HPです。「車両紹介」電車の項一部追加しました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"日本型Nゲージの50年と思い出から・キハ35―900編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント