つぼみ堂の16番Bテンダー蒸気機関車

P6020947.jpg
 最近16番の中古モデルの出物によく当たります。
 それも小型蒸機ばかりというのが凄い。

 確かにこの2、3年の間に私の16番モデルの嗜好が以前とは変わってきてはいるのですが、その嗜好に合致したモデルによく当たるのです。

 中には以前から欲しかったものもあれば、店頭で偶然見つけたものまで色々ありましたが、小型機の中古だけに他の細密モデルよりも遥かに安価。Nの新製品電機とほぼ同額のものばかりです。
P6020937.jpgP6020941.jpg

 今回紹介するのはつぼみ堂の自由形Bテンダー蒸機。
 今では「つぼみ堂」と聞いてもNゲージャーにはピンと来ないと思いますが、昭和40年代頃までカツミ、天賞堂に次いでそれなりに知名度の高いブランドでした。
 そのつぼみ堂のモデルの中でも特に普及していたのは自由形のBタンク、そしてこのBテンダー蒸機でした。
P6020943.jpgP6020939.jpg

 当時は16番でもスケール機が走れない小半径カーブをクリアできる小レイアウトが普及しかけていた時期でもあり、そこで運用される小型蒸気としてBタンクと共にかなり普及したモデルでもありました。もちろん狭い家で安価に鉄道模型の運転を楽しみたいお座敷運転ユーザーのニーズも多かったはずです。

 (あの頃は純然たるスケール機をレイアウトの運転に供することは少なく入門用や運転用として自由形やディテールを簡略化したモデルとが厳然と区別されている事が多かった。Nゲージは早くから入門セットでもスケール車両の編成が主流でしたが、実はこの辺りが16番がNゲージに取って代わられた遠因の一つだったと指摘する向きもあります)

 「テンダー蒸機」といってもエンジン部はすでに出ていたBタンクとほぼ同じ(キャブだけは新製)先輪も従輪もないのは足廻りがBタンクの流用だからです。
 (なのでテンダーを集電に使っておらずエンジンだけで自走可能ですw)
P6020945.jpg
 ご覧の通り、今の目から一見するとおもちゃにしか見えないプロポーションとディテーリング。
 ですが、この独特の味のあるデザインは非常に好ましく感じます。

 車体のサイズが小さい上に当時でもかなり大きい標準型のモーターを組み込んでいながら、デザインに破綻を感じさせないのがこのモデルの人徳と言うか身上。走行系も単純な構造だけに極めて安定したもので、年代物の中古モデルとしては実にスムーズな走りを見せます。

 モデルとしても好感のもてる可愛らしい機関車ですが、こうした昔のフリー16番モデルを手に取っていて16番そのもののコンセプトについて少々考えさせられる事もありました。それについてはいずれ考えが纏ったら書きたいと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"つぼみ堂の16番Bテンダー蒸気機関車" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント