悪魔と猩々(笑)

DSC_1235.jpg
 ホビセンのワゴンセールから。

 恐らくHOスケールとは思いますがあまりサイズの違いを気にしないで使えそうなフィギュアがあったのでこれも購入したものです。
DSCN9390.jpg
 プライザーの「Teufel」
 この品名の意味がわからなかったのですが、後で調べて見ると悪魔のドイツ語読みなんだそうです。
 見ての通り「タイタンの戦い」辺りにでも出て来そうな感じの造形ですが、かの地ではこうしたクリーチャーもきちんと製品化している所が凄い。
 調べていませんがきっと天使とか勇者とか魔法使いとかも出ているのではないでしょうか。
DSCN9391.jpg
 うちのレイアウトだったらジオンの兵士か科学特捜隊隊員とかと対峙させて使えそうです。
 サイズがNでは微妙に大きくても何と言っても悪魔ですから気にならないでしょう。
DSCN9394.jpg
 もうひとつが如何にもユーモラスなポージングとプロポーションの「オランウータン」
 昔風に言うと「大猩々」とでも言う所ですか。
 実物の縮小と言うよりもコミカルなミニシーンに使う用途を想定していそうです。
DSCN9392.jpg
 これを欧州のアパートモデル等と組み合わせるとまんま「モルグ街の殺人事件」の1シーンになりそうな気も(爆)
 
 ・・・これを買ってから気が付きましたが「来年は猿年」でした。

 それにしてもプライザーと言うと世界に名だたる情景模型用人形メーカーの雄ですがこういう物まで製品化している所に懐の深さを感じさせられます。
光山鉄道管理局
 HPです。本日「ふと思うこと」一部追加しました

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"悪魔と猩々(笑)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント