ハイスペックミニ・セスナ172

DSCN9278.jpg

 10月20日の当ブログで航空祭の話を取り上げた折「Nスケールの軽飛行機か練習機が欲しい」と言う意味の事を書いたのですが、先日、九度有さんから8月頃にNスケールのセスナが出ているという情報を頂きました。

 あのブログを書いていた当時はそんなアイテムが出ているなんて全く考えていなかったので偶然に驚くとともに思わず狂喜したものです。
 で、情報を見ると同時に通販サイトにアクセスする馬鹿な私がそこにいたりすると(大汗)

 九度有さん、改めてお礼申し上げます。

 さて当該のモデルと言うのはエフトイズから出ている「ハイスペックミニ」のシリーズのセスナ172.
 シークレットも入れて7タイプ出ているのだそうです。

 さすがに箱買いという訳にはいかず一機だけサンプルのつもりで購入したのですが。
DSCN9280.jpg

 箱から出してみると実に小さい。
 感覚的には機体は「大きめのメダカ一匹分」主翼は「うまい棒のスティックの3分の1くらい?」と言うボリュームでパーツもかなり細かそうです。
DSCN9281.jpg
 組み立て自体は簡単ですが主翼の下の支柱や上のアンテナなんかがかなり細かく折ったり飛ばしたりするリスクはかなり高いと言えます。その意味ではヘリボーンよりも難物と言えます。
DSCN9283.jpg
 それだけに完成した時の達成感はなかなかです。
 このキットには無塗装ながら整備士か何かのフィギュアも2体付属しており、芝生シートの上にこれらを配置するだけで田舎の飛行場気分は十分味わえそうです(但しフィギュアの造形はややラフですが)
DSCN9282.jpg
 なお、このモデル、重心がかなり後ろに寄っているのでそのままでは地面に置いた時に機首が上を向いてしまう欠点があり、それを補正するためのクリアパーツの馬が付属しています。
 レイアウトでは車輪を接着すれば済みますが、上から見るなら馬でも十分。むしろどこにでも置けるメリットの方が高い気がします。

 鉄道模型を意識していないモデルではあろうとは思いますが、利用価値はかなり高いと思います。
 下からピアノ線で支える形でレイアウト上空に配置しても楽しそうですし、そこいらの空き地にポンとおいても(滑走路の端っこぽい演出は必要ですが)様になりそうです。
 もちろん凝り性ならば飛行場の一部を作り込んでもいいでしょう。

 今年出たアイテムの中では文句なしのサプライズNo1ですね(わたし的に)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。






"ハイスペックミニ・セスナ172" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント