真夏の運転会2019で「Tゲージ」に驚く

P8141311.jpg
先日設営の話をしたショッピングセンターでの夏の運転会から

勤務の都合上私が参加できたのは最終日の午後だけだったのですが、いつものクラブの運転会とは異なるノリだったので時間こそ短かったものの随分堪能させて頂きました。
今回の運転会は設営も含めると足かけ4日にもわたる長期のものでしたが、グランシップでさえ3日かけた事を考えると結構な長期戦です。
また、前述したようにクラブとしてではなくメンバー個人がイベント用に所有しているレイアウトでの運転というのもかなり新鮮でした。
P8141317.jpg
IMG_5145~photo.jpg
P8141324.jpg
レイアウト上を疾走するのは会場の地元で活躍するものが主ですが、レイアウトのシーナリィ自体は伊豆周辺の風景をモチーフにした物に統一されており、レイアウト全体が一種の遊園地的な楽しさを持っているのが特徴です。
製作年次が古いので今の目で見ればラフな所もあるかもしれないですが、ほぼすべてのモジュールが室内灯標準装備で夜景が楽しめる点や本線に立体交差を設けた8折式のトラックプランのおかげで列車の走りに単調な所がありません。
IMG_5120~photo.jpg
ところで前回の設営の折に最も私の目を惹いたのがこのサブエンドレスの線路です。
Zゲージにしてはまだ小さい。まさかこれの上を列車が走るなんて事はないだろうと思っていたのですが
IMG_5141~photo.jpg
これが何と軌間3ミリのTゲージの模型をベースに作ったロムニー鉄道のミニチュアでした。
Tゲージなど話には聞いていても現物を目にする機会がなかったのですが驚くほど小さい!
Zゲージですらこれと比べたらバケモノに見えますし、感覚的には「Nゲージスケールのレイアウトで150分の1のライブスチームの模型列車が再現できそうなサイズ」かもしれません。
これのフルスケールだったら、B4判サイズで結構な大レイアウトが実現可能と思います。
P8141308.jpg
P8141310.jpg
ベースが栄進堂の103系らしいですから車体の方は当然フルスクラッチ。客車の方をユーレイ化させて運行しています。
ロコも103系ベースでラフな造形に見えるかもしれませんが、鉛筆よりもずっと細いサイズである事を考えるとこれ以上の細密化は難しいでしょう。何より、この大レイアウト上ではなまじな細密感などどうでもよくなると思いますし。
P8141333.jpg
上の写真、まん中の独立したエンドレスがTゲージのそれです。列車はエンドレスの右奥にありますが、Nゲージと比較してもその小ささが実感できるかと。
しかも走りは意外に活発で巡航速度での走行ではサイズのハンデを感じない点、これまた意外でした。
P8141315.jpg
P8141330.jpg
ここではNゲージメインの運転なのはもちろんですが、大レイアウト内でこのTゲージのロムニー鉄道の走行は好いアクセントとして機能していたと思います(8折のエンドレスなのでNでは1列車辺りの走行時間が長く、本線の同じ所に列車が来るのにクラブのモジュールの倍の時間がかかるため、場つなぎとしてのサブエンドレスの存在価値が高い)
それにしても、いいものを見させてもらいました。
光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。






"真夏の運転会2019で「Tゲージ」に驚く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント