今月の「架空機関車」マイクロのEF61・特急色

 先日紹介のEF67と一緒に入線したマイクロの電機から。
DSCN6186.jpg
 以前紹介した「趣味のカラー」に近いノリのロコです。
 EF61形電気機関車「ブルトレ塗装」
 何でも何かのイベント限定品としてリリースされた物だそうです。パッケージにもそう書いてありますし(笑)
DSCN6187.jpg
 EF61は元々旅客用にEF60をベースにSGを装備した仕様で一般客車の牽引を想定していたものです。
 ですの自前の電源車を装備しているブルートレインの牽引はある意味過剰性能だったのかもしれず、実機にブルトレ塗装は存在していないらしいです。

 それをあえて製品化するマイクロエースはやはり「趣味のカラー」以来の伝統を誇るメーカーだなあと妙なところで感心させられます(笑)

 そういえば確か「C55のスケルトンボディ」なんてのもありましたが。
DSCN6188.jpg
 とはいえ「趣味のカラー」に比べれば「如何にもありそうな感」はたっぷり感じられますしEF65よりも優雅な感じすらします。おそらく65よりものびやかなプロポーションも関係している気がします。

 先に「実機にブルトレ塗装が存在しない」と書きましたが実際にはEF61によるブルトレ牽引自体は実現しているので「できれば一度くらいブルトレ塗装のEF61が見たかった」という潜在的なニーズはあったかもしれません。
 実機の晩年がSG装備を荷物列車にしか生かせなかったという少し寂しい物だった事を思うと、こういう仕様のモデルも悪くはない気がします。

 ですからこれを入線させる以上はその意をくみ取り「20系を牽引させる」のが最もふさわしい使い方ではないかと思います。
 少なくともコレクションの珍品として死蔵させるよりは模型らしい使い方にはなるのではないかと。
DSCN6210.jpg
 という訳で早速やって見ました。
 物は昨年マニやらナハネフやらをでっちあげたばかりの「改造車が混ざったKATOの旧製品」の20系。
DSCN8139.jpgDSCN8120.jpg
 昨年の運転会では学研のEF60が牽引しておりました。
DSCN6213.jpgDSCN6208.jpg
 編成といい車両といい実在しない編成であり牽引機なのですが「それがどうした」とでも言っているかのように誇らしげにこのEF61は力走してくれました。

 こういう編成が楽しめる所が模型ならではの楽しみなのは間違いありません。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"今月の「架空機関車」マイクロのEF61・特急色" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント