トレインフェスタ2017から・その5「会場だからできること」のはなし


 今回のトレインフェスタでは普段ブログのコメントなどで交流を持っている方々や、このイベントで初めてお会いした方などとの模型談義を中心とした交流が出来た事も得難い楽しみであり収穫だったと思います。
 昨年は初めてだった事もあって出ているだけで精いっぱいなところもあったのですがその意味では今回の方が落ち着いた対応(とか言いながらレイアウトの対応やなんかで中座する事も結構あったりしてご迷惑を掛けたりもしたのですが)が出来たかなと思っています。

 中でもレサレサさんとは主にアクセサリ関連や車両加工などで有益なお話が出来ましたし、Kata改さんとは「鉄道模型3割S660で7割」とこれまたこういう場でないとできない様な濃いお話が出来ました。
 その中でご教示頂いたものをいくつか紹介したいと思います。
DSCN8375.jpg
 100円ショップで売られていたというヤシの木。こういうアクセサリが突発的に並ぶところが100円ショップの怖い所ですが、見るからに使い出のありそうなところがそそられます。
 最初は街並木のどこかに使おうかと思っていたのですがうちのモジュールで「ビルの屋上に緑がない」事に気づき、そこのアクセサリにどうかと思い立ちました。
DSCN8377.jpg
 これに限らず駅前の植え込みとか温室前の彩りなど案外使い道は広いのではないかと思います。
 (寒冷地でも「農業センターのサンプル」という形で温室の中に配置する手がありそうですし)
 あと「屋上ビアホールの彩り」にも似合いそうなのですが、テーブルは画鋲でどうにかなるとしても一番適当なファーラーの椅子のキットがなかなか入手困難なのが悩みですね。

 この他、サーカスの象さんなんかも使えそうと思いました(オーバースケールの物も結構あるそうですが、これもリペイントして銅像や公園の遊具として転用する手もありそうな気がします)
DSCN8374.jpg
 鉄コレのカプラーを短縮して連結間隔を積めるアイデアは目から鱗でした。これなら手持ちのパーツでも対応できそうですし何より手軽です。
DSCN8369.jpg
 「イオントミカのS660」
 S660つながりでKata改さんが開店直後に抑えてくださったものです。
 この手の限定トミカは最近では「開店即瞬殺」状態になるのが(何しろうちの所の様な田舎のアピタやイオンですらそうです)普通なので私など最初から入手をあきらめていた位ですのでまさに望外の贈り物となりました。
DSCN8372.jpg
 Moduloのロゴがあちこちにありますがフロントバンパーの形状がModuloと異なっているのを塗り分けでそれらしく見せようとしている所に涙ぐましさを感じました。でもスポイラー下部を黒く塗り分けて影に見せるのはなかなかのアイデアです。
 それと当日の話題に出ていた無限のクイックシフター、一度体感してみたいですね。この辺はなんだか私信みたいになりました。
DSCN9658.jpg
 かねての懸案である関水金属の初代EF70の走行系のレストアについて誰かからヒントが頂けるかと懇親会の二次会に持ち込んだのですが、その場で分解できなかったのでご教示頂けなかったのは痛かった。
 これなどは私のミスですので次は工具込みで持っていきます(汗)

 このほか、懇親会や他のブースでお話ができた多くの皆様のおかげもあってかつてないほどの充実感とモチベーションをお土産にする事ができたと思います。

 こういう交流の機会が得られたというだけでもここに出た甲斐があります。
 静岡へ二往復した疲れも軽く吹っ飛びました(主に気分的に。身体は流石にそうはいきませんでしたが)

 返す返すもありがとうございました。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



"トレインフェスタ2017から・その5「会場だからできること」のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント