帰省の夜にペーパーストラクチャーを弄る

P8251506.jpg
P8231386.jpg
 帰省の二晩目以降はそろそろ涼しくなって「秋の夜長」と言う言葉を思い出させる実家の隅っこで建物系の加工と製作をしました。
 これ自体がいつもの帰省と大分様相が違うのですが、自分なりの目論みもありまして(笑)
P8231390.jpg
まずは甲府モデルの頭端駅の看板類の追加。
こちらはプロトタイプの仕様に合わせる為に当時の甲府駅の看板をイメージした物を取り付けました。屋上ネオンサインは本来なら文字を一字一字切り抜かなければならないのですが、妥協してロゴごとひとまとめに切り出したものを使っています。
P8241448.jpg
今回これを持ち込んだのは実家でのお座敷運転のアクセントに使う為でしたが、この程度の加工でもお座敷運転のエンドレスに配置するとそれなりに見栄えがします。

もうひとつ製作したのは、以前静岡の中古ショップで入手していたさんけいの消防詰所のペーパーキット。

 実はある目論見がありまして実家へ持ち込みました。
 未組立状態ですが、工具も一式持ち込んでいるので自宅とほぼ同じ要領で工作できます。
 お盆過ぎの帰省とあってそろそろ夜が長くなっていますが夕食・入浴後のひと時を使って少しづつ工作(素組みですが)
 二晩くらい掛けてどうにかかたちにしました。
P8251468.jpg
 以前当ブログで紹介しましたが、ペーパーとはいえ非常に各パーツの抜けがいいので割合かっちりとしたつくりの建物になります。火の見櫓の細密感もなかなかのものですが、それだけに各パーツが華奢でやや神経を使います。
P8251508.jpgP8251504.jpg
 さて出来上がった消防詰所と前回紹介した頭端駅一式ですが実はこれは自宅に持ち帰らず実家に置いて置く事にしました。
 というのも、帰省のたび行うお座敷運転や年越し運転が線路だけの殺風景なものだったので、少しアクセントをつけようと考えていたのです。

 とりあえず今回の帰省の一人運転会には間に合いました(笑)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"帰省の夜にペーパーストラクチャーを弄る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント