ジオコレの病院を弄るその3・冷却ユニットとエアコン室外機

P1191270.jpg
 前回の記事からかなり間が空きましたがモジュール改修に絡む建物弄りの続きについて。
 最近、と言いますか80年代以降のビルには必ずと言っていいほどにエアコンの室外機、ユニットが付いているか、屋上に鎮座しているものです。

 特に今回改造中の病院について言っても、冷暖房完備が当たり前ですから大型のユニットがいくつも屋上を占領しているものです。
 ところがこの種のパーツは数が必要な割には安価に手軽に手に入る市販パーツがありません。流石に一個が百円とか二百円を超える様だと何十軒もあるビル街の再現はかなり難しくなります。
P2111387.jpg
 幸いここ10年くらいのこの種の設備は外見上の差異がごく少なくメーカーも限られているため1種類か2種類作れればある程度どうにかなりそうです。形状も「頭にファンの載っかった四角い箱」ですから

 製作法・・・というほどの事もないのですが、まずビルの屋上に上がってそこにある室外機や放熱塔を写真に収めます。この時注意するのは出来る限り正面からカメラが傾かない様に撮影する事です(あと色調を考えると出来るだけ晴れた日を狙ったほうがよさそうです)
P2111386.jpg
 帰宅後ラベル製作ソフトで撮影した機械の外見を150分の1に縮小して切り抜き、箱状に組み立てるだけ。実に安直です。
 また、上部についている冷却ファンの部分は革細工用の穴あけポンチでボール紙5ミリ径に抜いて貼り合わせたもの。本格的に作るとかなりの手間が掛かりそうなのでこれまた妥協です。同じ事は大真面目に作り出したらきりがない屋上の配管についても言えますが

 ですが数が必要なことを考えるとこれくらいで妥協するしかありません(汗)こんなのでもそれなりに試行錯誤と言う奴はあっていくつか作っては崩し配置を検討したりを繰り返しています。
P1191268.jpg

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"ジオコレの病院を弄るその3・冷却ユニットとエアコン室外機" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント