偉大なる凡庸の系譜・キハ02編

 このところストラクチャー関連ばかりで久しぶりに書く「偉大なる凡庸の系譜・車両編」となりますか。

 今回取り上げるのはTOMIXのキハ02系。
 実車がそうと言うのではなく「気がついたら増えていた」と言う不思議な経緯を持つ車両です。
DSCN8377.jpg
 600×900のローカル線レイアウトや400×900のミニSLレイアウトを作って見るとサイズの小ささゆえに使える車両が限定されがちなイメージがあります。
 (実際には鉄コレやMODEMOのおかげで案外そうでもない事が分って来たのですが)

 そんな事もあって一時期2軸のレールバスを主力に使おうと思っていた事があります。
 そこで白羽の矢が立ったのがTOMIXのキハ02系列。
 レイアウトの製作をやっていた頃のカタログ上ではキハ01・02・03それにキユニまだラインナップされていました。
 ところがこれが当時は新車はもとより中古すらどこの店にも無く、たまたま再生産された南部縦貫鉄道のレールバスを充当した事があります。
 これがまた小さいなりによく纏まったデザインとウェイトさえ追加すればそこそこの走りをしてくれるのでかなり重宝しています。
DSCN6784.jpgDSCN6782.jpg
 ところが縁と言うのは不思議なもので、これが入った直後からキハ02を始めとした国鉄型レールバスの出物が出るわ出るわ。
 新品ではなかなか見ないキユニまで中古で入手できたのだから不思議です。

 さて、ここで取り上げたのは2000年代頃?にリニューアルされたTOMIXの仕様ですが、実際にはこれの前に(1977年頃?)ナインスケールの血をひく香港製のキハ02が初期のTOMIXでラインナップされていた事があります。
 これを中心にした基本セットまででていた事はこのブログでもたびたび取り上げていますが、20世紀末に当時の仕様に近い記念モデルも出ていたほどファンにはポピュラーな機種でした。
DSCN6082.jpg
 こちらの仕様のモデルも何故か出物があって4両も在籍しています。
 当時の仕様と言いますか、駆動輪は1軸だけ、トレーラーにはインテリアどころか「金属の塊のウェイトがドンと載っている」と言う中々に豪快さんなモデルですが不思議と憎めない味を出しています。

 今では鉄コレも含めて結構な種類のレールバスがモデル化(但し今でも入手できる機種は少ない)されていますが個人的にはキハ02の朴訥さに勝てる機種は少ない気がします。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"偉大なる凡庸の系譜・キハ02編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント