怪談と鉄道のはなし

DSCN6508.jpg
 今回はサブブログの再録ネタですが、最近はめっきり涼しくなりましたし、この機を逃すと季節外れになりそうなのでこちらでも上げようかと(笑)
 鉄道の怪談に思うことです。

 とはいっても鉄道ネタだけの怪奇本を持っていないので手持ちの書籍から鉄道ネタの怪奇をピックアップしながら考えて見たいと思います。
DSCN7529b.jpg
鉄道の場合、自動車などと異なり実録系の怪奇ネタはそのほとんどが心霊関係と言っていいと思います。
「走行中のブルトレが突然蒸気を吹き出してそのまま消滅した」とか「突如重力の逆転現象が起こって列車が宙に浮かんだ」なんて話はほとんど聞いた事がありません。
(但し事故に巻き込まれた機関車が丸ごと行方不明になったというケースは存在します)
自動車と異なり、線路という固定された軌道を走る鉄道の場合異次元ネタが使いにくいですし、UMAネタにしても鉄道の沿線にそう毎度怪獣が出現していたら警察と科学者とテレビ局が黙っていませんから怪談になる前に正体が解明されていることは必定と思います(笑)


事故が多発し死者を多く出す「呪われた車両、または列車」というのは題材として有り得ますが、客商売の鉄道ではあまり表立って出にくいかもしれません(ただし、その意味での「呪われた鉄道連絡船」というのは存在します)

 その心霊系のネタは前にも書きましたが大別すると「車内に幽霊が出る」「乗客が消える(バリエーションとして逆に「突然乗客が増える」というミステリーもあります)」「列車そのものの幽霊が出る」の三つに分けられると思います。
 私の手持ちの怪奇本で鉄道絡みのものはほぼ全てがこれに当てはまります。
 これ以外では「幻の駅」ネタが近年話題になっていることくらいでしょうか。
2011-1109-013b.jpg
 バリエーションに乏しい印象であるのは致し方ありませんが、線路をはじめとした様々な施設や高度な管理システムに支えられた鉄道ではそれ以外の怪奇ネタが発掘しにくいかもしれません。(管理システムの高さの点では航空機もそうなのですが「誰の目にも触れなくなる」空白時間が存在することで消失ミステリが作りやすく、かつ時空変動系のミステリすら作りやすくなっています)

 ただし、これは「実際にあった事件」という縛りがある場合の話で、完全に架空であることを明示した小説の世界では様々な怪異談のバリエーションがあります。線路が3次元的に入り組んだ地下鉄路線内で列車が丸ごと消滅する話とか、たまたま乗り込んだ列車が運転手も含めて自分以外全くの無人のまま疾走してしまう話などがあり、それはそれで面白かったりします。
DSCN6647.jpg
 これ以外の怪奇譚のバリエーションをご存知の方がいましたらご教示頂けると有難いです。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"怪談と鉄道のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント