鉄道ミステリとNゲージを語る5「飛行する死人」とキ620

先日からスタートさせました鉄道ミステリとそれに絡んだNゲージモデルのはなしから。


今回は「下りはつかり」所収の青池研吉作「飛行する死人」を取り上げます。
ある意味私にとってもタイムリーなネタですし(笑)

ある雪の朝、三方を建物に囲まれた三角地帯の空き地に「二本の足を逆さまに突っ立たせた女の死体」が発見されると言うのが発端となります。
その捜査の過程で被害者と容疑者たちのどろどろした人間関係があぶり出され更に終戦直後のデカダンな世相を感じさせる描写と相俟って生臭さ全開の展開となります。
その過程で特異なトリックが暴きだされるという構成で短編の割に密度が非常に濃く読み応えがあります。
実は鉄道絡みでない殺人トリックがその後にもうひとつあったりしますが、作者が新潟の方という事もあってか豪雪地帯の風景や生活の描写が非常に優れています。

私個人としては大雪の夜、雪の帳の中を歩く刑事たちの描写や翌日の積もった雪の上に夕陽のさしかかる庭の描写などに思い入れを感じます。
まあ、この辺りは私の方も自分の故郷の冬景色と重ね合わせてしまうからでしょうか。

ここまで書いてしまうとこのブログの読者の方ならトリックなんか丸わかりと思います(笑)
なのでここからはその前提で話を進めます。
未読の方はネタバレになるので是非文庫版をお読み下さったうえで以下を読んで頂けると有難いです。

ここでの主役は除雪車。
この間動力・駆動系に手を加えてどうにかトレーラーが牽けるようになったMOREのキ620。
本作の終戦直後の時代設定ですとこれの前の型のキ600が該当するのですがこちらはマイクロのキマロキセットにあったと思います。
ただし素人目には外見の大きな違いはないので便宜上キ620ではなしを進めます。
DSCN7319.jpgDSCN7324.jpg
この形式自体、鉄道模型としては相当にマニアックなのですがNゲージ蒸気機関車様のサイトを見たところこの種のロータリー車だけで少なくとも3社4タイプが競作されていたと言うから驚きました。
しかもどれもが揃って「ブレードが回転する」機構付き。
全く凄い時代になったものです。

ですがこのトリック(?)でふと疑問に思ったのはいくら大雪でもラッセル車もマックレーもなしに蒸機駆動式ロータリーが単体でいきなり除雪に出動するだろうかという事です。
後のDD14やDD53なら本体にマックレーに近いかき寄せパネルがありますからあり得ない事でもないのですが。
少なくとも踏切近くで殺人と死体遺棄が同時にできる位の積雪量でロータリー車の出番があるとは少し考えにくい所があります。

尤も、以上の様な穴は最近読んで気付いた事ですし、それが事実としても本作の特異な読後感が損なわれる事は全くないのですが。

DSCN9226.jpgDSCN9224.jpg
こちらは一昨年の大豪雪の折にマイクロのキ600を「実際の雪を背景に撮影」したものです。
が真っ白の雪に真っ黒の車体というのはコントラストが強すぎて背景が完全に白飛びを起こしているのですが(汗)
光山鉄道管理局
HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"鉄道ミステリとNゲージを語る5「飛行する死人」とキ620" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント