iPHONEの「スロー撮影」を試す

DSCN6937.jpg
 先日の運転会で撮影された動画のほぼすべて、写真の半分くらいはiPHONEで撮影されたものです。
 こう書くとカッコいいですが何の事はない、メインのカメラを忘れてきたからなのですが。
DSCN6936.jpg
 とはいえそのおかげで副産物にも当たりましたからわからないものです。
 iPHONEの内蔵カメラはかなり画素数も多く、ズームさえ多用しなければ画質的には結構使えます。
 ビデオカメラ部などは下手なデジカメの動画より綺麗だったりしますし。
 そんな事を考えながら撮影してふと操作ボタンの中に「スロー」と言うのがあるのに気付きました。 最初はてっきり「スロー再生」の事かと思っていたのですが、実はこれは「スロー撮影」だったのです。

 撮る時は通常速度で画面が流れますが、撮影した動画を再生すると「ある瞬間からスローに切り替わる」のです。しかもiPHONEの画面で観る限りはかなり滑らか且つ高画質に見えます。
 これは拾い物と思い、早速以後の列車の走行風景は意識してスロー動画で撮影しました。

 以下はその時の成果のいくつかです。


 殊に蒸気機関車のロッドのアクションはスローではかなり滑らかに見えますし、Nゲージのサイズながらなんとなく重量感すら感じさせる描写には感心しました。
 ただ、惜しい事にこれで録画されたスロー再生のファイルはWindowsのPCで読み込ませると通常の再生速度になってしまい使えません。不思議な事にYouTubeのアップロードではスローでの保存も効く様なので早速上げてみた次第です。

 因みにZゲージでもその効果は実感されました。
 なんだか一種の特撮映画でも撮っている気分ですがやっているうちに病み付きになります。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"iPHONEの「スロー撮影」を試す" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント