「オトナになりたかった鉄道模型の趣味」に思うこと

 今回の話は少し私見が多い内容になりそうなので面倒くさい話が嫌いな向きは読み流して頂けると良いかもしれません。
DSCN9965-1.jpg
 以前に「玩具と鉄道模型」という題材で思いついたままを書きなぐった事があるのですが(汗)
 「鉄道模型は玩具ではない」という言葉には同時に「鉄道模型こそが大人の趣味である」という主張の裏返しでもあります。

 時には細密性とリアリティ、時には欧米での普及度(とはいえ、かの国でも子供の鉄道模型ユーザーも結構多かったりするのですが)を例に持ち出し、時には有名人の誰誰が鉄道模型をやっていると豪語する。
DSCN9955.jpg
 こうした傾向は今に始まった事ではなく実は16番趣味の黎明期であった昭和20年代からずっと繰り返されている事だった事が当時の専門誌や入門書などで書かれていたりします。
 50年以上経過した現在ですらこういう論調を時たまネットなんかで目にしますから「鉄道模型は大人のホビー」という言葉自体が何やら一種の伝統芸能と化しているような錯覚すら覚えます(笑)

 これは鉄道模型に限らずミニカーとか漫画とかアニメ・特撮なんかでも共通の傾向ですが、ホビーとしての勃興期というのはおしなべて「大人として認めてもらうがゆえの権威づけのプロセス」という時期を経てゆくものの様です。
 その過程で様々な理論武装とかアピールとかが活発になされ、様々な成果を積み重ねてゆく事で成長しいつしか大人の仲間入りをするわけです。

 そういえば、40年ほど前に当時としては珍しかったとあるラジオアニメ番組のDJが「アニメ主題歌にもせめて映画音楽並みの地位を」なんてのもあったのを思い出しましたし、ミニカー趣味の入門書で「チャーチル元英国首相がミニカーのコレクターだった」なんてのを読んだ記憶もあります。
DSCN8911.jpg
 面白い事に私が興味を持つこれらの趣味は大概そうした勃興期や成長期に当たっていることが多く、その過程を目の当たりにするという幸運にも恵まれてきたと思います。

 ただ、そういうジャンルの場合実際にそれが認知されてしまうと一転して「それ自体が新しい権威になってしまう事が多い」そしてそうなった時というのは「絶頂期を過ぎて衰退の相に入ってしまう」事も多い物です。
 現にかつては若者文化のメインストリームだった筈のスポーツカーとかバイク、オーディオなんかがそうやって衰退してしまいました(この辺、異論はあると思いますが)
 
DSCN7718.jpg
 まあ、それはさておき

 ここ数十年の鉄道模型の歴史とは、一面で鉄道模型の趣味自体が「大人になりたかった過程」の歴史でもあるともいえます。
 それは裏を返せば「鉄道模型なんて幼稚」という思考への嫌悪や反発でもある訳です。

 まあ趣味の本質というのは「世間の憂さを一時忘れて童心に還る」事にもある訳ですから、ある程度子供じみるのは本来当たり前なことなわけで、これは鉄道模型でなくとも言える事です。
 それを言い出せば例えば野球やサッカーだって元々は玉ころがしの一種ですし、ガーデニングやアウトドアだって砂場の泥んこ遊びの進化形に過ぎません。
 そうだからと言ってサッカーやアウトドアに魅力がないのかというとまずそんな事はない。いや、むしろそれだからこそ魅力的とも言えるのです。

 ですが鉄道模型とかミニカーとかはどういう訳か「幼稚」と呼ばれる事に必要以上に過敏になる傾向があるのはどういう事なのでしょうか。
この辺り、一回で書ききれない様な気がしたので続きは次の機会に。

(写真は本題とは関係ありません)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



"「オトナになりたかった鉄道模型の趣味」に思うこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント